一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
食生活の調査・統計

食生活に影響を与えている情報源はテレビ 52.3%、次いで家族。ウェブサイト・SNSは24.3% 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より

カテゴリー: 国民健康・栄養調査(厚生労働省) 食生活

厚生労働省の令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」の食習慣の改善に関わる調査結果は以下となっています。

  • 食生活に影響を与えている情報源は、「テレビ」と回答した人の割合が 52.3%と最も高く、男性では 50歳以上、女性では 30歳以上でその割合が最も高い。次いで、「家族」と回答した人の割合が36.6%と高く、男性では 20〜50 歳代、女性では20歳代でその割合が最も高い。
  • 食習慣改善の意思別にみると、男性は「改善することに関心がない」人では「特にな い」と回答する人の割合が最も高く、「関心はあるが改善するつもりはない」人、「改善するつもりである(概ね6ヶ月以内)」人及び「既に改善に取り組んでいる(6ヶ月以上)」人では「テレビ」の割合が最も高く、「近いうちに(概ね1ヶ月以内)改善するつもりである」人、「既に改善に取り 組んでいる(6ヶ月未満)」人及び「食生活に問題はないため改善する必要はない」人では「家族」の割合が最も高い。女性は食習慣改善の意思の状況にかかわらず「テレビ」の割合が最も高い。
  • C_003.2020.12rrr.png

●情報ソース:令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」の結果

関連する調査・統計

情報源で見る ▶ 国民健康・栄養調査(厚生労働省)

2023年06月01日
健康日本21で日本人はどのくらい健康になった?
~第二次最終報告書と年次推移を図解~
Part 2 喫煙、食生活、飲酒、運動、睡眠、心の健康など「一無、二少、三多」関連項目の目標達成率
2023年06月01日
健康日本21で日本人はどのくらい健康になった?
~第二次最終報告書と年次推移を図解~
Part 1 メタボリックシンドローム、糖尿病、脳・心血管疾患の目標達成率
2020年12月14日
肥満、やせ、食塩摂取量の高い人でも食習慣を「改善するつもりはない」という人が4人に1人 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より
2020年12月14日
習慣的に喫煙している人は、16.7%(男性 27.1%、女性 7.6%) 厚生労働省「最新たばこ情報」より
2020年12月14日
生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人は、男性14.9%、女性9.1% 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より

生活習慣で見る ▶ 食生活

2023年06月01日
健康日本21で日本人はどのくらい健康になった?
~第二次最終報告書と年次推移を図解~
Part 2 喫煙、食生活、飲酒、運動、睡眠、心の健康など「一無、二少、三多」関連項目の目標達成率
2020年12月14日
肥満、やせ、食塩摂取量の高い人でも食習慣を「改善するつもりはない」という人が4人に1人 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より
2020年12月14日
野菜摂取量の平均値は280.5、男性288.3g、女性273.6g 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より
2020年12月14日
食塩摂取量の平均値は10.1g、男性10.9g、女性9.3g 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より
2020年12月14日
総コレステロール値が240mg/dL以上の人は男性12.9%、女性22.4%。non-HDLコレステロール値の平均値は男性141.9mg/dL、女性145.9mg/dL 令和1年(2019)「国民健康・栄養調査」より
市民公開講演会参加者募集中!
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート