一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

キーワード: 一無・二少・三多 がん 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる 「多接」多様なつながり 孤立・孤独 疲労(休養不足)

 がんの治療と仕事を両立している「がんサバイバー労働者」は、がんの既往のない労働者と比較して、主観的不健康や身体的機能の低下を訴える人の 割合が高いことが、国立がん研究センターなどの調査で明らかになった。
 一方で、男性のがんサバイバー労働者は、幸福感を感じる割合が高いことも示された。
 がんサバイバーに対し、就労復帰後も継続的に主観的健康感や身体的機能を向上させるためのサポートを行う必要性が示唆された。
がんから復帰して働いている「がんサバイバー労働者」は増えている
 国立がん研究センターと藤田医科大学の研究グループは、約5万4,000人の労働者を対象に、がんサバイバー(がん既往がある者)と既往症のない労働者の心身の状態について調査し、がんサバイバー労働者の主観的不健康、身体的機能の低下、抑うつ症状、幸福感を、がん既往のない労働者と比較した。

 今回の研究では、過去にがんにかかったことがあると回答し、また、現在、何らかの職業に就いていると回答した人を、「がんサバイバー労働者」と定義した。

 その結果、がんサバイバー労働者では、がん既往のない労働者に比べて、主観的不健康や身体的機能の低下を訴える割合が高いことが明らかになった。また、男性のがんサバイバー労働者では幸福感を感じる割合が高いことも分かった。

 がんサバイバーの就労復帰支援が政策として進められているが、就労復帰した後も継続的に主観的健康感や身体的機能を向上させるためのサポートを行う必要性が示唆された。

 この研究は、がん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスを構築するための研究「次世代多目的コホート研究(JPHC-NEXT研究)」(主任研究者:津金昌一郎・国立がん研究センター 社会と健康研究センター長)の成果で、研究成果は国際学術誌「Journal of Cancer Survivorship」に掲載された。 
就労しているがんサバイバーは、不健康、身体的機能の低下、抑うつ症状を感じやすい
 近年、がんサバイバーの就労支援が進められているが、就労していないがんサバイバーに比べて、就労しているがんサバイバーは、主観的不健康、身体的機能の低下、抑うつ症状を訴える割合が低いことが報告されている。

 しかし、がんサバイバー労働者の主観的不健康(自分の健康状態が良くないと思うこと)、身体的機能の低下、抑うつ症状、幸福感を訴える割合が、がん既往のない労働者と異なるかについては報告が少ない。

 そこで研究グループは、がんサバイバー労働者の主観的不健康、身体的機能の低下、抑うつ症状、幸福感を、がん既往のない労働者と比較した。

 対象となったのは、2011〜2016年に、「次世代多目的コホート研究」の対象地域(秋田、岩手、茨城、長野、高知、愛媛、長崎など)に在住しており、研究に同意した40〜74歳の約11万5,000人のうち、アンケートで労働者であると回答した40〜65歳の約5万4,000人(男性2万8,311人、女性2万6,068人)。

 がんの既往がある(がんサバイバー)と答えた労働者は、男性977人(3.5%)、女性1,267人(4.9%)だった。がんの部位として多かったのは男性では胃(26%)、大腸(22%)、前立腺(14%)、女性では乳(38%)、大腸(9%)、胃(8%)だった。
がんから生き延びたことに加えて、働けていることに幸福感を感じる
 その結果、男女とも、がんサバイバー労働者では、がん既往のない労働者に比べて、主観的不健康を訴える割合と、身体的機能の低下があると答えた割合が、統計学的に有意に高いことが明らかになった。

 一方、抑うつ症状がある人の割合は、がんサバイバー労働者とがん既往のない労働者との間に違いはみられなかった。幸福感を感じる割合は、がんサバイバー労働者では、がん既往のない労働者と比べて、男性で統計学的に有意に高いことが分かった。女性では違いはみられなかった。

 今回の研究では、がん既往のない労働者に比べて、がんサバイバー労働者では、主観的不健康や身体的機能の低下を訴える割合が高いことが明らかになった。日本やノルウェーの比較的小規模な研究でも同様な結果が報告されている。

 先行研究では、さまざまながん治療が身体的機能の低下をもたらすことが報告されており、今回の研究でも、身体的機能の低下をがんサバイバー自身で感じていることが反映された結果と考えられる。

 また、先行研究では、男性は就労して稼ぎ手となることに幸福感を感じるという報告があり、今回の研究でも、男性のがんサバイバー労働者が幸福感を感じる割合が高いことが分かった。

男性がんサバイバーはがんから生き延びたことに加えて、就労していることに幸福感を感じやすい
主観的不健康や、身体的機能の低下があると答えた割合は、男女とも有意に高い

出典:国立がん研究センター、2021年
就労復帰した後も継続的なサポートが必要
 「男性がんサバイバーは、がんから生き延びた幸福感に加えて、就労していることに幸福感を感じていることを示していると考えられます。がんサバイバーの就労復帰が政策として進められていますが、就労復帰した後も継続的にがんサバイバーに対して、主観的健康感や身体的機能を向上させるためのサポートを行うことが必要です」と、研究者は述べている。

 また、「今回の研究では、がんの部位やがんを罹患してからどれくらい経過しているかを考慮した分析ができていないなどの限界があり、今後もさらなる研究が必要です」としている。

多目的コホート研究「JPHC Study」
次世代多目的コホート研究「JPHC NEXT」
Working cancer survivors' physical and mental characteristics compared to cancer-free workers in Japan: a nationwide general population-based study(Journal of Cancer Survivorship 2021年1月12日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年03月11日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年10月07日
良い睡眠は糖尿病のコントロールを良くするために必要 睡眠を改善するための5つの方法
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
2021年03月11日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年05月11日
孤独・孤立と生活習慣病―健康には社会的接点が不可欠!
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
母乳育児は母親の「産後うつ」を抑制 授乳時の赤ちゃんに対する働きかけにも効果 目を見て話しかけることが大切

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募

生活習慣 ▶ 孤立・孤独

2021年11月25日
孤独は糖尿病のリスクを高める? コロナ禍で1人で食事をする人が増加 孤独が苦痛なら社会的交流を
2021年08月05日
【健やか21】「令和3年版厚生労働白書」の公表について(厚生労働省)
2021年05月11日
孤独・孤立と生活習慣病―健康には社会的接点が不可欠!
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート