一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
生活習慣病とその予防

生活習慣病とは

 生活習慣病とは、「健康的と言えない生活習慣」が関係してしている病気のことです。逆に言えば、生活習慣次第で発病を防ぐことができる病気という言い方もできます。また、発病した後の経過は、生活習慣によって大きく左右されることが少なくありません。

 もう少し詳しく解説しましょう。

 病気の原因としてわかりやすいのは、細菌やウイルスなどの「病原体」や「有害物質」などです。また、なにかの病気になりやすい体質が先祖から引き継がれる、「遺伝的な要素」も、病気の発症や進行に影響します。そして、もう一つ、食習慣、運動習慣、休養のとり方、嗜好(飲酒や喫煙)などの「生活習慣」も、糖尿病、高血圧、さらにはがん、脳卒中、心臓病など多くの疾病の発症や進行に深く関わっていることが明らかになっています。

 生活習慣病とは、これら三つの要素のうち、三番目の生活習慣にかかわる要素が強い病気をまとめて言い表した総称です。

かつての「成人病」が「生活習慣病」に変わった背景

 「生活習慣病」は、かつて「成人病」と呼ばれていました。しかし、これらの病気は成人でも生活習慣の改善により予防が可能で、成人でなくても発症の可能性があることがわかってきたのです。以前は病気の「二次予防」、つまり、病気の早期発見や早期治療に重点が置かれ、対策が立てられていました。しかし、それに加えて、生活習慣の改善を中心にした「一次予防」、つまり、健康増進や発病予防に重点を置いた対策を推進するために、新たに導入された概念が生活習慣病と言えます。

生活習慣病とNCDs、その実態と対策

 現在、これらの生活習慣病の改善と予防が大きな課題となっています。

 例えば、生活習慣病の「代表格」である糖尿病患者の数は、わが国では1,000万人と推計されています。さらに予備群を含めると2,000万人ともいわれています。また、高血圧、脂質異常症といった疾患を有する人々も膨大な数に上ると推定されます。中高年の多くの方が何らかの生活習慣病をもっていて、それが将来重大な健康障害になる可能性があります。これらの疾患について、早期発見と早期治療が急がれています。

 このような状況をふまえて、現在、わが国では「21世紀における国民健康づくり運動」略して「健康日本21(第二次)」が行われています。この「健康日本21(第二次)」では、主要な生活習慣病を 「NCDs対策」という枠組みで捉え、取り組むべき必要な対策を示しています。

 NCDsとは、Non Communicable Diseasesの略で、日本語では「非感染性疾患」と呼ばれます。生活習慣病を含む慢性疾患の発症や悪化は、個人の意識と行動だけでなく、個人を取り巻く社会環境による影響が大きいため、地域や職場などの環境要因や経済的要因といった幅広い視点から、包括的に施策を展開し、健康リスクを社会として低減していくことが、近年、国際的な潮流にもなっています。

生活習慣病に該当する病気

 生活習慣病に該当する主な病気として、例えば、高血圧脂質異常症2型糖尿病慢性腎臓病(CKD)高尿酸血症/痛風肥満症/メタボリックシンドローム脂肪肝/非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)/非アルコール性肝炎(NASH)アルコール性肝炎慢性閉塞性肺疾患(COPD、肺気腫や慢性気管支炎)肺がん大腸がん歯周病、などが挙げられます。

 また上記以外に、生活習慣の以外の要因(例えば加齢)の影響が強い傾向はあるものの、動脈硬化、骨粗鬆症、ロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイル、睡眠障害などもやはり生活習慣病という側面がある病気です。

 ただし、いずれの病気も、生活習慣とはかかわりない病気は除外します。例えば、家族性高コレステロール血症や免疫の影響によって発病する慢性糸球体腎炎などは、生活習慣病とは言えません。

生活習慣病の共通点

 生活習慣病の多くは、発病してもかなり進行するまで自覚症状がほとんど現れないという共通点があります。そのため健康診断などで生活習慣病のリスクを指摘されたり、さらには検査結果が病気の診断基準に達するほどの異常値であっても、それを自覚しにくいものです。 よって予防や治療というアクションを起こせない、または起こさない人が少なくありません。

生活習慣病の予後(経過)

 自覚症状が現れないとは言っても、「健康的と言えない生活習慣」の影響は確実に身体の負担として蓄積されていきます。そして、やがて心筋梗塞狭心症脳梗塞脳出血などの、より深刻な病気を引き起こします。

 結果として、QOL(quality of life.生活の質)が低下し、健康寿命(介助や介護を受けずに生活できる期間)が短くなってしまったり、寿命も短くなってしまうという結果を招いてしまいます。

 一方で、生活習慣病は、国民医療費(一般診療医療費)の約3割、死亡者数の約5割を占めており、また、要支援者及び要介護者における介護が必要となった主な原因についても、脳血管疾患をはじめとした生活習慣病が3割を占めるとともに、認知症や、高齢による衰弱、関節疾患、骨折・転倒で5割を占めるなど社会的にも大きな課題となっています。

「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料をもとに統計数値を更新」
注)悪性新生物のすべてが生活習慣病ではない。また、心疾患のなかでも心臓弁膜症や不整脈などの生活習慣病と無関係の病気なども含むため、あくまで傾向として公開されているものである。

年齢や健康状態によって優先すべき対策が異なる

 生活習慣病の多くは、肥満・メタボリックシンドロームを基盤として発症・進行する生活習慣病が少なくありません。その場合、減量することが治療の第一歩です。

 しかしその一方で、食事の量やバランスがよくないための栄養不足、運動不足、加齢、人とのつながりが少ない、といった影響で起きてくるサルコペニア、あるいはフレイルといった状態では、むしろ体重を増やした方がよいこともあります。

 一般的には、体重管理の目的は、高齢になるに従いこれまでの減量から、徐々に体重を落とさないことに重点が置かれるようになっていきます。

「健康的と言えない生活習慣」とは?

 それでは生活習慣病を引き起こす「健康的と言えない生活習慣」とはどんなことでしょう? どのような生活習慣に気を付ければ、健康寿命と寿命を延ばすことができるのでしょうか?

 「生活習慣病とその予防」では、「喫煙」「食生活」「飲酒」「身体活動・運動不足」「疲労(休養不足)」「孤立・孤独」について詳しく解説します。正しい生活を習慣づけていくことが、生活性看病の予防には不可欠です。そのためにぜひ実行してほしい健康習慣が、「一無(いちむ)、二少(にしょう)、三多(さんた)」です。

さらに詳しく

2019年11月 公開
2019年11月 更新

全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典