一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

8020達成者が2人に1人、その一方で歯周病の人も2人に1人 ~厚労省「歯科疾患実態調査」~

キーワード: 生活習慣 一無・二少・三多 歯周病 協会・賛助会員関連ニュース 厚生労働省の調査 抗加齢(アンチエイジング)

 厚生労働省は6月29日、「令和4年 歯科疾患実態調査」の結果(概要)を公表しました。80歳以上で自分の歯が20本以上残っている人(8020達成者)が2人に1人以上に上る一方、全年齢層のほぼ2人に1人に4mm以上の歯周ポケットのある歯(歯周病)がみられ、高齢になるほどその割合が高くなることなどが明らかになりました。

昭和32年(1957年)から続く歯科疾患実態調査

 「歯科疾患実態調査」は、わが国の歯科保健の状況を把握し、今後の歯科保健医療対策を推進するための基礎資料を得ることを目的に、昭和32年(1957年)にスタートし、現在では5年ごとに実施されています。ただし令和3年(2021年)に予定されていた調査は新型コロナウイルス感染症の影響のため、1年延期され令和4年(2022年)に実施されました。

 調査期間は2022 年11~12月、全国から無作為に抽出された300カ所から満1歳以上の世帯員2,709人を被調査者として、歯科医師が口腔診査などを行い結果がまとめられています。結果のポイントを抜粋して紹介します。

小児や若年者は虫歯(う蝕)のない人が増えている

 口の中の病気と言えば、虫歯(う蝕)と歯周病の二つが主要な疾患ですが、そのうちまずは、う蝕に関するデータをみてみましょう(図1)。

 う蝕のある人を年齢層別、調査年別にみると、全体的に9歳以下の子どもはう蝕のある割合が低く、とくに最新の2022年調査では2.5%とごく少数にとどまり、経時的に改善してきていることがわかります。24歳以下の層でも、う蝕の有病率自体は9歳以下の層より高いものの、経時的に有病率が低下していることが示されています。 

 一方、25~64歳では調査年にかかわらず、ほぼ100%に近い有病率が続いています。

fig01.png

 65歳以上の高齢者で、う蝕の有病率が経時的に上昇していますが、これは高齢になっても、歯が残っている人が増えたことを表しているとも言えます。実際に、失われた歯の本数(喪失歯数)を年齢層別にみると、2022年調査では、40~75歳未満では減少傾向、75~84歳で11.2本、85歳以上で14.1本です。85歳以上でも平均して14~18本ほど、自分の歯が残っていることになります(図2)。

fig02.PNG
8020達成率が51.6%

 平成元年(1989年)に厚生省(当時)と日本歯科医師会の提唱により、「8020(はちまるにいまる)運動」がスタートしました。「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という趣旨です。当時は、これを達成している高齢者は10人に1人程度でした。しかしその後、経時的に8020該当者の割合が高くなり、2022年調査では80歳の人の51.6%と、2人に1人以上がこれを達成していることが示されました(図3)。

fig03.PNG
歯周病のある人の割合は減少傾向がみられない

 歯を失う原因の多くは歯周病であり、歯周病は歯の生活習慣病と位置づけられています。

 歯周ポケットの深さが4mm以上という、やや進行した歯周病の歯がある人の割合は、全体では47.9%でした。

 年齢層別にみると高齢になるほどその割合が高くなる傾向がみてとれます。なお、75歳以上では、最近行われた調査ほど該当者が多いという結果ですが、これも、高齢になっても歯が残っている人が増えたことを表していると考えられます(図4)。

fig04.PNG
歯を大切にしている人が増えている

 う蝕や歯周病の予防の基本は、毎日の歯みがきですが、その歯みがきの習慣も、過去半世紀の間に大きく変わってきているようです。具体的には、1日1回みがくという人が減り、2回または3回以上みがくという人が増えていることがわかります。8020達成者が増加した背景には、国民の間に歯を大切にする習慣が根付いてきたことがあると言えそうです(図5)。

fig05.PNG

 歯周病の予防には、歯みがきとともに、デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使った「歯と歯の間みがき」も重要です。デンタルフロスや歯間ブラシの利用者の割合を年齢層別、性別にみると、全体的に男性よりも女性でその割合が高い傾向があり、とくに50代後半から60代前半の世代で、性別による差が比較的大きいことが示されています(図6)。

20~50代、とくに男性の歯科検診が低い

 う蝕や歯周病から歯を守るポイントは、歯をきちんとみがくこと、そして定期的な歯科受診を欠かさないことです。とくに、う蝕と違って歯周病はかなり進行するまで痛みなどが現れないため、歯科検診を受けなければ早期発見が困難です。

 歯科検診を受けている人の割合を年齢層別、性別にみると、20~50代のとくに男性が、ほかの世代や女性に比べてやや低いようです(図7)。忙しさのため歯科受診の優先順位が下がってしまっているのでしょうか。

fig07.PNG

命を守るため、そして健康長寿のために歯を磨く

 歯周病は、歯垢中の細菌による炎症(出血やはれ)によって、歯を支える骨や歯肉が破壊されて、歯を失っていく病気です。しかし、最近では、炎症によって出てくる毒性物質が歯肉の血管から全身に入り、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病を引き起こしたり、悪化させることが分かってきています。とくに、最近のトピックスは、アルツハイマー型認知症との関連が指摘されていることです。

 今回の調査でも歯周病を持つ人(歯周ポケットの深さが4mm以上のやや進行した人)は2人に1人という結果でした。歯磨き習慣は増えているとはいえ、1日3回以上となると28.4%しかいませんでした。

 そして、男性の歯科検診率は低く、とくにメタボなどの生活習慣病リスクの高い30~50歳代の男性では、50%に満たないという実態が今回の調査でも明らかになっています。

 自分の歯でいつまでもしっかり噛めることは、健康のバロメータでもあります。歯の本当の大切さを、失ってからしみじみ実感するようなことにならないよう、かかりつけの歯科医を持つようにしましょう。今は「歯のために歯磨きをする」のではありません。「命を守るため、そして健康長寿のために歯を磨く」必要があるのです。

小林隆太郎(日本歯科大学口腔外科 教授、日本生活習慣病予防協会 理事)

出 典

厚生労働省「令和4年 歯科疾患実態調査結果の概要」

参考情報

全国生活習慣病予防月間2023市民公開講演会「たばこと歯周病」
歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020(日本歯科医師会)
8020推進財団
[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 歯周病

2024年05月28日
5月31日は「世界禁煙デー」 ~今年のテーマは「タバコ産業の干渉から若者を守ること」~
2023年07月21日
8020達成者が2人に1人、その一方で歯周病の人も2人に1人 ~厚労省「歯科疾患実態調査」~
2023年07月12日
日本人の自覚症状のトップは男女とも腰痛。高血圧、糖尿病、脂質異常症での通院が上昇!
~国民の健康、介護、貯蓄に関する「令和4年国民生活基礎調査」(厚労省)~
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2014年10月02日
糖尿病を動画で学べる「糖尿病3分間ラーニング」DVDを発売

テーマ ▶ 厚生労働省の調査

2023年12月11日
一無、二少、三多の健康習慣の実践が17年後の健康状態(主観的健康感)につながる
~中高年者縦断調査の概況(厚生労働省)~
2023年07月21日
8020達成者が2人に1人、その一方で歯周病の人も2人に1人 ~厚労省「歯科疾患実態調査」~
2023年07月12日
日本人の自覚症状のトップは男女とも腰痛。高血圧、糖尿病、脂質異常症での通院が上昇!
~国民の健康、介護、貯蓄に関する「令和4年国民生活基礎調査」(厚労省)~
2023年07月04日
次世代の健康のための先制医療~いま私たちがすべきこと~ ILSI Japan公開セミナーレポート~
2023年05月30日
健康日本21で日本人はどのくらい健康になった?
~第二次最終報告書と年次推移を図解~
Part 2 喫煙、食生活、飲酒、運動、睡眠、心の健康など「一無、二少、三多」関連項目の目標達成率

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2023年11月02日
子どもたちの食事の課題を嚥下・歯科、給食・食育の視点で考える
~ ILSI Japan公開セミナー第2回 レポート~
2023年09月22日
魚食で認知症のリスク低下も ~重要な中年期の食生活~
2023年07月21日
8020達成者が2人に1人、その一方で歯周病の人も2人に1人 ~厚労省「歯科疾患実態調査」~

 ▶ 一無・二少・三多

2024年07月02日
7月28日は「世界肝炎デー」~『一無、二少、三多』で"生活習慣病肝炎"を予防しよう!~
2024年05月28日
5月31日は「世界禁煙デー」 ~今年のテーマは「タバコ産業の干渉から若者を守ること」~
2024年01月31日
毎年2月は「全国生活習慣病予防月間」。2024年のテーマは「少食で腸活」です。
~「一無、二少、三多」の生活習慣を腸内細菌の働きから検証するWeb講演会を公開中! ~
2024年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多』の日!~『一無、二少、三多』が、今まさに求められている~
2024年01月23日
自分で自分の健康を守る~『一無、二少、三多』が、今まさに求められている~
池田 義雄 名誉会長インタビュー

 ▶ 生活習慣

2024年07月02日
7月28日は「世界肝炎デー」~『一無、二少、三多』で"生活習慣病肝炎"を予防しよう!~
2024年05月28日
5月31日は「世界禁煙デー」 ~今年のテーマは「タバコ産業の干渉から若者を守ること」~
2024年03月11日
中高年期の生活習慣病の予防をもう一段階推進するための新たな視点~ ILSI Japan公開セミナー第3回 レポート~
2024年01月31日
毎年2月は「全国生活習慣病予防月間」。2024年のテーマは「少食で腸活」です。
~「一無、二少、三多」の生活習慣を腸内細菌の働きから検証するWeb講演会を公開中! ~
2024年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多』の日!~『一無、二少、三多』が、今まさに求められている~

 ▶ 協会・賛助会員関連ニュース

2024年07月02日
7月28日は「世界肝炎デー」~『一無、二少、三多』で"生活習慣病肝炎"を予防しよう!~
2024年06月28日
日本生活習慣病予防協会の運営体制変更のご案内
2024年05月28日
5月31日は「世界禁煙デー」 ~今年のテーマは「タバコ産業の干渉から若者を守ること」~
2024年04月11日
肥満の解消や適正体重の維持にかかわる研究・活動を支援 「公益信託タニタ健康体重基金」2024年度の応募受け付けを開始
2024年03月11日
中高年期の生活習慣病の予防をもう一段階推進するための新たな視点~ ILSI Japan公開セミナー第3回 レポート~
市民公開講演会参加者募集中!
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート