一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 「少食」食事は腹7~8分目 「多休」休養をしっかりとる 認知症

 酸化ストレスが認知症の原因として重要な因子であり、抗酸化作用のあるサプリメントにより認知症を予防できるという研究を、岡山大学が発表した。
酸化ストレスを抑えることで認知症を予防できる
 認知症は日本で急速に増加しており、厚労省の新オレンジプランによると、2025年には有病者数は700万人になると推定されている。しかし、アルツハイマー型認知症に有効な新薬は2011年7月以降登場しておらず、認知症の新薬の開発が喫緊の課題となっている。

 その中で、岡山大学の研究チームが、酸化ストレスが認知症の原因として重要な因子であり、抗酸化作用のあるサプリメントにより認知症を予防できる可能性があることを世界ではじめて明らかにした。

 「軽度認知障害(MCI)」とは、今後認知症になる可能性の高い認知症の前段階のこと。現在の医療ではMCIの段階では、薬剤を投与することはできない。薬による治療を開始できるようになるのは、時間の経過により進行して認知症と診断されたときだ。

 既存の認知症の治療薬は副作用が多く、進行を確実に止めるられものではない。しかし、MCIの段階から抗酸化配合剤を服用すれば、酸化ストレスを抑えることで認知症の予防ができる可能性があることがはじめて明らかになった。
認知症を予防する効果があるサプリメント
 研究で使用した抗酸化配合剤「Twendee X(トゥエンディX)」は、安全性試験が実施されているサプリメントで、岐阜大学科学研究基盤センター抗酸化研究分野の犬房春彦特任教授によって研究開発された。

 この研究により「Twendee X」は、認知症予防学会エビデンス創出委員会により、6段階ある認定グレードでA判定「認知症を予防する効果がある」を受けた。

 アミロイドβは、アルツハイマー病患者の脳の老人斑に沈着するペプチド。また、タウタンパク質は、神経細胞で凝集・線維化するタンパク質。認知症の要因は、アミロイドβやタウタンパク質の異常だが、研究グループは今回の研究で、これに加え、脳の酸化ストレスが重要であることを世界ではじめて臨床試験で実証した。
日本人の軽度認知障害患者を対象に臨床研究を実施

 

 岡山大学脳神経内科などの研究グループは、抗酸化配合剤「Twendee X」の抗酸化作用を調べるために、動物実験を行った。

 このサプリメントを高齢のマウスに29週間投与した結果、56週齢時の何も投与していないマウスの脳では、新生神経細胞数(Tuj1陽性細胞)が6週齢の若年マウスと比較して65%程度に減少するのに対し、サプリメントを与えたマウスでは6週齢マウスと同等であり、さらに同週齢のマウスと有意差をもって増加することを明らかにした。

 マウス急性脳梗塞モデルにサプリメントを、梗塞前14日間+梗塞後5日間投与した群では、梗塞体積が3分の2に縮小したことがが確認された。酸化ストレスマーカー、炎症性マーカーも有意に減少しており、脳梗塞では酸化ストレスと炎症を抑えることで脳神経保護作用を得られることを確かめた。

 アルツハイマーモデルマウスにサプリメントを投与した群では、脳における神経の密度の低下を有意に抑制し、老人斑の沈着も減少したことも確認した。

 研究グループは、これらの基礎実験の結果をもとに、ヒトへの臨床研究を開始した。日本人のMCIの患者を対象に、前向き・ランダム化二重盲検、プラセボ・コントロール試験を実施した。

 「Twendee X」かプラセボか分からない状態にして6ヵ月間投与した後、MMSEと長谷川式スケール(HDS-R)で測定。その結果、このサプリメントを服用した群で、MMSE、HDS-Rの両方で、有意に改善した。酸化ストレスを抑えることでヒトの認知症を予防ができることを確認した。
今後は糖尿病やがんなど酸化ストレスの関わる疾患にも拡大
 このように、認知症の前段階であるMCI患者で、「Twendee X」は認知症の進行を抑制することが証明された。このサプリメントは医薬品に要求される安全性試験が行れており、副作用なく認知症の診断前からの投与が可能だという。今後は認知症と診断された患者に対しての臨床研究を予定しているという。

 酸化ストレスについては、認知症だけでなく、糖尿病、がん、潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患、動脈硬化、肝炎・肝硬変、アレルギー性疾患、睡眠時無呼吸症候群、骨粗鬆症などの病因であることから、これらの疾患でも臨床研究を広げていく予定だ。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経内科学
岐阜大学研究推進・社会連携機構科学研究基盤センター 抗酸化研究部門
日本認知症予防学会
TwendeeX(トゥインディX)(SUPALIV)
Clinical Benefits of Antioxidative Supplement Twendee X for Mild Cognitive Impairment: A Multicenter, Randomized, Double-Blind, and Placebo-Controlled Prospective Interventional Study(Journal of Alzheimer's Disease 2019年8月24日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 認知症

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
魚を食べる人は認知症になりにくい 魚の摂取量が多いと認知症リスクが61%低下
2021年03月11日
「食と認知機能」についての意識調査 医療従事者の8割が食事による認知機能の改善を期待 8割は「認知症は理解されていない」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2021年12月13日
糖尿病の人は筋肉の減少に注意 筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
2021年03月11日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート