一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座

20.動脈硬化になりやすい場合

 血液中の脂質が高い病気、高脂血症。中でも最近分かってきた“たちの悪い”といわれる症状を、防衛医科大学校名誉教授の中村治雄医学博士に聞きました。
“たちが悪い”とは、どういうことですか
 「動脈硬化になりやすいということです。特に(1)総コレステロール値と中性脂肪値が高い(2)悪玉LDLコレステロール値が高く、善玉HDLコレステロール値が低い(3)中性脂肪値が高く、HDLコレステロール値が低い場合。これらは、治療が必要だといわれています」」
治療とは?
 「基本は食事です。予防効果もあるので、健康な方も参考にしてください。まず、コレステロール値が高い場合は、(1)エネルギーのとり過ぎに注意(余分なエネルギーは、肝臓でのコレステロール合成の材料となり、合成を促進する)(2)脂肪の量と種類に注意(脂肪のとり過ぎは動脈硬化を進める。また、肉、乳製品などの動物性脂肪はコレステロール値を上げ、魚や植物性油脂は下げる)(3)食物繊維を多くとる(玄米、麦飯、オートミールなどの穀類と野菜がよい)(4)ビタミンE、ビタミンC、β―カロチンを多くとる。動脈硬化は、LDLコレステロールが酸化されて起こるので、緑黄色野菜などで酸化を防いでください。ただ、喫煙者では抗酸化作用が期待できないので、禁煙を勧めますね」
コレステロールが多い食品はどうですか
  「もちろん制限が必要です。特にLDLコレステロール値が140mg/dl 以上の人や糖尿病の場合は、1日300mgに以下にしてください。卵1個は250mgで、ほぼ1日分になるので気をつけましょう。また、内臓にも多く含まれるので、丸ごと食べる小魚は20―50gを目安にし、とり過ぎないようにしてください。逆に、大豆などの植物性タンパク質はコレステロール値を下げますから、納豆や豆腐、油揚げ、枝豆などを積極的にとってください」
善玉のHDLコレステロール値が低い場合は?
 「残念ながら今のところ、食品では上げられません。下げない努力が大切です。食べ過ぎ、喫煙、運動不足などの生活習慣は、HDLコレステロール値を下げるので、改善してください。中性脂肪が高い場合については、次回お話しましょう」

2003年08月 公開

※記事内容、肩書、所属等は公開当時のものです。ご留意ください。

「おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座」目次

肥 満

糖尿病

高脂血症

高血圧

脳卒中

虚血性心疾患

が ん

高尿酸血症

糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。