一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「ダンス」には認知機能を改善する効果がある 認知症予防の運動プログラムを開発

キーワード: 一無・二少・三多 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 認知症 身体活動・運動不足

 運動は高齢者にとって、認知症リスクを減らす効果的な方法と考えられている。
 多くの研究で、手や足の運動をコーディネートする運動法である「コーディネーション・エクササイズ」が効果的であることが示されている。
 ダンスは代表的な「コーディネーション・エクササイズ」だ。ダンスが高齢者の認知機能の向上に効果的という研究も発表されている。
体と心に同時に働きかけるコーディネーション・エクササイズ
 「コーディネーション・エクササイズ(Coordination Exercises)」は、手や足の運動をコーディネート(組み合わせて調整)し、コントロールする運動法。身体に加えて神経系にも働きかけられると考えられている。

 リズムに合わせて左右手足で異なる動きしたり、身体活動に複雑な動きを取入れることで、▼筋力、▼柔軟性、▼識別や定位、▼反応、▼バランス、▼リズム、▼スピードなど多くの能力を刺激できる。

 さまざまな動きを体験して、その感覚を組み合わせ、状況に応じて体の動きや力の加減などを調整することで、効果的な動作ができるようになる。

 日本では「コーディネーション・エクササイズ」が、小児期の子供の運動能力と知能の発達を促す効果があるとして注目されてきたが、最近の研究では高齢者にとっても有用と考えられている。
ダンスは代表的なコーディネーション・エクササイズ
 運動は高齢者にとって、認知症リスクを減らす効果的な方法であることが知られている。しかし、認知症の発症や進行を抑えるためには、運動プログラムを調整する必要がある。

 高齢者に有酸素運動や筋力トレーニングのみを行ってもらった英オックスフォード大学などの研究は、週2回の運動を4ヵ月続けることで、高齢者の体力は向上するものの、思考スキルや行動の改善は得られないという結果になった。

 一方、ダンスは代表的なコーディネーション・エクササイズと考えられている。ダンスには、外部から得た情報を素早く反応・判断し、それに対して適切に体を動かす能力が必要とされる。さらに観客がいる前でダンスをすることは、社会的交流の要素も多く含む。
ダンスは認知機能の改善により効果的
 メタボリックシンドロームは認知障害のリスクを上昇させることが知られている。韓国のカトリック大学校などが、メタボリックシンドロームのある38人の高齢者を対象に行った研究で、ダンスに週に2回、6ヵ月取り組んだ群は、ダンスを行わなかった群に比べ、認知機能がより改善していた。

 とく言葉の流暢さ、単語リストの想起遅延、単語リストの認識、認知症テストのスコアの向上がみられた。「ダンスを取り入れた運動プログラムが認知障害の予防と治療に効果的である可能性がある」と研究者は述べている。

 また、ドイツ神経変性疾患センターの研究では、26人の平均年齢68歳の高齢者に運動に毎週18ヵ月取り組んでもらった。参加者を、主にサイクリングやノルディックウォーキングなどの反復運動を行う群と、ダンスを中心とする運動を行う群に分けて比較した。

 ダンス群には毎週新しいことに挑戦してもらった。研究クループは、身体活動にもとづきメロディーやリズムを生成するセンサーベースのシステムを開発した。ステップや腕のパターン、構成、スピード、リズムなどが毎回変化するようにプログラムを組んだ。

 その結果、どちらの群も記憶、学習、バランスを制御する脳の海馬領域が増加したが、ダンス群ではとくに行動面での大きな改善がみられ、脳のアンチエイジング効果が高いことが示された。

 ニュージーランドのオタゴ大学の研究でも、運動プログラムにダンスを取り入れることで、記憶や気分に改善がみられ、社会的相互作用が向上し、認知症の高齢者の生活の質を向上させる効果を得られることが判明している。
認知機能を改善させる運動プログラムを開発
 筑波大学教育推進部の紙上敬太准教授らの研究では、「コーディネーション・トレーニング」は認知機能の改善効果が高いことが示されている。研究成果は、科学誌「Nature Human Behaviour」に掲載された。

