全国生活習慣病予防月間2019「少酒」―お酒はほどほどに―

少酒とは

さまざまな生活習慣病がアルコールと密接に関わっていて、大酒をすれば多くの疾病が誘発される可能性が高まります。「健康日本21」のなかでは、アルコールに関して1日20g(日本酒に換算して一合程度)の摂取が望ましいとされています。「百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそおこれ」という言葉もあるとおり、アルコールをたくさん飲める人でも、1日にその程度の飲酒量が望ましいということです。

発表!「少酒」スローガン2019 入選作品

「全国生活習慣病予防月間2019」スローガンの入選作品が決定いたしました。今回は、健康標語 "一無・二少・三多"の“少酒"(お酒はほどほどに)"をテーマに募集。 当会関連サイトをはじめ、多くのメディアに取り上げていただき、応募総数2,147通7,063本ものご応募を頂戴しました。

啓発用ポスター・
リーフレット


全国生活習慣病予防月間のポスターとリーフレットを皆様の職域や生活の啓発活動にご活用いただけるよう今回もご提供いたします。1月下旬ごろ配布いたしますので、ご期待ください。

これまでのポスター・リーフレットはこちら▶

市民公開講演会

「少酒ではじめる生活習慣病・がん予防」

【開催概要】
日時:2019年2月6日(水) 13:30〜15:45
会場:東京・日比谷コンベンションホール(千代田区日比谷公園1-4
千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)
対象:一般の方など180名
参加:無料

© 2006-2019 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
Japan Preventive Association of Life-style related Disease