一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる

キーワード: 二少(少食・少酒) 脂質異常症(高脂血症) 一無・二少・三多 肥満症/メタボリックシンドローム

 富山大学の研究グループが、和食の普及を後押しするような研究を発表した。妊娠中に味噌汁を飲むことの多かった女性から生まれた子供は、あまり飲まなかった女性の子供に比べて、睡眠不足になりにくいことが分かった。
和食の普及を後押しする研究
 2013年にユネスコの無形文化遺産に登録され、和食の人気が高まっている。和食の特長は、腸内の善玉菌を増やす食物繊維が豊富なことや、食材が多様で栄養バランスに優れること、味噌などの発酵食品が多いことなど。

 富山大学の研究グループが、和食の普及を後押しするような研究を発表した。妊娠中に味噌汁を飲むことの多かった女性から生まれた子供は、あまり飲まなかった女性の子供に比べて、睡眠不足になりにくいことが分かった。

 研究は、富山大学医学部公衆衛生学講座の杉森成実氏らの研究グループによるもので、詳細は「PLOS ONE」に掲載された。2010年度より全国10万組の親子を対象に行われている大規模な調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の成果だ。
概日リズムが腸内細菌叢の影響を受ける
 人は通常、毎日決まった時間に起床・就寝し、おおむね一定のリズムで生活している。このリズムを「概日リズム(体内時計)」と呼ぶ。概日リズムは、日光を浴びる時間帯や食事の影響を受けやすいことが知られている。

 幼少期に概日リズムが乱れて睡眠不足に陥ると、体の発達、とくに肥満に影響することが知られている。子供の概日リズムに影響を及ぼす要因については、さまざまな角度から研究が行われている。

 一方、発酵食品の摂取が、腸内細菌叢に影響を与え、健康維持に役立つ可能性があることも分かってきた。母親の腸内細菌は子供に受け継がれ、妊娠中の発酵食品の摂取が子供の発達や生活習慣に影響を及ぼす可能性がある。さらに近年では、概日リズムが腸内細菌叢の影響を受けることも報告されている。

 こうしたことから、研究グループは今回の研究で、妊娠中の発酵食品の摂取が、生まれてきた子供の睡眠時間にどう影響するかを調べた。エコチル調査に参加した7万2,624組の母子を対象に、子供が1歳の時点での睡眠不足について調査した。
味噌汁の摂取量が多い母親では睡眠不足の子が少ない
 妊娠中の発酵食品の摂取状況については、食事の摂取頻度に関する調査票により、味噌汁、ヨーグルト、チーズ、納豆について回答してもらった。また、子供の睡眠時間については、1日11時間未満を「睡眠不足」と定義した。対象を、妊娠中の味噌汁の摂取量で4群に分け、子供の睡眠不足との関連を解析した。

 その結果、味噌汁の摂取量が多い群では、少ない群に比べ、睡眠不足の子が少ないことが明らかになった。子供が睡眠不足になるリスクは、味噌汁の摂取量がもっとも少なかった群(10g/日)に比べ、1日に32.1gを摂取した群で8%、88.4gを摂取した群で13%、225gともっとも多かった群で8%、それぞれ低下した。

 一方、ヨーグルト、チーズ、納豆では、摂取量と睡眠不足との間に関連は認められなかった。
味噌汁など発酵食品を食べると腸内細菌が変わる
 富山大学は、早産リスクの低い日本人女性が、妊娠前に味噌汁やヨーグルト、納豆などの発酵食品を食べる頻度が高いと、妊娠34週未満の早期早産になりにくいという調査結果も発表している。早産となった女性とそうではない女性とでは腸内細菌の組成が異なることを報告している。

 「今回の研究が示された結果は、これまでにない新規性の高いものです」と、研究グループは評価。一方で、「妊娠中に飲んだ味噌汁の成分や腸内細菌が子供の睡眠時間に影響していたかどうかを直接調べたわけではなく、味噌汁以外の要因が関与している可能性も考えられます。今後さらに介入研究を重ねる必要があります」とコメントしている。

富山大学医学部公衆衛生学講座
Association between maternal fermented food consumption and infant sleep duration: The Japan Environment and Children's Study(PLOS ONE 2019年10月4日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート