一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

実験動物に依らない食品安全性・機能性評価技術の現状と動向、未来に向けた取り組み ― 国際生命科学研究機構(LSI Japan)シンポジウムのご案内ー

キーワード: 協会・賛助会員関連ニュース

 生活習慣病の予防には、日ごろの運動、食事、睡眠等の生活習慣の質をより良いものとし、健康な状態を維持管理することが大切です。中でも、食事は、栄養バランスだけでなく、食品の機能を活用することで、健康の維持増進に貢献することが期待されます。
 一方で、私たちの健康や健康寿命の延伸に関わる生命科学領域の研究や開発において、動物実験が用いられることがありますが、動物愛護の世界的潮流の中で、できるだけ動物を使用しない方法に置き換え、使用動物数を削減し、動物に与える苦痛を少なくすることが求められています。
 国際生命科学研究機構/International Life Sciences Institute/ILSIの一員であるNPO法人ILSI Japanは、健康、栄養、食品安全、環境にかかわる科学的課題の解明と普及啓発をはかるための活動を様々な活動を行っています。
 ILSI Japanでは、その活動の一環として、食品領域における動物実験代替の現状認識と将来の研究の方向性についてのシンポジウムの開催を予定しています。
 食品安全性や機能性の評価‣研究に関わる方のみならず、一般の方でご関心のある方でも参加可能とのことです(有料)ので、ご案内致します。

国際生命科学研究機構(ILSI Japan)

 ILSI Japanは、健康、栄養、食品安全、環境にかかわる科学的課題について、最新の信頼ある科学の成果に基づき、国際的な協調につとめつつ解明をはかり、その結果を普及し啓発事業を行い、もって日本人並びに世界の人々の栄養と健康の増進、食の安全の確保、環境の改善に寄与することを目的とするNPO法人です。

 ILSI Japanは、「食品領域の動物実験代替推進プロジェクト(AATプロジェクト)」を2018年に立ち上げ、動物に依存しない、ヒトへの予測性のより高い評価アプローチを確立し、食品の安全性及び機能性評価の精緻化・効率化を進展させることを目的とし活動しています。これらの活動は栄養や食品安全にかかわる科学的課題の解決につながり、ひいては人の健康増進に寄与すると考えております。

 ILSI Japanは2023年2月3日、食品領域における動物実験代替の現状認識と将来の研究の方向性についての情報共有、並びに動物を使用しない評価技術の必要性に対する意識向上を目的として、シンポジウムを開催します。

 セッション1では、ILSI Japanより食品領域における動物実験代替に関する現状と国際動向について報告します。セッション2では、動物実験代替に関する最新技術および研究動向について第一線で活躍されている3名の先生方からご講演いただくと共に、ILSI Japanから食品の安全性評価に関連する当機構の研究の進捗や今後に向けた取り組みを報告します。最後に、有識者より、食品領域の動物実験代替推進についてコメントをいただき、今後の取り組みについて展望します。

国際生命科学研究機構(ILSI Japan)

ILSI Japan シンポジウム
食品領域の動物実験代替-現状と動向、未来に向けた取り組み

開催概要

■開催日時:2023年2月3日(金)13:00~17:00
 (12:30より本シンポジウム接続先のURLから入室できます)
■開催方法:Zoomウェビナー
■主   催:特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)
■協   賛:日本食品免疫学会、日本機能性食品医用学会
 一般社団法人 日本動物実験代替法学会、日本動物細胞工学会
 一般社団法人 日本薬物動態学会、公益社団法人 日本栄養・食糧学会
■定   員:500名
■参加費: 一般企業・個人・その他の方:2,000 円(不課税)
 ILSI Japan会員の個人、企業の方:1,000 円(不課税)
 (但し、AATプロジェクト参画企業を除く)
 ILSI Japan AATプロジェクト参画企業の方:無料
■申込期間: 2022年11月15日(火) ~2023年2月2日(木) 昼 12:00 まで。
■申込方法:下記URLからアクセスして、事前に参加登録を行ってください。

プログラム

Session 1:食品領域における動物実験代替の現状と動向
(ILSI国際ワークショップの話題を中心に)

座長:伊藤 勇一(ILSI Japan)
演者:AATプロジェクトメンバー
◆トピックス
・ILSI Japan食品領域の動物実験代替推進プロジェクト(AATプロジェクト):
 活動紹介
・食品行政・規制における動物実験代替の現状(仮)
・食品領域における動物実験代替推進に向けて~国際ワークショップからの提言~

Session 2:動物実験代替の技術及び研究動向
座長:中江 大(帝京平成大学)
演者:神崎 展(東北大学)、松永 民秀(名古屋市立大学)
吉成 浩一(静岡県立大学)、AATプロジェクトメンバー
◆トピックス
・運動できる"培養"筋細胞系をもちいた基盤研究と新展開
・ヒトiPS細胞由来腸管細胞と生体模倣システムの開発
・インビトロおよびインシリコ手法による化学物質の安全性評価(仮)
・食品領域における動物実験代替推進に向けたリスク評価戦略構築の取り組み

Session 3:まとめと今後の展望
伊藤 勇一(ILSI Japan)


■問合せ先
特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構 (ILSI Japan)
〒135-0004東京都江東区森下3-13-5 ゴーベルビル5階
Tel: 03-6284-0877 Fax: 03-6284-0878
E-mail: ilsijapan@ilsijapan.org
http://www.ilsijapan.org
[mhlab]

関連トピック

 ▶ 協会・賛助会員関連ニュース

2022年12月19日
高尿酸血症と動脈硬化Part 2 高尿酸血症で血管の炎症が引き起こされる可能性を確認
~血管の細胞が死滅する様子を動画で見る~
2022年12月09日
実験動物に依らない食品安全性・機能性評価技術の現状と動向、未来に向けた取り組み ― 国際生命科学研究機構(LSI Japan)シンポジウムのご案内ー
2022年11月29日
健康的なお酒との付き合い方~12のルールとは?~
2022年11月18日
重要性を増す街中の「ゆびさきセルフ(検体)測定室」の役割! ~検体測定室連絡協議会「世界糖尿病デー・健康啓発セミナー2022」~
2022年11月08日
あなたと地球の健康のために禁煙を!~市民公開講演会・参加者募集中(参加費無料)~
―全国生活習慣病予防月間2023ー
川柳募集2023
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート