一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

女性の月経周期や基礎体温は年齢により変化 高温期も年齢により変化 日本人女性31万人を調査

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 「無煙」喫煙は万病の元 「少酒」お酒はほどほどに 「少食」食事は腹7~8分目 女性の健康 疲労(休養不足) 身体活動・運動不足

 日本人女性31万人、600万月経周期のビッグデータを解析した研究で、女性の平均月経周期は23歳でもっとも長く、45歳にかけて徐々に短くなり、その後また長くなる年齢変化があることが明らかになった。
 また、基礎体温は低温期が年齢によらず一定である一方、高温期が年齢により変化し、30代でもっとも高いことも分かった。
 1人ひとりの女性が妊娠・出産・子育てのライフステージを考えていく際、自分自身の月経周期や基礎体温の状態をより正しく把握するために役立つ情報となる。
現代の日本人女性にとって基盤となる情報
 日本人の女性の月経周期や基礎体温についての基盤的な情報をアップデートする研究を、東京医科歯科大や国立成育医療研究センターなどが発表した。

 女性の健康情報サービス「ルナルナ」を用いて、日本人女性31万人、600万月経周期のビッグデータを解析した、世界的に前例のない大規模な研究になった。

 研究成果は、世界でもっとも権威ある産婦人科の国際医学雑誌のひとつである「Obstetrics & Gynecology」オンライン版で発表された。

 ヒトの月経周期や基礎体温は、ホルモンによって制御されている。また、基礎体温は排卵が行われた後に分泌される女性ホルモンである「プロゲステロン」の作用を受けて上昇するため、基礎体温を毎日測定することで、排卵しているかどうかを推測できる。

 現在、広く知られている月経周期や基礎体温の平均値や個人差、年齢変化に関する知識は、1950年代の研究調査にもとづいたものだ。これらの知見が得られた時代の環境(食生活・生活習慣・教育水準)は現代とは大きく異なり、現代の日本人女性にとって基盤となるようなデータはこれまでなかった。

 研究は、東京医科歯科大学周産・女性診療科の辰巳嵩征助教(茨城県小児周産期地域医療学講座)と、国立成育医療研究センター分子内分泌研究部の鳴海覚志室長、社会医学研究部の森崎菜穂室長、三瓶舞紀子研究員らと、エムティーアイが共同で行ったもの。
日本人女性31万人のビッグデータを解析
 研究グループは今回、女性向けの健康情報サービス「ルナルナ」を通じて記録された日本人女性31万人、600万月経周期のビッグデータを解析し、月経周期、基礎体温と年齢、季節の関係を調査した。

 また、均一な人種背景・生活習慣・教育水準をもちながら、国土が南北に長い日本の特徴を活かして、気候と月経周期、基礎体温の関係を検討した。

(1) 月経周期と基礎体温の年齢変化

 その結果、研究対象者の平均月経周期は10代から20代にかけ徐々に長くなり、23歳で平均30.7日ともっとも長くなった。その後、30代から40代前半にかけ徐々に短縮し、45歳で平均27.3日ともっとも短くなり、以降は再び長くなった。

 基礎体温について、「卵胞期」の平均体温は年齢変化がなく、36.4度でほぼ一定だった。一方、「黄体期」の平均体温は、10代から20代後半にかけて徐々に上昇し、29歳で36.7度まで上昇した後、30代では安定し、42歳を過ぎると下降することが分かった。

 「卵胞期」は、基礎体温の低温期にあたる、卵巣で排卵に向けて卵胞が発育していく時期。

 一方、「黄体期」は、基礎体温の高温期にあたる。排卵後卵巣で黄体が形成され、プロゲステロンが分泌される。黄体期がなく基礎体温が一相性の場合には、排卵していない可能性が高いと考えられる。

 さらに、地域ごとの気候が月経周期や基礎体温へ与える影響を加味した、より厳密な検討を行い、これらの年齢変化の妥当性を確認した。

年齢による月経周期日数・卵胞期体温・黄体期体温の変化
月経周期・黄体期体温は年齢により大きな変化を示す。卵胞期体温は年齢によらず一定の値を示す。実線は5%trim平均、破線は標準偏差。

(2) 月経周期、基礎体温と季節の関係

 月経周期は季節による変動はなかったが、基礎体温は「卵胞期」「黄体期」ともに季節変動を示し、夏に高く、冬に低くなることが明らかになった。

季節による月経周期日数・卵胞期体温・黄体期体温の変化
各々の暦月における月経周期日数・卵胞期・黄体期体温の人数分布を色で表現したヒートマップ。より赤いほど人数が多く、より青いほど人数が少ない。月経周期日数は季節によらず一定の人数分布を示す。卵胞期体温・黄体期体温は季節による変化を示し、夏には高く冬には低い傾向がみられる。

(3) 気温・降水量・日照時間と基礎体温

 研究グループは、基礎体温の季節変動に関わる要素をより厳密に調べるために、北海道と沖縄の気温・降水量・日照時間と、それぞれに居住する女性の基礎体温との関連を調べた。その結果、気温と基礎体温の間に相関関係があることが分かった。

暦月における平均外気温と卵胞期体温
北海道および沖縄の平均外気温と、それぞれに居住する女性の卵胞期体温の比較。両地域の平均外気温と相関するような卵胞期体温の季節性変化が示される。
女性が活躍しやすく子どもを産みやすい社会の実現を目指して
 現代の女性をとりまく環境やライフスタイルは1950年代と比べて大きく変化し、初婚年齢は29歳を超え、第一子を出産する年齢も上昇している。

 今回の研究では、卵巣の中の卵子の個数が年齢とともに減っていくように、月経周期も変化していくことが明らかになった。

 また、日本人女性の月経周期や基礎体温について、年齢を考慮した平均値と個人差の幅がはじめて示された。

 「これらのデータは、それぞれの女性が自分の月経周期・基礎体温の状態が標準的なのか、あるいは標準から離れているのかを考える上で目安とすることができます。このことは、過剰な不安を取り除き、また月経不順や妊娠しにくさについての医療受診を適切なタイミングで行う上で役立つことが期待されます」と、研究グループは述べている。

 研究グループは現在、月経周期により詳しい個別データと生物学的データを結びつけた「ユーザー参加型研究」を行っており、女性の社会経済的状況がこころやからだの健康を通して、月経不順や妊娠にどのような影響を与えるかを調べている。

 「今後も、女性が活躍しやすく子どもを産みやすい社会を実現するために役立つ、質の高いエビデンスの創出を目指します」としている。

東京医科歯科大学 医学部附属病院 周産・女性診療科
国立成育医療研究センター
エムティーアイ
日本医療研究開発機構
Age-dependent and seasonal changes in menstrual cycle length and body temperature based on big data(Obstetrics & Gynecology 2020年9月11日)
Age-Dependent and Seasonal Changes in Menstrual Cycle Length and Body Temperature Based on Big Data(Obstetrics & Gynecology 2020年10月)
女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise
[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年10月07日
良い睡眠は糖尿病のコントロールを良くするために必要 睡眠を改善するための5つの方法
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年10月08日
11月10日〜16日はアルコ―ル関連問題啓発週間です。飲酒と健康に関する講演会は誰でも視聴可能!
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

テーマ ▶ 女性の健康

2021年10月08日
【健やか21】発達障害ナビポータルの開設について(厚生労働省、文部科学省など)
2021年10月01日
【健やか21】「食品による窒息 子どもを守るためにできること」チラシを公開(日本小児科学会)
2021年09月24日
【健やか21】令和3年度産後ケア事業 事例集の掲載について(厚生労働省)
2021年09月16日
【健やか21】国内最大の新型コロナウイルス感染症レジストリを使って“小児コロナ患者”の実態を解明(国立成育医療研究センター)
2021年09月10日
【健やか21】不妊になるって本当?妊娠中でも大丈夫?女性のための新型コロナワクチン(mRNAワクチン)解説(厚生労働省)

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート