一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」

キーワード: ストレス関連疾患/適応障害 「多接」多様なつながり

 東京都教育委員会はこのほど、子どもたちの悩みにこたえる3つのアプリとWEBサイトを作った。スマートフォンの普及率が高まっていることに伴い、児童・生徒が困った時の新しいチャネルとして、3つのアプリを開発したという。

 スマートフォンアプリは、

・簡単な質問に答えて心の状態をチェックでき、いじめ相談ホットラインに電話相談ができる「こころ空模様チェック」

・児童・生徒に、いじめについて相談することや、SNSを適切に利用することをテーマに各4つずつストーリーを掲載している「こころストーリー」

・家庭や学校で決めたルールを登録でき、お知らせで内容を確認できる「SNSルールリマインダー」

 の3種類。

 このうち「こころストーリー」は、SNS上で仲間外れにされそうになっている女子生徒の話や、いじめられている友人を助けたい男子生徒の話、ゲームや動画に夢中になって課金してしまった姉妹の話など、現代の小中高生を取り巻くリアルな内容になっている。

 児童・生徒が「なぜ」や「どうしたらいいか」を考えるきっかけを持てるような構成になっている。ウェブサイトでも同じ内容を掲載しており、自らを見つめなおすきっかけとして、学校の授業でも活用されることを期待しているという。

「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」(東京都教育委員会)

[yoshioka]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年05月11日
孤独・孤立と生活習慣病―健康には社会的接点が不可欠!
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
母乳育児は母親の「産後うつ」を抑制 授乳時の赤ちゃんに対する働きかけにも効果 目を見て話しかけることが大切

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年04月13日
【新型コロナ】感染拡大はメンタルヘルスにも影響 心の健康が「悪化した」人は22.3% 厚労省調査
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【1】 「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」 ー講演会は継続公開中!
2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート