一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析

キーワード: 二少(少食・少酒) 一無・二少・三多 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目

 弘前大学、花王、東京大学による共同研究グループが、内臓脂肪と腸内細菌の関係を調べ、腸内細菌の一種で代表的な有用菌あるブラウティア菌が内臓脂肪面積と関係していることを発見した。内臓脂肪面積が小さい人は腸内のブラウティア菌が多いという。
内臓脂肪と腸内細菌の関係をはじめて男女別に検討
 研究は、弘前大学大学院医学研究科の中路重之特任教授、東京大学医科学研究所の井元清哉教授、花王ヘルスケア研究所の研究チームによる、弘前大学COIにおける「岩木健康増進プロジェクト」の健康ビッグデータを用いたもの。

 腸内フローラは、ヒトの腸内で一定のバランスを維持しながら共存する多種多様な腸内細菌の集まり。腸内フローラがさまざまな疾患に関与しており、腸内細菌の代謝物が体のさまざまな器官に作用していることが解明されており、日本でも注目を集めている研究分野だ。

 腸内細菌と体格指数(BMI)との関係も報告されている。これまで研究で、ファーミキューテス門やバクテロイデス門など、特定の細菌群がBMIと関連があることが分かっている。ファーミキューテス門は、腸内フローラを形成する主要な細菌グループのひとつで、納豆菌やラクトバチルス(乳酸菌の一種)などを含む。また、バクテロイデス門は、腸内フローラを形成する主要な細菌グループのひとつだ。

 しかし、これらの細菌群について被験者数が少なく、その見解は一貫していなかった。そこで研究グループは、内臓脂肪と腸内細菌の関係をはじめて男女別に検討した。
1,001人の健診のビッグデータを分析
 内臓脂肪面積は、生活習慣病との関係が深いとされるメタボリックシンドロームの診断基準であり、BMIより生活習慣病との相関が高いと考えられている。

 研究チームは、BMIと腸内細菌ファーミキューテス門、バクテロイデス門の関係についての過去の報告を精査し、結果に一貫性がないのは男女の性差の影響があるのではないかと考えた。

 そこで、弘前大学COIにおける岩木健康増進プロジェクト健診データ(20〜76歳、n=1,001)を用いて検証。BMI、内臓脂肪面積ともに、ファーミキューテス門、バクテロイデス門の関係は男女で異なることを発見した。

 内臓脂肪面積が小さい人ほど、男性では、ファーミキューテス門が多く、バクテロイデス門が少なかった。女性では、ファーミキューテス門が少なく、バクテロイデス門が多かった。

 「COI STREAM」は、文部科学省・JST(科学技術振興機構)が支援している、"10年後の理想とする社会"を展望し、イノベーションを起こすことを目指す革新的イノベーション創出プログラム。

 弘前大学COIは、全国に18あるCOI拠点のひとつだ。青森県で十数年間実施されてきた「岩木健康増進プロジェクト」では、約2,000項目にわたる健康ビッグデータを解析し、認知症や生活習慣病の早期発見と予防のための研究開発を行っている。
内臓脂肪面積が小さい人ほどブラウティア菌が多い
 さらに、腸内細菌と内臓脂肪面積の関係をさらに詳しく調べるため、東京大学医科学研究所の協力のもと、スーパーコンピューターを用いて1,001人の健診データを、属で網羅的(305種)に分析した。

 その結果、性別に関係なく、内臓脂肪面積が小さい人ほどブラウティア菌の存在比が高いことを発見した。

 ブラウティア菌は、ヒト腸内における最優勢菌のひとつであり、体内で肥満を解消するはたらきがある酪酸や酢酸をつくりだす有用菌と考えられている。高齢者や、糖尿病、肝硬変、大腸がん、乳がんなどの疾患の患者の腸内で減少していることが分かっている。

 日本人の腸内では、ブラウティア菌が多いことが報告されている。今回の対象者でも全腸内細菌の3〜11%程度を占めており、腸内に多く存在していた。

 今回の研究は、2型糖尿病など生活習慣病のリスクを高める内臓脂肪に対するアプローチのひとつとなると考えられ、ブラウティア菌がメタボリックシンドロームに関係する疾患を改善したり、肥満や2型糖尿病の新たな指標となる可能性がある。
弘前大学COI研究推進機構
Blautia genus associated with visceral fat accumulation in adults 20-76 years of age, npj Biofilms and Microbiomes(npj Biofilms and Microbiomes 2019年10月4日)
花王 ヒューマンヘルスケア
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート