一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

長時間座ったまま仕事をすると、がんのリスクが上昇する リモートワークで運動不足の人は要注意

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 一無・二少・三多 糖尿病 がん 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 長時間座ったまま仕事をしていると、がんのリスクが上昇するという、3万人超の日本人を対象とした研究が発表された。運動不足により「インスリン抵抗性」や「慢性炎症」が亢進しやすくなるという。
 リモートワークで運動不足になっている人にとっては気になる結果だ。
長時間座ったまま仕事をして運動不足に
 新型コロナウイルスの影響により、各地でリモートワークが推進されている。移動時間が減るなどのメリットがある一方で、家から一歩も出ないで過ごすという人も少なくなく、運動不足が懸念される。

 リモートワークで運動不足になっている人にとって、気になる研究が発表された。長時間座ったまま仕事をすると、がんのリスクが上昇するというものだ。

 これまでの研究でも、身体活動量が高い人ほど、がんになるリスクが低下することが示されている。とくに、高齢者や、休日などに運動やスポーツをする頻度の高い人では、がんになりにくことが分かっている。

 運動をすることで、男性では、結腸がん、肝臓がん、膵臓がん、女性では胃がんなどのリスクが低下するという報告がある。
日本人は座ったまま仕事をする時間が長い
 仕事中の座位時間が長い日本人は、がんの発症リスクが上昇する傾向があることが、3万3,000人以上を対象とした大規模調査で明らかになった。

 近年、日常生活の中で長時間座っていることが健康に与える影響について関心が高まっている。複数の研究をまとめたメタ解析では、仕事の座位時間が長いと、ふだん適度に運動をしていても、がんのリスクが高くなることが報告されている。

 しかし、座位時間が長く、その中でも仕事中の座位時間が占める割合が多いと報告されている日本人については、仕事中の座位時間とがん罹患リスクについては調べられていない。

 そこで研究グループは、日本人を対象に、職業性の座位時間とがん罹患との関連を調査した。研究成果は、医学誌「Cancer Science」に掲載された。
仕事中に座ったままの時間が長いと、がんリスクが上昇
 国立がん研究センターが中心となり実施されている「JPHC研究」は、日本人を対象に、さまざまな生活習慣と、がん・2型糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究。

 対象となったのは、JPHC研究に参加した、2000年と2003年に国内の10保健所の管轄地域(岩手、秋田、長野、沖縄、茨城、新潟、高知、長崎、大阪)に在住していた、がんや循環器疾患にかかっておらず、アンケートに回答した50〜74歳の3万3,307人2013年まで追跡調査を行った。

 仕事中の座位時間を、「1時間未満」「1〜3時間未満(基準)」「3〜5時間未満」「5〜7時間未満」「7時間以上」の5つのグループに分け、平均約10年間の全てのがん罹患との関連を調べた。

 さらに、胃、食道、大腸、結腸、直腸、肝臓、膵臓、肺、腎臓、膀胱、前立腺、乳房、子宮体部における部位別のがんの発症についても調べた。分析にあたって、年齢、地域、肥満度、喫煙、飲酒、余暇の身体活動、糖尿病の有無などを統計学的に調整し、これらの影響をできるだけ取り除いた。

 その結果、男性では、統計学的に有意ではないものの、職業性座位時間が長いほど、がん全体の罹患リスクが高くなる傾向がみられた。部位別にみると、座位時間が長いほど男性の「膵臓がん」の罹患リスクが高いことが示された。

 また、統計学的に有意ではないが、1時間未満を基準としたときに、職業性座位時間が長いほど男性の「結腸がん」のリスクが高い傾向がみられた(傾向性p=0.06)。

 一方、女性では、職業性座位時間が長いほど、「肺がん」の罹患リスクが高いという関連がみられた。

運動不足で「インスリン抵抗性」や「慢性炎症」が亢進
 今回の研究では、職業性座位時間が長いことは、男性の膵臓がん、女性の肺がんリスクが高いことと関連する可能性が示唆された。

 その理由として、血糖を下げるインスリンが体で効きにくくなる「インスリン抵抗性」や、がん細胞を増やしやすくする「慢性炎症」が考えられる。内臓脂肪型肥満や運動不足などは、これらが進行するのを促すことが分かっている。

 身体活動の低下によるインスリン抵抗性の促進や慢性炎症などが、がん全体の共通したリスクになり、とくにインスリン抵抗性と関連の深い膵臓がんでリスクが上昇した可能性が考えられる。

 また、女性の肺がんについては、職場における肺がんのリスク要因と報告されている受動喫煙などの影響があった可能性も考えられるという。

 男性では、結腸がんのリスクが高くなる可能性も示された。欧米の研究で、職業性座位時間が長いと、肥満を介して結腸がんのリスクになることが報告されており、今回の結果は、欧米の研究ほどはっきりとした結果はみられなかったが、日本人でも関連がある可能性を示している。

 研究グループは今後の研究で、職業性座位の継続時間や中断時間など、座位行動の詳細まで調べた調査が必要で、また現在では職業性座位時間の長い女性も増えており、女性を対象とした詳細な調査も必要としている。
立ち上がって体を動かすことが大切
 厚生労働省の「健康づくりのための身体活動基準2013」では、▼ウォーキングやそれと同等以上の強度の身体活動を毎日60分行い、▼息がはずみ、汗をかくくらいの運動を週に60分程度行うことが推奨されている。

 すべての世代に、「現在の身体活動量を少しでも増やすこと」「運動習慣をもつようにすること」が推奨されているが、とくに65歳以上の高齢者では「強度を問わず、身体活動を毎日40分行うこと」が勧められている。

 座ったまま過ごす時間が毎日長く、運動不足が気になっている人は、10分でも時間をみつけて、立ち上がって体を動かすことを心がけた方が良い。

多目的コホート研究(JPHC Study) 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ
Occupational sitting time and subsequent risk of cancer: The Japan Public Health Center‐based Prospective Study(Cancer Science 2020年1月11日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年03月11日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2021年12月22日
ウォーキングなどの運動は糖尿病を改善する「魔法の薬」 運動を増やして、座ったままの時間は少なく
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート