一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座

38.サプリメントは有効?

 野菜や果物の栄養成分を、手軽にサプリメントでとってもがんが予防できる・・・。そう思っていたら大間違いです。その理由を、東北大学医学部の坪野吉孝助教授に聞きました。
サプリメントでは、がん予防できないのですか
 「緑黄色野菜の成分で有名な“β-カロチン”の研究では、予防どころかがんが増えてしまったのです。フィンランドの男性喫煙者約3万人の『ATBC スタディ』研究です。β-カロチンのサプリメントで喫煙者の肺がんを予防しようとしたのですが、発生率が18%も上昇しました。その後、アメリカの喫煙者約2万人の『CARET』研究でも、28%も上がったと報告されています」
β-カロチンのサプリメントは、飲まない方がよいということですか
 「β-カロチンが注目されたのは、野菜や果物を多く食べている人たちに、がんの発生率が低いということから。実際に食事からβ-カロチンを多くとって、血中濃度が高い人たちでも、がんの発生率や死亡率が低いと確認されています。それなのにサプリメントは逆効果だったので、1997(平成9)年に世界がん研究基金とアメリカがん研究機関は『がん予防のための14か条』で、野菜や果物を食べたり、肥満に気をつけていれば、がん予防のためにサプリメントを飲むことは恐らく不要だと提言しています」
さらに悪い研究結果がでたそうですね
 「昨年報告された、先進国8か国計約14万人の臨床試験のまとめでは、がん発生率だけでなく、総死亡率も高くなっていました。言い換えれば、寿命が短くなったということです。それでアメリカの厚生省は、昨年7月に『サプリメントについてのガイドライン』で、『がんや循環器疾患のために、β-カロチンを飲むべきではない』という方針を打ち出したのです」
β-カロチンはとらない方がよいのですか
 「いいえ違います。サプリメントではなく、食事からとってほしいということです。サプリメントは健康によく、食品だから害はないというイメージがありますが、簡単に食事の10倍以上もとれてしまうので危険なのです。サプリメントを飲んで、健康に気を配っているつもりでも、実は命を縮める可能性があることを忘れないでほしいですね。そして、健康を考えるのなら、有効性だけでなく安全性を重視してください」

2004年01月 公開

※記事内容、肩書、所属等は公開当時のものです。ご留意ください。

「おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座」目次

肥 満

糖尿病

高脂血症

高血圧

脳卒中

虚血性心疾患

が ん

高尿酸血症

全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
健診・予防3分間ラーニング
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
保健指導リソースガイド 求人情報
保健指導リソースガイド
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。