一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?

キーワード: 糖尿病 ストレス関連疾患/適応障害 認知症 食生活

 抗酸化物質は、緑色の葉野菜や緑黄色野菜、色鮮やかな果物などに豊富に含まれている。

 血中の抗酸化物質のレベルが高い人は、認知症を発症する可能性が低いことを、米国神経学会(AAN)が発表した。

 野菜や果物に含まれる抗酸化物質であるルテイン、ゼアキサンチン、β-クリプトキサンチンの血中レベルの高いことは、認知症の発症が数十年遅くなることと関連しているという。

 抗酸化物質は体に良いことが知られているが、脳の健康にも良い影響をもたらす可能性が示された。

体内で増えた活性酸素を除去して老化や生活習慣病を抑制

 ヒトの体は、酸素を利用してエネルギーを作りだしているが、酸素を利用すると活性酸素も同時に生じる。この活性酸素は細胞を傷つけ、動脈硬化の原因になり、糖尿病や脂質異常症なども悪化させる。

 活性酸素を取り除く抗酸化の働きは、加齢にともない低下していく。そのため処理しきれなかった活性酸素は体内にたまり、より毒性の強いものへと変わっていく。

 体内で増えた活性酸素を除去していくことが、老化や、がん、2型糖尿病などの予防・改善につながると考えられている。そこで注目されているのが、 抗酸化物質だ。

 抗酸化物質とは、活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑える物質のこと。代表的な抗酸化物質として、ポリフェノール、カロテノイド、ビタミンA、C、Eなどがある。

抗酸化物質が酸化ストレスから脳を守っている?

 「加齢にともなう認知症や認知機能の低下を抑えることは、健康上の大きな課題になっています」と、国立老化研究所(NIA)で健康格差について研究しているメイ ベイドゥン氏は言う。

 「認知機能の低下には、思考力の遅延、注意力の不足、記憶力の低下、複数のことを同時に処理する能力の低下、言葉を思い出せない、名前を覚えることが難しいといった症状があります」。

 「抗酸化物質は、細胞損傷を引き起こすおそれのある酸化ストレスから、脳を保護するのに役立っている可能性があります」としている。

 研究グループは、45~90歳の男女7,283人を対象に、身体検査と面接、抗酸化物質の血中濃度を測定する血液検査のデータなどを分析した。追跡期間は平均16~17年間で、最長26年間。

 抗酸化物質については、ビタミンA、C、Eと、カルテノイド類の血中濃度を調べ、認知機能の低下や認知症との関連を調べた。

緑黄色野菜・葉野菜・果物の抗酸化物質が認知症リスクを低下

 その結果、ルテインとゼアキサンチンの血中濃度が高い群では、低い群に比べて、認知症の発症リスクが低いことと関連していた。これらの抗酸化物質の標準偏差(平均値からのばらつきを示す指標)が15.4μmol/L増えるごとに、認知症のリスクは7%低下した。

 β-クリプトキサンチンについては、標準偏差が8.6μmol/L増えるごとに、認知症のリスクは14%低下した。

 カルテノイド類のうち、ルテインは黄色の、ゼアキサンチンは橙色や黄色の天然色素。ホウレンソウ、ブロッコリー、ニンジン、カボチャ、ケールなどの緑黄色野菜や葉野菜に多く含まれている。

 また、β-クリプトキサンチンは橙色の色素成分で、温州ミカンやオレンジに含まれるほか、カキ、パプリカ、パパイヤ、トウガラシなどにも含まれる。

抗酸化物質の予防効果を確かめる長期の研究が必要

 2型糖尿病の人は、血糖コントロールが良好でないなどの危険因子があると、認知症を発症するリスクが高く、認知機能の障害や、記憶力の低下などのリスクも高いことが知られている。危険因子を改善できれば、認知症などの発症リスクを抑えられると考えられている。

 野菜や果物など、抗酸化物質が豊富に含まれる食品を十分に摂ると、2型糖尿病のリスクが低下するという研究も報告されている。

 「濃い緑色の葉野菜や緑黄色野菜、オレンジ色の果物など、色鮮やかな食品を豊富に取り入れた食事スタイルは、認知機能の低下や認知症の発症リスクを低下させる可能性があることが示されました」と、この研究を支援したNIAのルイージ フェルッチ氏は述べている。

 なお、ベイドゥン氏は、「今回の研究は、血中の抗酸化物質レベルの測定回数が少なく、生涯にわたり調査したものではありません。抗酸化物質を摂取することで、認知症から脳を保護できるかどうかを確かめるために、さらなる研究が必要です」と、付け加えている。

 「抗酸化物質と脳の健康の関連について知るためには、抗酸化物質の摂取量を正確に管理し、長期のランダム化比較試験を実施する必要があります」としている。

Higher antioxidant levels linked to lower dementia risk (米国神経学会 2022年5月4日)
Association of Serum Antioxidant Vitamins and Carotenoids With Incident Alzheimer Disease and All-Cause Dementia Among US Adults (Neurology 2022年5月4日)
[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 認知症

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月13日
「認知症対策」は待ったなし スマホで認知症予防プログラムに参加 神戸大学がJA共済連などと協業
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年04月13日
【新型コロナ】感染拡大はメンタルヘルスにも影響 心の健康が「悪化した」人は22.3% 厚労省調査
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【1】 「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」 ー講演会は継続公開中!
2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート