一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

【新型コロナウイルス】「ピラティス」が肥満や高血圧の人に良い 室内で続けられる運動

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 一無・二少・三多 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 若い世代で人気のあるピラティスによる体幹トレーニングは、肥満のある人にも効果的で、血圧を下げ、動脈硬化を改善できることが明らかになった。
 ピラティスは血管機能を改善し、体脂肪を減らすのに役立つという。
ピラティスで運動不足を解消
 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、外出の自粛やリモートワークが要請されている。動かないことが続き、運動不足になっている人が多い。

 室内でできる運動であれば、運動不足を解消でき、身体機能の低下を防ぐことができる。

 マット1枚があれば自宅の室内で行える「マットピラティス」が効果的である可能性がある。

 ピラティスは、リハビリ用にドイツで開発された運動を発展させたもので、体幹を安定させたり、柔軟さを高めることに重点を置いている。

 体に大きな負担をかけることなく、体幹筋(腹筋と背筋)や大腿四頭筋などを鍛える動作も含まれている。

 呼吸に合わせてゆっくりと体を動かすことで、体の左右のアンバランスやゆがみを整え、姿勢を改善し、バランス感覚を高める効果も期待できる。

PsycheTruthが紹介している室内でできるピラティス
運動が嫌いの人もピラティスであれば続けられる
 マットの上で行う「マットピラティス」は、室内でも簡単に行え、特別な器具も必要としない。初心者でも手軽に始められる運動として人気がある。

 一方で、若年成人の肥満の増加は深刻な公衆衛生上の問題になっている。

 運動が心血管疾患などの深刻な健康障害を予防・改善するために効果的であることは多くの研究で示されている。

 しかし肥満の人は、有酸素運動や筋力トレーニングなどの一般的な運動を、なかなか習慣として続けられないことが知られている。

 米国のメリーマウント大学の研究チームは、ピラティスであれば続けてもらえるかもしれないと考え、若い肥満の女性を対象に実験を行った。

 研究チームは、慢性疾患の既往歴がなく、血圧が高値であり、BMI(体格指数)が30〜40で肥満と判定された、19〜27歳の女性28人に参加してもらった。

 参加者を、運動を行う群と、運動を行わない群にランダムに分け、運動を行う群には12週間のマットピラティスに取り組んでもらった。

 運動は週に3回、1時間(ウォームアップとストレッチが10分、マットピラティスによるエクササイズが40分、クールダウンが10分)のトレーニングを行った。マットピラティスの認定インストラクターがすべてのセッションを指導した。
ピラティスにより高血圧や動脈硬化が改善
 その結果、マットピラティスにより、血圧が有意に低下し、動脈硬化の検査値も改善した。

 ピラティス群では対照群と比べて、トレーニング終了時までに、末梢の収縮期血圧(SBP)が5mmHg、中心のSBPが6mmHg低く、体脂肪率も2%低くなった

 全身の動脈硬化の指標である上腕足首脈波伝播速度(baPWV)と脈波増大係数(AIx)も有意に改善した。

 研究結果の詳細は医学誌「American Journal of Hypertension」に掲載された。
糖尿病や高血圧の人にも効果がある
 「マットピラティスが、肥満で高血圧のある女性の、血圧、動脈硬化、体脂肪を改善することで、心血管の健康にベネフィットをもたらすことが示されました」と、米国のメリーマウント大学健康・人間行動学部のアレクセイ ウォン氏は言う。

 「肥満の人は、有酸素運動やレジスタンス運動をなかなか続けられないことが課題になっています。マットピラティスによるトレーニングであれば、肥満のある人も続けられ、高血圧や心血管イベントを予防するための効果的な運動になる可能性があります」と、ウォン氏は指摘している。

 マットピラティスは、自分の体力に合わせて、初心者から上級者レベルまで運動強度を自由に変えられる。ペンシルバニア州立大学は、糖尿病や高血圧、腰痛などの慢性疾患にも有用と報告している。

 米国ではピラティスの人気が高まっており、健康的な運動習慣として普及している。2018年には900万人が行っていたと推定されており、歌手のビヨンセや女優のエマ ストーンといった有名人も愛好しているという。

Study finds that Pilates significantly improves blood pressure in young, obese women(オックスフォード大学出版 2020年4月1日)
Study finds that Pilates significantly improves blood pressure in young, obese women(American Journal of Hypertension 2020年4月1日)
The Medical Minute: Just say 'om' -- how yoga and Pilates benefit beginners(ペンシルバニア州立大学 2020年4月18日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート