一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切

キーワード: 生活習慣 一無・二少・三多 身体活動・運動不足

 名古屋大学は、高齢者の認知機能の低下の予防するために、どのような運動が効果的かを明らかにしたと発表した。
 さまざまな運動の要素のうち、高齢者の記憶力の向上に有効だったのは、ウォーキングなどの有酸素運動だった。
 研究成果は、認知症を予防するための効果的な運動介入プログラムの作成に役立つものだ。
脳の老化を防ぐためにどんな運動が効果的か?
 運動や身体活動を習慣的に行うことが、認知症や認知機能の低下の予防に効果的であることが、多くの研究で分かっている。

 高齢者の認知機能と身体機能を向上するのに有効な運動として、ウォーキングなどの「有酸素運動」と、筋トレなどの「レジスタンストレーニング」が挙げられることが多い。

 しかし、どのような運動をすると、認知症や認知機能の低下を防ぐ効果を多く得られるかは十分には分かっていない。

 そこで研究グループは、地域に在住する高齢者を対象にランダム化比較試験を行い、有酸素運動・レジスタンストレーニング・両方を組み合わせたプログラムを実施し、認知機能の向上効果を比較した。

 その結果、有酸素運動を行った群で、記憶力を反映する「遅延再生課題成績」が上昇することが分かった。レジスタンストレーニングを行った群・両方を組み合わせたプログラムを行った群では、こうした効果はみられなかった。また、この効果は、もともと記憶力が低下していた群ではみられなかった。

 研究は、名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学分野の葛谷雅文教授(未来社会創造機構併任)、梅垣宏行准教授、未来社会創造機構の牧野多恵子招へい教員(現・星城大学准教授)らの研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of Alzheimer's Disease」に掲載された。

 研究は、名古屋大学COI「人がつながる"移動"イノベーション拠点〜高齢者が元気になるモビリティ社会〜」の一部として実施されたもの。
愛知県豊田市に住む高齢者415人を対象に試験を実施
 高齢化の進展にともない、認知症有病者のさらなる増加が予想されており、認知症予防の戦略を確立することが喫緊の課題となっている。

 現状では、認知症の原因疾患であるアルツハイマー病や脳血管疾患に対する根治療法は確立されていない。そのため、認知症発症を抑制あるいは遅延させるために、薬物療法以外の方法も開発することが重要になっている。

 運動や身体活動に、認知症や認知機能の低下を予防する効果があることが分かっているが、その効果を運動要素によって比較した研究はほとんどなく、どのような種類・内容の運動プログラムが有効であるかは明らかになっていない。

 そこで研究グループは、これまでに研究報告の多かった「有酸素運動」と「レジスタンストレーニング」に着目。有酸素運動、レジスタンストレーニング、両者を組み合わせたプログラムの効果の違いについてランダム化比較試験により検証した。

 対象となったのは、愛知県豊田市に住む65〜85歳の高齢者。認知症予防のための介入の必要性が高い集団として「認知機能低下に関して主観的な訴えがある高齢者」を対象とするため、自記式アンケートに答えてもらい、「基本チェックリスト」を作成した。

 介入対象とした高齢者415人を、(1)有酸素運動群、(2)レジスタンストレーニング群、(3)有酸素+レジスタンス群、(4)コントロール群にランダムに割り付けた。

 (1)〜(3)の対象者には、1回60分/週2回の別プログラムの運動教室に半年間(26週間)通ってもらった。認知機能や身体機能などについて、教室開始前の事前調査、教室終了後(6ヵ月後)の事後調査、さらに6ヵ月の観察期間後のフォローアップ調査で、運動の効果を測定した。
1回60分・週2回の有酸素運動を行うと記憶力は向上
 その結果、有酸素運動を行った群で、コントロール群と比べて、記憶力を反映する「遅延再生課題成績」の有意な上昇を認めた。

 レジスタンストレーニングを行った群、両方を組み合わせたプログラムを行った群では、こうした効果はみられなかった。また、この効果はもともと記憶力低下を有していた群ではみられなかった。

 これらの結果から、認知機能の低下を予防するために、有酸素運動が効果的であり、また、認知機能が低下しはじめる前から有酸素運動に取り組むことが重要であることが示された。

 「研究結果をもとに、認知症予防に効果的な運動介入プログラムを提案し、介護予防における運動指導の指針を作成することを目指しています」と、研究グループは述べている。

出典:名古屋大学、2021年

人がつながる"移動"イノベーション拠点〜高齢者が元気になるモビリティ社会〜(名古屋大学)
名古屋大学大学院医学系研究科地域在宅医療学・老年科学分野
名古屋大学未来社会創造機構
Effects of aerobic, resistance, or combined exercise training among older adults with subjective memory complaints: a randomized controlled trial(Journal of Alzheimer's Disease 2021年5月29日)
[mhlab]

関連トピック

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募

 ▶ 生活習慣

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月25日
【新型コロナ】ワクチンは接種から9ヵ月後も有効 3回目接種も必要 「迷わずすぐに接種を」
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート