一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

HDL-Cの血管内皮機能(FMD)保護作用は糖尿病で相殺される

キーワード: 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 動脈硬化

 HDL-Cは血管内皮機能(FMD)と正の相関を示し、内皮保護作用が認められるが、糖尿病患者に限ってはその相関がみられず、HDL-Cの内皮保護作用がキャンセルされている可能性が、徳島大学卒後臨床研修センターの田岡志保氏により報告された。第34回日本高血圧学会総会(10月20〜22日・宇都宮)における発表。
血管内皮機能の改善に有効な介入法を探る研究
 動脈硬化の最初期の病変である血管内皮機能(FMD.Flow Mediated Dilation)の低下は可逆的変化であることから、早期発見と早期介入により動脈硬化進展抑制につながる。しかし、どのような介入法が内皮機能改善に最も有効なのかは明らかになっていない。田岡氏らの研究は、動脈硬化のリスク保有者を対象に、血管内皮機能に影響を与える因子の評価を試みたもの。発表のタイトルは『心血管リスク因子を有する成人の血管内皮機能制御因子に関する臨床的検討』。

 研究対象は、徳島大学病院内分泌代謝内科にて診療または検診を受けた者175名(男性81名、女性94名、年齢63.3±10.2歳)。うち糖尿病患者は66名(男性33名、女性33名)。全体の平均HbA1cは6.0±1.2%。

HDL-Cは%FMDの独立した正の相関因子
 血管内皮機能は、右上腕を5分間駆血し開放後120秒までの最大血管径を駆血前値と比較した値「%FMD」を指標とした。この%FMDとの相関因子として、年齢やHbA1cのほか、BMI、血圧、脈圧、既往症(糖尿病、高血圧、脂質異常症)、血清脂質値、血清クレアチニン値、尿中アルブミンを評価項目として規定した単変量解析において、%FMDと相関していたのは、年齢、脈圧、HDL-C、血清クレアチニン値、高血圧の既往だった。

 これらを説明変数としたステップワイズ法による多変量解析では、年齢と脈圧が%FMDと負の相関(いずれもp<0.05)、HDL-Cと%FMDが正の相関(p<0.01)となった。これは、HDL-Cが%FMDの独立した強力な正の相関因子であり、血管内皮機能保護的に作用していることを示唆している。

糖尿病症例ではHDL-Cの血管内皮保護作用がキャンセルされる
 
 次に、糖尿病の有無別に行った多変量解析では、非糖尿病の場合、年齢と高血圧の既往が%FMDと負の相関(いずれもp<0.05)、HDL-Cが正の相関(p<0.01)と、全数解析とほぼ同様の結果だった。その一方で、糖尿病症例の場合は、血清クレアチニン値のみが負の相関因子(p<0.05)であり、HDL-Cとの正の相関は消失した(右図)。

 糖尿病ではインスリン作用の低下による高TG血症とともに低HDL-C血症を伴うことが多いが、そのような糖尿病の病態はHDL-Cの血管内皮保護作用を相殺してしまう可能性を示したものと言える。


 田岡氏は、以上より、「血管障害進展抑制にはHDL-C増加を目指した生活療法や脂質への介入が重要であり、HDL-Cによる血管内皮機能の保持には糖尿病病態の改善が必要」とまとめた。


仮面高血圧合併2型糖尿病では血管障害(FMDやPWV)が高度に進展(糖尿病NET)
DPP-4阻害薬は血管内皮機能(FMD)を改善する(糖尿病NET)
脳や心臓の血管が詰まる前に。血管の若返りがわかる検査指標「FMD」 (糖尿病NET)
動脈硬化が早期にわかるFMD検査装置(糖尿病NET)
血管内皮機能、FMD検査のユネクス
一般向けサイト 動脈硬化の進展を知る「FMD検査.JP」

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート