一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座

43.乳がん(2) 女性のがん予防と検診

 女性特有のがんである、乳がんと子宮がん。その予防と検診の重要性について、東北大学医学部の坪野吉孝助教授に聞きました。
乳がん予防では、何が大切ですか
 「検診です。しかも“マンモグラフィー”という乳房エックス線撮影が効果的。現在は、医師が乳房を触って調べる“視触診”が一般的な検診として普及していますが、これだけでは、死亡率が下がらないことがわかっています。一方、マンモグラフィーを受けていた方が、死亡率が低くなるという研究結果があります。すでに50歳以上の検診では、マンモグラフィーと視触診を併用していますが、30〜49歳は視触診のみなので、厚生労働省は40歳以上もマンモグラフィーの併用を検討しています」
乳がんも高齢者に多いのですか
 「がんというと高齢者の病気で、年を取れば取るほどかかりやすいと思われていますが、乳がんは違います。30代以降の比較的若い世代から多く見られ、ピークは40代後半。40歳以上になったら、積極的にマンモグラフィーを含む乳がん検診を受けてください。そして、たまたま自分でしこりを見つけられたら、精密検査を受けましょう」
大豆の成分イソフラボンに、予防効果があるとよく聞きますが…
 「大豆製品の摂取量が多い日本人に乳がんが少ないことから注目されています。昨年発表された国立がんセンターの日本女性2万人の調査では、閉経後の女性でみそ汁などからのイソフラボンの摂取量が多くなるほど発生率が低くなっていました。とはいえ、サプリメントで大量にとったりすると、害を及ぼす危険性も残っているので、気をつけてください」
では、子宮がんについて教えてください
 「日本人女性に多いのは、子宮の入り口付近の頸がんです。30代から増え始めて50代がピークですが、最近は20代での罹患が増え、問題になっています。原因のほとんどが性交渉でのヒトパピローマウィルス感染。検診が有効なので、現行の30歳以上を25歳に引き下げようという動きがあります。また、子宮の奥の体がんは、この50年で発生率が2倍に増えました。閉経後の50代後半から60代前半にかかる人が最も多く、肥満がリスクを増やすことがわかっています。食事や運動に気をつけ、太り過ぎないように心掛けましょう」

2004年02月 公開

※記事内容、肩書、所属等は公開当時のものです。ご留意ください。

「おいしく食べる 楽しくはかる 生活習慣病講座」目次

肥 満

糖尿病

高脂血症

高血圧

脳卒中

虚血性心疾患

が ん

高尿酸血症

全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
健診・予防3分間ラーニング
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
保健指導リソースガイド 求人情報
保健指導リソースガイド
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。