一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病の調査・統計
肺がんの調査・統計

喫煙者率、男性は年々減少。女性は増加が続く 厚生労働省「平成16年 国民健康・栄養調査の概要」より

カテゴリー: 肺がん

 厚生労働省の「平成16年 国民健康・栄養調査の概要」によると、現在、習慣的に喫煙している人の割合は、男性43.3パーセント、女性12.0パーセントでした。男性の喫煙者率は、年々わずかずつ減少していますが、女性では反対に年々わずかずつ上昇してきています。

 性別・年齢層別にみると、男性で喫煙者率が最も高いのは30歳代の57.3パーセントで、続いて20代と40代がほぼ5割、女性は20代と30代がともに18.0パーセントでトップで、40代と50代がともに13.7パーセントとなっています。

 また、男性については、喫煙と歯の状態の関係も調査されおり、それにより、たばこを吸ったことがない人、以前吸っていた人、現在も吸っている人の順に、残っている歯の本数が少なく、かつ、「なんでも噛んで食べる」と答えた人も、同じ順に少ないという関係がみられます。なお、女性については喫煙者数自体が少ないため、このデータはありません。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ→トップページ記事掲載ページ

関連する調査・統計

疾患で見る ▶ 肺がん

2023年07月12日
日本人の自覚症状のトップは男女とも腰痛。高血圧、糖尿病、脂質異常症での通院が上昇! ~国民の健康、介護、貯蓄に関する「令和4年国民生活基礎調査」(厚労省)~
2023年01月05日
最新の患者調査(厚生労働省)より、国民の健康状態について分析
2020年12月10日
通院者数の上位は、男性は高血圧症、糖尿病、歯の病気。女性は高血圧症、脂質異常症、目の病気 令和1年(2019)「国民生活基礎調査」より
2019年11月27日
気管、気管支及び肺の悪性新生物の年間医療費は
5,249億円 平成29年度(2017) 「国民医療費の概況」より
2019年10月31日
気管、気管支及び肺の悪性新生物の年間医療費は
5,161億円 平成28年度(2016) 「国民医療費の概況」より
市民公開講演会参加者募集中!
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート