一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座

34.がんの現状

 日本人の死因第1位といえば、50年前までは結核、その後は脳卒中でしたが、この20年は「がん」が“独走”し続けています。その現状について、東北大学医学部の坪野吉孝助教授に聞きました。
がんで亡くなる人は、年間どれくらいですか
 「約30万人です。全死亡者数の約30%にも当たり、死因2位の心臓病が約15%、3位の脳卒中は約14%で、ほかの疾病を大きく引き離しています。30%というと、3人に1人ががんで亡くなっていることになるのですが、これは赤ちゃんからお年寄りまでを合わせた場合。40〜69歳の働き盛りの世代では、“2人に1人”にもなり、とても深刻な問題です」
どの部位のがんが多いのでしょう
 「全体では、肺と胃、大腸の順で多く、男性では、肺、胃、肝臓、女性では、胃、肺、結腸(大腸)です。1960〜2000年の40年間の変化を見ると、男性は胃が半分以下に減りましたが、直腸が2倍、肺、膵臓が3倍、結腸と前立腺が4倍にもなっています。また女性は、胃が3分の1、子宮が4分の1に減ったものの、乳房が2倍、肺2.5倍、結腸、膵臓が3倍になっています。40年で日本人のがんのパターンが急激に変化したということですね」
なぜですか
 「40年とはだいたい親から子への1世代ですが、遺伝子が大きく変化することはあり得ないでしょう。それなのに、増えるがん、減るがんがあるというのは、環境要因、特に食生活をはじめとする、生活習慣の変化が原因だと考えられます」
今後、がんの死亡率は変わると思われますか
 「実はこの40年で、それぞれのがんは増減していますが、がん全体の死亡率は、男性ではやや増加、女性では横ばいで、ほとんど変わっていません。これだけ医療が進歩しているのですから、死亡率はもっと下がってもよいはずです。このままだと、この先もがんとの戦いに負け続けていくことになりますね」
対策はありますか
 「予防が重要になります。実際にアメリカでは、予防を強化することで、90年代から死亡率が減り始めました。まずは、予防に有効とされる、がん検診を勧めます。日本では、まだ約2割の人しか受けていないのが現状です。そして、生活習慣の改善が大切。これについては、次回詳しくお話しましょう」

2003年12月 公開

※記事内容、肩書、所属等は公開当時のものです。ご留意ください。

「おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座」目次

肥 満

糖尿病

高脂血症

高血圧

脳卒中

虚血性心疾患

が ん

高尿酸血症

全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
健診・予防3分間ラーニング
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
保健指導リソースガイド 求人情報
保健指導リソースガイド
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。