一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座

6.健康と休養

 健康を維持するためには、体を動かすだけでなく、休養も必要です。日本生活習慣病予防協会の池田義雄理事長に聞きました。
休養といっても、どうすればよいのでしょう
 「やはり睡眠が大切です。今年3月に『健康づくりのための睡眠指針』、快適な睡眠のための7箇条が策定されました。(1)快適な睡眠でいきいき健康生活(2)日中の元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター(3)快適な睡眠は自ら創り出す(4)眠る前に自分なりのリラックス法(5)目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン(6)午後の眠気をやりすごす(7)睡眠障害は専門家に相談の7つです」
ポイントはどれですか
 「(1)の快適な睡眠は疲労回復やストレス解消になりますが、寝不足や睡眠障害は高血 圧、心臓病、脳卒中など生活習慣病のリスクを上げます。(3)は睡眠剤や寝酒に頼らず、自然に眠ろうということ。例えば、温めた牛乳を飲むと睡眠誘発物質トリプトファンが自然な眠りを促し、レムとノンレムの睡眠パターンを繰り返す、いわゆる質の良い睡眠がとれ、休養効果があります。逆に睡眠剤や寝酒は睡眠の質が悪くなり、カフェインも寝付きが悪くなることがあるので、気をつけましょう」
睡眠のほかに、休養のとり方はありますか
 「ストレスの解消ですね。特に“A型性格”の人は要注意。Aはaggressive(攻撃的、積極的の意)の頭文字で、何事にも突き進み、競争意識や責任感が強く、短気で完全主義な性格です。仕事のやりすぎや暴飲暴食などでストレスがたまり、高血圧や動脈硬化になりやすく、突然死につながることもあります。こうならないために、ストレス防止8箇条を守ってください。(1)独り暮らしは避ける(2)ハードスケジュールを避ける(3)生活の変化に気をつける(4)頭痛などの症状が現れたら、状況などを書き留めておく(5)毎日30分以上運動をする(6)物事はポジティブに解釈する(7)笑う(8)性生活を疎遠にしないです。また、2時間仕事をしたら10分休憩する『2時間10分法』も勧めます。仕事を忘れて楽しいことを思い浮かべ、気分転換しましょう」
食生活はどうですか
 「腸管免疫系の働きを高め、ストレスに負けない体を作りましょう。バランスの良い食事はもちろん、食物繊維を重視し、ヨーグルト、オリゴ糖、納豆、野菜、海藻類などで腸内細菌を健全な状態に維持してください」

2003年05月 公開

※記事内容、肩書、所属等は公開当時のものです。ご留意ください。

「おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座」目次

肥 満

糖尿病

高脂血症

高血圧

脳卒中

虚血性心疾患

が ん

高尿酸血症

全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
健診・予防3分間ラーニング
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
保健指導リソースガイド 求人情報
保健指導リソースガイド
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。