 ウォーキングや筋力トレーニングなどの運動を習慣として行うことで、認知機能を改善できることは、過去30年間の多くの研究で確かめられている。

 しかし、「どのような運動が認知機能の改善に効果的なのか?」「どれくらいの運動が必要なのか?」「性別や年齢によって、運動が認知機能に与える効果は異なるのか?」などは不明だった。

 そこで研究グループは、この疑問点に応えるため、過去30年間に行われた健常者に焦点を当てた80件のランダム化比較試験を対象にメタ分析を行った。
コーディネーション・トレーニングは認知機能の改善効果が高い
 その結果、以下のことが明らかになった――。

(1)運動の種類にかかわらず、運動を習慣として行うと、認知機能を改善できるが、その効果は有酸素トレーニングや筋力トレーニングよりも、「コーディネーション・トレーニング」で大きい。

(2)比較的長時間(60〜90分)の運動を長期間(22週間以上)継続すると、運動が認知機能に与える効果は高まる。

(3)認知機能の改善には、男性の場合は、徐々に強度を上げていく漸進性トレーニングが適しており、女性の場合は、漸進性をない低強度〜中強度のトレーニングが適している。

(4)運動が認知機能に与えるポジティブな効果は、年齢にかかわらず認められる。

 この研究では、「コーディネーション・トレーニング」の効果が大きいことが示されたが、これは研究間の比較から得られた結果だ。「コーディネーション・トレーニング」に注目した研究はまだ少ないという現状がある。そのため「複数の種類のトレーニング効果を直接比較するランダム化比較試験が必要」と、研究者は述べている。

 「認知機能は身体的・精神的健康、QOL(生活の質)、学力、キャリアなど、我々の生活のあらゆる側面に関わる重要なものです。今後、本研究成果をもとに、認知機能を改善させる運動プログラムが開発されることが期待されます」としている。

運動の種類の違いによる効果量
コーディネーショントレーニングの効果が他のトレーニングの効果よりも大きいことが示された。平均効果量(真ん中の線)と95%信頼区間(上と下の線)を示している。円はそれぞれの研究を示しており、円の大きさはそれぞれの研究における実験参加者数を示している。「ミックス」は2種類以上のトレーニングを組み合わせたトレーニングを意味する。
出典:筑波大学、2020年

Exercise 'doesn't slow' progression of dementia(国民保健サービス 2018年5月17日)
Effect of Dance Exercise on Cognitive Function in Elderly Patients with Metabolic Syndrome: A Pilot Study(Journal of Sports Science and Medicine 2011年12月1日)
Dancing can reverse the signs of aging in the brain(ドイツ神経変性疾患センター 2017年8月25日)
Dancing or Fitness Sport? The Effects of Two Training Programs on Hippocampal Plasticity and Balance Abilities in Healthy Seniors(Frontiers in Human Neuroscience 2017年6月15日)
Positive effect of music and dance on dementia proven by New Zealand study(オタゴ大学 2019年8月8日)
The Effects of Intuitive Movement Reembodiment on the Quality of Life of Older Adults With Dementia: A Pilot Study(American Journal of Alzheimer's Disease & Other Dementias 2019年7月14日)
New study suggests exercise is good for the aging brain(アイオワ大学 2019年8月26日)
Acute Exercise Effects Predict Training Change in Cognition and Connectivity(Medicine & Science in Sports & Exercise 2020年1月)
Systematic review and meta-analysis investigating moderators of long-term effects of exercise on cognition in healthy individuals(Nature Human Behaviour 2020年3月30日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
魚を食べる人は認知症になりにくい 魚の摂取量が多いと認知症リスクが61%低下
2021年03月11日
「食と認知機能」についての意識調査 医療従事者の8割が食事による認知機能の改善を期待 8割は「認知症は理解されていない」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート