一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

夏場にマスクを着用して運動すると熱中症の危険が 「マスクをはずして休憩を」と呼びかけ

キーワード: 一無・二少・三多 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 「多休」休養をしっかりとる 疲労(休養不足) 身体活動・運動不足

 新型コロナウイルス感染症に対策するために、多くの人がマスクを使い続けている。しかし、夏場のマスクは熱中症のリスクを高めるので注意が必要だ。
 マスクを着用して運動をするときは、「身体に負担がかかるので、マスクをはずして休憩することも大切」と、専門家は注意を呼びかけている。
夏場にマスクを着用すると熱中症のリスクが上昇
 夏場にマスクを着用していると、熱中症のリスクが上昇するので、注意が必要になる。

 気象庁によると今年の夏は気温が平年並みか高めになる。熱中症のリスクが高まると考え準備しておくことが大切だ。

 とくに高齢者や乳幼児、糖尿病などの基礎疾患をもつ人は、熱中症のリスクが上昇しているおそれがある。

 今年の夏に向けて、スポーツ用品メーカーなどが、通気性にも配慮したマスクを相次いで発売しており、接触冷感のマスクの開発も行っている。

 しかし、そうしたマスクで熱中症をどれだけ防げるか、確かなことはまだ分かっていない。
マスクをしていると身体を冷やすのが難しくなる
 ヒトは、気温が高くなり体内に熱がこもるようになると汗をかき、呼吸をして冷えた空気を体内に取り込むことで熱を発散し、体温調節を行っている。

 しかし、マスクをしていると自分の呼吸により温められた空気しか入ってこないため、呼吸で身体を冷やすことが難しくなる。また、顔の半分ほどがマスクで覆われることで、熱がこもりやすくなる。

 さらに、マスクによる加湿で口の渇きを感じにくくなるため、熱中症に気づくのが遅くなり、とくに高齢者では熱中症になるリスクは高まると考えられている。
マスク着用により低酸素環境に
 マスク着用下で運動をすると、呼吸障害が引き起こされ、熱中症を起こしてしまうおそれがある。

 マスク装着し運動した人は、心拍数、呼吸数、二酸化炭素が増加し、顔面の温度が2℃近く上昇したという報告もある。

 マスク着用時の運動により、めまいや頭痛、血圧の上昇など、高地トレーニングのような症状が起こるおそれがあるという研究も報告された。

 英国のハートフォードシャー大学のリンゼイ ボトムズ氏は運動生理学を専門としている。

 ボトムズ氏らは、運動時のマスク着用の有無で、二酸化炭素濃度や酸素濃度がどのように変化するのかを調べるために、ランニングマシンで時速10kmの速度で3分間走り、呼吸がどう変わるかを確かめる実験を行った。
高地トレーニングのような症状が
 その結果、大気中の酸素濃度は海抜0メートルで21%程度だが、フェンシング用マスクの下にマスクを着用して走ると、酸素濃度は17%にまで低下した。

 これは、海抜1,500m地点での高地トレーニングに近い状態で、心臓や心血管系の負荷が高まり、血圧も高くなるという。

 運動は筋肉の収縮により行われ、代謝産物として二酸化炭素、乳酸、そして熱が生じる。

 「マスクを付けて運動をしていると、二酸化炭素の排出がマスクによって遮られ、呼吸数や心拍数が増え、高地トレーニングに似た低酸素環境になり、身体により負荷をかけてしまうるおそれがあります」と、ボトムズ氏は言う。

 中国では10代の少年2人がマスクを着用して体育の試験を受け、おそらく熱中症を起こし、1週間以内に亡くなったという報道がある。

 「ウォーキングなど低強度から中強度の運動であれば、マスクを使用しても、少し息が苦しくなることがあっても、快適に歩けるかもしれません」と、ボトムズ氏は指摘する。

 「しかし、マスクを着用する場合には強い負荷の運動や作業を避けるべきです。高温や多湿の環境下では、ときおりマスクを外して、心拍数を整える必要があります」。
マスクをはずして休憩することも大切
 今年は外出を自粛し、家で過ごした時間の多い人が多く、屋外の暑さに慣れておらず、マスクをつけて外出することで体調を崩す可能性もある。

 熱中症を予防するために、▼こまめに水分を摂ること、▼室内では冷房を活用し、室内を涼しくすることが重要だ。

 日本救急医学会や日本感染症学会など4学会は、「マスク着用により、身体に負担がかかりますので、適宜マスクをはずして休憩することも大切です」と注意を呼びかけている。

 「ただし感染対策上重要ですので、はずす際は身体的な距離(フィジカル ディスタンシング)に配慮し、周囲環境などに十分に注意を払って下さい」としている。
気が付いたら熱中症になっていたというケースも
 水分はこまめにゆっくりと摂ることも必要で、のどが渇いたときに水分を摂っていると、気が付いたら熱中症になっていたというケースもある。

 のどの渇きを感じにくい高齢者や自分で喉の渇きなどを訴えにくい乳幼児も積極的に水分を摂ることが大切だ。

 また、ウイルスへの感染を防ぐため室内を換気する際は気温が上がらないようカーテンなどで直射日光を避け、エアコンをこまめに使ってほしいとしている。

 本格的な夏を迎える前に、暑さに体を慣らしておくため、気温が下がる時刻に外を散歩したり、家の中で立ち上がって足踏みをする、スクワットをする、体操をするなどして、徐々に体を慣らしておくのも効果的だ。

 気象情報をしっかりとチェックし、自分の体調を知っておくことも大切。とくに1人暮らしの高齢者などは屋内で熱中症になることが多いため、周囲の人が頻繁に声をかけることも求められている。

熱中症予防×コロナ感染防止 厚生労働省と環境省が公開しているポスター

Why it could be dangerous to exercise with a face mask on(ハートフォードシャー大学 2020年6月15日)
新型コロナウイルス 感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言(日本救急医学会 2020年6月1日)
[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年10月07日
良い睡眠は糖尿病のコントロールを良くするために必要 睡眠を改善するための5つの方法
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
2021年03月11日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート