一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

高齢者の介護予防では身体機能の維持・向上がポイントに 男性では骨格筋量、女性では脂肪量が余命に影響

キーワード: 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 身体活動・運動不足

 高齢者の介護予防では、骨格筋量・脂肪量が多い/少ないに関わらず、まずは身体機能の維持・向上を一次予防のターゲットとするべきであることが、東京都健康長寿医療センターの調査で明らかになった。

 一方、余命延伸の観点では、身体機能の維持・向上だけでなく、男性では骨格筋量の減少、女性では脂肪量の減少による、"やせ"にも注意を払う必要があるという。

やせ型の日本人高齢者を対象に身体組成と身体機能の影響を調査

 高齢期の身体組成(骨格筋量・脂肪量)や、身体機能(筋力・歩行能力)は、要介護化や余命に対して異なる影響をもつと考えられている。しかし、それぞれの指標の健康予後に対する独立した影響やその関連については、十分に検討されておらず、とくに欧米人に比べやせ型である日本人を対象としたデータは不足している。

 そこで東京都健康長寿医療センターは、日本人高齢者の身体組成(骨格筋量・脂肪量)と身体機能(握力・歩行能力)が要介護化・余命に及ぼす独立した影響を、量・反応分析によって検討した。

 その結果、次のことが明らかになった――。
  1. 要介護化(要支援・要介護状態の新規発生)には、男女一貫して、身体組成(骨格筋量・脂肪量)よりも、身体機能(握力・歩行能力)が強く影響する。
  2. 余命には、男性では骨格筋量・女性では脂肪量が、それぞれ身体機能とは独立して影響する。

 研究は、東京都健康長寿医療センター研究所の社会参加と地域保健研究チームの藤原佳典研究部長らの研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle」に掲載された。

高齢者健診受診者1,765人を追跡調査

 研究グループは、群馬県と埼玉県の高齢者健診受診者1,765人(男性862人、女性903人、平均年齢72歳)を対象に、平均5.7年(最大9.5年)の追跡調査を行った。

 身体組成指標として、(1) 骨格筋指数(四肢の筋肉量を身長の2乗で除したもの)、(2) 脂肪指数(全身の脂肪量を身長の2乗で除したもの)を、身体機能指標として、(3) 握力、(4) 通常歩行速度、をそれぞれ評価し、これら4指標と新規要支援・要介護認定および総死亡との関連形状を分析した。

 今回の研究では、骨格筋量は四肢(両腕・両脚)を測定し、体内に微弱な電流を流し、体水分量から筋肉量や体脂肪量などを間接的に求める生体電気インピーダンス法を採用した。

 その結果、男女とも一貫して、骨格筋量や脂肪量に関わらず、筋力・歩行能力が高いほど要介護状態になりにくく、低いほどなりやすいという関係性が明示された。

 一方、余命にも筋力・歩行能力が強く影響するものの、これらとは独立して、男性では、骨格筋量が多いほど余命が長いという正の関係性がみられた。女性では、脂肪量が高値であっても余命に有意な影響はなかったものの、脂肪量が少ないほど余命が短いという関係性が示された。

出典:東京都健康長寿医療センター研究所、2022年

高齢者では、筋力・歩行能力の保持と、骨格筋量・脂肪量の減少に注意

 「研究結果から、高齢期の介護予防では、骨格筋量・脂肪量が多い/少ないに関わらず、まずは身体機能の維持・向上を一次予防のターゲットと据えるべきであることが明確になりました。すなわち、定期的な筋力運動などの実践によって、日常生活動作を円滑に遂行できるよう筋力や歩行能力を保持しておくことが重要です」と、研究グループでは述べている。

 一方、「余命延伸の観点では、身体機能の維持・向上だけでなく、骨格筋量(男性)や脂肪量(女性)の減少による"やせ"にも注意を払う必要があります。これには、運動実践と、タンパク質をはじめとした多様な食品の摂取を組み合わせることが重要です」している。

 同研究所の研究チームでは、独自に「フレイル予防応援コンテンツ」を制作し、ホームページで公開している。筋力運動・食習慣に関するチェック表や、これらの具体的な実践のためのテキスト・動画などが収められている。「日々の健康づくりにぜひご活用ください」と述べている。

東京都健康長寿医療センター研究所

Dose-Response Relationships of Sarcopenia Parameters with Incident Disability and Mortality in Older Japanese Adults (Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle 2022年2月25日)

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2022年04月13日
高齢者の介護予防では身体機能の維持・向上がポイントに 男性では骨格筋量、女性では脂肪量が余命に影響
2022年04月13日
朝食を食べないとメタボやロコモのリスクが上昇 朝食欠食により体重が増え、筋肉は減る 体内時計に異常が
2021年12月13日
糖尿病の人は筋肉の減少に注意 筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年05月16日
スマート・ライフ・プロジェクトにて「手軽に取り組める 健康づくりアイデア集」公開中
2022年05月16日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
高齢者は6時間以上離床すると、全身の筋肉量が保たれ、摂食嚥下も良好に 離床が要介護高齢者へのアプローチに
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート