一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!

キーワード: 生活習慣 一無・二少・三多 認知症 全国生活習慣病予防月間 協会・賛助会員関連ニュース

jpald_M_logo150.png  全国生活習慣病予防月間2022では、期間中延べ約13,500名の方に公式サイトをご訪問頂きました。生活習慣病予防の啓発ポスター・リーフレットのダウンロードも約1,400回に及びました。ご訪問頂きました多くの皆様に御礼申し上げます。
 市民公開講演会第1部より「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」とトークショーの講演レポートをお届けいたします。本講演会動画は全国生活習慣病予防月間2022公式サイトで引き続き継続公開中です。お見逃しの方はぜひお立ち寄りください。

「認知機能低下を防止する生活習慣がわかってきた!」

2022_Kawamori.jpg 河盛 隆造 先生
順天堂大学名誉教授、同 大学院スポートロジーセンター センター長

 河盛先生は糖尿病学のエキスパートであるが、それだけでなく、スポーツを「健康にいかに役立てるか」という視点で研究する「スポートロジー」という新たな学問領域を推進されている。その背景には、患者さんにスポーツや身体活動を推奨するものの、その科学的エビデンスの少なさに対する積年の疑問があったとのことだ。そして現在、スポートロジーの主要なターゲットは「認知機能の低下」にあるという。

Part1 スポートロジー研究が明らかにする現代人の生活習慣

 スポートロジーからはこれまでに、医学の専門的な範囲にとどまらず、社会的にも大きなインパクトのある研究成果が発信されてきている。例えば、河盛先生らが報告した、非肥満者のメタボリックシンドロームや、若年者のサルコペニアやフレイルの存在の報告などはその一部だ。
 非肥満者のメタボリックシンドローム、つまり「やせメタボ」は、肥満メタボの人に多くみられる過食という習慣は少ないものの、運動不足のために筋肉量や筋力が低下しており、筋肉でのインスリン抵抗性が亢進している。やせているのにもかかわらず、肥満メタボと同様に複数の代謝異常を来しやすい。
 また、サルコペニアやフレイルの進展には加齢の影響が大きく、それら両者は高齢者の健康障害と考えられがちだが、日本では必ずしもそうとは言えないという。健診では異常なしと判定される20代の女性を精査した結果、骨量低下が約4割にみられ、1割は骨粗鬆症に該当し、さらに全員がビタミンD低値だった。それらの人たちは「運動をしない」という共通の課題を抱えている。

Kawamori01.PNG

Part2 認知症の予防に、我々ができることをする。それは何か?

 現代日本が抱える喫緊の課題である「認知症の予防」にも、スポートロジーへの期待が寄せられている。
 順天堂大学のある文京区に居住する65歳以上の高齢者1,600人以上を対象に、同大学が主体となって行っている疫学研究「Bunkyo Health Study」では、認知症の有病率は、非肥満/非サルコペニアでは1.6%なのに対して、肥満では2.6%、サルコペニアではなんと7.6%であることが明らかになった。さらに問題は、肥満でありながら筋肉量が少ない状態、つまり「サルコペニア肥満」では、認知症有病率が実に14.5%に上る。さらに運動習慣のある高齢者はその習慣のない高齢者に比べて認知機能が保たれていること、ロコモティブシンドロームと認知機能が相関することなどが明らかになり、認知機能低下抑制における運動の重要性が示された。また症候性脳梗塞のハイリスク状態であり、認知症リスクとの関連性も示唆されている無症候性ラクナ梗塞の有病率が、筋力の低下と関連しているという事実もわかった。
 現在までに明らかになっている認知症のリスク因子は40%に過ぎず、60%は不明と考えられている。しかし、既に明らかにされた事実も少なくない。例えば、メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧への対策は、認知症予防の効果ももたらす。今、出来ることから始める。すなわち、適正な食事を心がける、身体活動量を増やすといった生活習慣の改善が重要であることの重要性を河盛先生は指摘する。

kawamori02.PNG

「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙ーいま求められる喫煙対策ー!」

2022_Muramats.jpg 村松 弘康 先生
中央内科クリニック 院長、東京都医師会タバコ対策委員会アドバイザー

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは3年目に突入し、なお新たな変異株の出現を繰り返しており、依然として終息を見通せる状況でない。これまでに蓄積された多くのエビデンスから、喫煙がCOVID-19の罹患リスクと重症化リスクに関与することは、ほぼ確実と言える。本公演では、呼吸器専門医で東京都医師会たばこ対策委員会アドバイザーである村松先生により、喫煙とCOVID-19との関連についての最新情報がオーバービューされた。
 COVID-19のパンデミック初期に中国から、喫煙者のほうがCOVID-19罹患リスクが低いというデータが報告された。しかしその後、論文著者の一部がタバコ業界と関連があり、それを開示していなかったこと(COI開示違反)が明らかになって、論文は撤回された。また、研究手法そのものにも問題が指摘された。
 喫煙者のCOVID-19リスクがなぜ高いのかという疑問は、COVID-19の原因ウイルスである重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)が、アンジオテンシン変換酵素II(ACE2)受容体を足場として細胞内に侵入することで説明がつくと村松先生は解説する。喫煙によりACE2が用量依存的に増加するとのことだ。また、ごく単純なことだが、現在、公共の場の喫煙は禁止されているため、喫煙者は限られた喫煙スペースでタバコを吸う。そこは密閉、密集、密接という「三密」の代表のような場所であり、感染リスクは極めて高い。
 では、禁煙した場合はどうだろうか? 実は、COVID-19罹患時の重症化リスクは、現喫煙者は1.98倍であるのに対して、前喫煙者(禁煙者)は3.46倍に上ると報告されている。逆ではないかと思われるかもしれないが、これは、禁煙した人は過去の喫煙期間が長い人が多く、それまでに蓄積された呼吸器へのダメージが解消しきれていないために、このような結果になるという。
 最近では、紙巻タバコだけでなく電子タバコでもCOVID-19リスクが上昇すること、喫煙者はワクチン接種後の抗体産生量が少ないことなども、明らかになってきている。また、肥満者がCOVID-19ハイリスクであることに関しては、パンデミックの初期から指摘されてきた。村松先生は「コロナ禍の今こそ、一無、二少、三多を実践すべきだ」と、講演をまとめている。

Muramatsu01.png


<全国生活習慣病予防月間2022概要>
■共催
一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
NPO法人 セルフメディケーション推進協議会

■協賛
株式会社タニタリボン食品株式会社株式会社明治サラヤ株式会社松谷化学工業株式会社

■後援
厚生労働省、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団、健康日本21推進全国連絡協議会、公益財団法人 8020推進財団、公益財団法人 循環器病研究振興財団、公益社団法人 アルコール健康医学協会、公益財団法人 日本糖尿病財団、一般社団法人 動脈硬化予防啓発センター、一般社団法人 日本サルコペニア・フレイル学会、一般社団法人 日本肥満学会、一般社団法人 日本肥満症予防協会、一般社団法人 日本くすり教育研究所、一般社団法人 日本産業保健師会、日本保健師活動研究会、特定非営利活動法人 日本人間ドック健診協会、日本健康運動研究所

■生活習慣病予防 お役立ちツール
 スローガンの川柳を使用したポスター、リーフレットは当協会サイト「生活習慣病予防 お役立ちツール」で自由にダウンロード可能です。ぜひご活用ください。

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2022年05月16日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月13日
「認知症対策」は待ったなし スマホで認知症予防プログラムに参加 神戸大学がJA共済連などと協業
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!
2022年02月28日
食物繊維を多く食べるほど認知症リスクが低下 食物繊維と腸内細菌の良い関係
2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ

一無・二少・三多 ▶ 全国生活習慣病予防月間

2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【1】 「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」 ー講演会は継続公開中!
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!
2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!

 ▶ 一無・二少・三多

2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!
2022年02月28日
スマート・ライフ・プロジェクト特設コンテンツ「良い睡眠で、からだもこころも健康に。」公開中!
2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!

 ▶ 生活習慣

2022年05月16日
スマート・ライフ・プロジェクトにて「手軽に取り組める 健康づくりアイデア集」公開中
2022年05月16日
【新型コロナ】ワクチン3回目接種後の副反応が明らかに 過半数が「身近な人にも勧める」
2022年05月16日
【新型コロナ】子供のワクチン接種ではどんな注意が必要? 「まずは家族でワクチンについて話し合ってみる」
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【1】 「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」 ー講演会は継続公開中!
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!

 ▶ 協会・賛助会員関連ニュース

2022年05月13日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(IFLレポート)
2022年04月27日
IFLオーストラリア
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(5)
2022年04月14日
IFLオーストラリア
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(4)
2022年04月14日
#いつでもくるみ!「ヘルシー&おいしい プレゼントキャンペーン」実施中!
2022年04月12日
肥満の解消や適正体重の維持にかかわる研究・活動を支援 「公益信託タニタ健康体重基金」2022年度の応募受け付けを開始
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート