一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

【新型コロナ】ワクチンは接種から9ヵ月後も有効 3回目接種も必要 「迷わずすぐに接種を」

キーワード: 生活習慣

 新型コロナワクチンは、1回目接種から9ヵ月後も有効であることが、米ノースカロライナ大学の1,060万人を対象とした調査で明らかになった。

 「ワクチン接種を受けていない人は、迷わずすぐにワクチン接種を受けるべきです」と、研究者は述べている。

 3回目のブースター接種についても、新型コロナによる入院と死亡のリスクを継続的に低下させるために必要としている。

新型コロナのワクチンは接種9ヵ月後も効果を発揮

 新型コロナのデルタ株やオミクロン株といったより伝染性の高い変異株の出現により、予防ワクチンの効果には限界があり、接種後に免疫力が低下し、接種を受けた人がウイルスに感染してしまうブレイクスルー感染を防げないのではないかという懸念の声が増えている。

 しかし、ノースカロライナ大学の発表した新しい研究では、ワクチン接種は新型コロナのもたらす最悪の結果から長期的な保護を提供することが示された。調査はノースカロライナ州の約1,060万人の住民のデータにもとづくもの。

 調査では、免疫力の低下がブレイクスルー感染の原因であることを示唆しているものの、新型コロナのワクチンは1回目の接種から9ヵ月後も、入院と重症化からの保護力を維持していることが示された。

 「今回の研究が示す重要なメッセージは、ワクチン未接種の人は、迷わずすぐにワクチン接種を受けるべきだということです。とくに高齢者にとってブースター接種は重要です」と、同大学グローバル公衆衛生学部のディスティングイッシュトプロフェッサーであるデニス ギリングス氏とダニュ リン氏は強調している。

関連情報

ワクチン接種が新型コロナの重症化・入院・死亡のリスクを低下

 研究は、ノースカロライナ大学とノースカロライナ州保健福祉局が共同で行ったもの。詳細は、医学誌「New England Journal of Medicine」に発表された。

 調査では、2020年12月〜2021年9月に、同州の住民1,060万人の新型コロナのワクチン接種歴と健康転帰に関するデータを解析した。その結果は、3回目のブースター接種の実施をサポートするために、米国疾病管理予防センター(CDC)も利用することになっている。

 「社会とコミュニティの安全を守るために、大規模調査により必要なエビデンスを提供することが必要です。私たちは協力しあい、素晴らしいパートナーシップを結ぶことができました」と、リン氏は述べている。

 米国で使用されている新型コロナのワクチンは、ファイザー製、モデルナ製、ジョンソン・エンド・ジョンソン製の3種類がある。「今回の研究で大規模なデータを解析した結果、この3つのワクチンのどれであっても、接種後も9ヵ月間にわたり有効性が発揮されることが分かりました」と、リン氏は述べている。

 「これまでの研究と異なり、新型コロナのワクチンの初回接種から、経過の時間とともに、入院や死亡を予防する効果がどれくらい低下するかを、関数として推定しました。この情報は、ワクチンの追加接種をどのタイミングで行うのが適切かを知るために重要です」としている。

 なおデータには、デルタ変異株によって引き起こされた新型コロナの症例も含まれるが、オミクロン株については、それが発見される前に収集されたものなので含まれていない。

3回目のブースター接種も速やかに受けることを推奨

 新型コロナのリスクを低減する効果は、ファイザーとモデルナのmRNAワクチンは、初回接種から2ヵ月後に95%のピークに達し、その後は徐々に低下することが分かった。ファイザーのワクチンの有効性は、接種7ヵ月後に67%に低下したのに対し、モデルナのワクチンは80%の有効性を維持していた。

 この2つのmRNAワクチンの有効性は、デルタ変異体が急増した昨年の6月中旬から7月中旬にかけて劇的に低下した。一方、ジョンソン・エンド・ジョンソンのウイルスベクターワクチンの有効性は、注射後1ヵ月で75%に上ったが、5ヵ月後には60%に低下した。

 3種類のワクチンはすべて、新型コロナの重症化と入院を減らすのにも効果的だった。この点では、ファイザーワクチンの有効性は、2ヵ月後に96%のピークに達し、7ヵ月後も90%あった。モデルナのワクチンの有効性は、2ヵ月後に97%のピークに達し、7ヵ月後も94%あった。3種類のワクチンのすべてで、死亡に対する有効性はさらに高かった。

 「米国人の大部分は7ヵ月以上前にワクチン接種を受けており、有効性が低下し始めています。しかし、3回目のブースター接種を受けられているのはほんの一部です。免疫力の低下は、オミクロン変異体によるブレイクスルー感染の一因となる可能性が高いので、速やかに3回目を受けられるようにすることが望まれます」と、リン氏は指摘している。

Study shows COVID-19 vaccines offer lasting protection: Research suggests boosters can provide ongoing prevention of hospitalization and death (ノースカロライナ大学 2022年1月12日)
Effectiveness of Covid-19 Vaccines over a 9-Month Period in North Carolina (New England Journal of Medicine 2022年1月12日)
[mhlab]

関連トピック

 ▶ 生活習慣

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月25日
【新型コロナ】ワクチンは接種から9ヵ月後も有効 3回目接種も必要 「迷わずすぐに接種を」
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート