一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査

キーワード: 一無・二少・三多 糖尿病 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる

 妊娠中も働く女性が増えている。妊娠中にも長時間働き、夜勤もしている女性では、母子ともに健康リスクが上昇するという調査結果を、名古屋市立大学が発表した。全国の約10万人の妊婦を対象とした「エコチル調査」で明らかになった。
全国の約10万人の妊婦を調査
 妊娠中も働く女性が増える中、名古屋市立大学は、全国の約10万人の妊婦を対象とした、妊娠中の労働時間および夜勤回数の組み合わせと出産までの母子の健康状態などについての調査結果を発表した。

 妊娠前期に長時間働き、夜勤もしている女性は、妊娠高血圧症候群などの影響が多かった。一方で、夜勤なしで働いている女性は、そうでない女性に比べ、妊娠糖尿病などや羊水混濁が少ないことが判明した。研究グループは、働く女性が勤務パターンから生じるリスクを自覚するとともに、ワークライフ・バランスの改善や母子保健の向上に向けた社会整備も必要だとしている。

 「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」は、2010年度より全国10万組の親子を対象に始まった大規模長期追跡調査だ。子どもの健康と成長に影響を与える胎児期から小児期の環境要因を明らかにするために、調査対象地域で生まれた子どもが13歳になるまで追跡している。

 全国15地区の大学に設置されたユニットセンターを調査拠点として、国立環境研究所、国立成育医療研究センター、環境省と協働し、調査を実施している。
妊娠を望む女性の勤務パターンと健康について配慮が必要
 妊娠中に働く女性は増えており、労働が妊娠の継続や母子の健康にどのように影響するのかは重要なテーマだ。長時間労働や交替制勤務が妊娠に悪影響を及ぼすという報告がこれまでにあるが、労働時間や夜勤の影響については不明だった。

 そこで研究チームは、エコチル調査に参加した妊婦を対象に、妊娠中の週労働時間および夜勤回数の組み合わせと出産までの母子の健康状態および分娩様式との関連を調べた。

 9万9,744名の妊婦のデータを解析した結果、以下のことが判明した。

・ 妊娠中後期に週あたり1時間以上働く女性は、全体の52.8%(5万560人)で、妊娠に就いていた主な仕事は、事務従事者(16.9%)、看護師(10.6%)、接客・給仕(8.6%)だった。

・ 妊娠中に就労している女性では、非就労者に比べ切迫流産・切迫早産の診断が多くみられた。しかし、実際の早産は、月あたりの夜勤回数が1〜5回かつ週あたり労働時間が1〜35時間の人、すなわち非正規雇用者が多い集団でのみ増えていた。

 この集団では帝王切開を受ける人も非就労者に比べ多くみられた。1日あたりの労働時間(平均6.8時間)が、週あたり労働時間が同じで夜勤回数が異なる集団に比べ長めであることがひとつの理由かもしれないと研究チームは推測している。

・ 妊娠中後期に働いている人の中では、週36時間以上の勤務で、かつ夜勤回数が月1〜5回の人で軽症の妊娠高血圧症候群が多く、とくに週あたり労働時間が46時間以上ではリスクが2倍になっていた。週あたり36時間以上働く人では、夜勤がなくても、吸引・鉗子分娩が多い傾向がみられた。

・ 妊娠初期に週あたり46時間以上働き、かつ月あたり1〜6回の夜勤を行う人の赤ちゃんには、胎児発育不全が非就労者に比べ3割多いことも判明した。夜勤がないと妊娠糖尿病や羊水混濁が少ない結果になった。

 一方で、夜勤回数が多い女性(妊娠初期は月7回以上、中後期は月6回以上)の間では、労働時間の長短にかかわらず、母子の健康状態に影響はみられなかった。交代制勤務労働者として代表的職種である看護職は、他職種より良好な健康管理を受けていることなどが背景として考えられる。

 「妊娠しようとする女性は、勤務パターンに関連するリスクを自覚し、健康管理をすることが望ましい。また、夜勤のあるパートタイム職における健康管理の実態について、追跡して調査する必要がある」と、研究チームは指摘している。

名古屋市立大学大学院医学研究科環境労働衛生学
名古屋市立大学 エコチル愛知ユニットセンター 母と子どもの健康・環境総合研究センター
Effects of long working hours and shift work during pregnancy on obstetric and perinatal outcomes: a large prospective cohort study - Japan Environment and Children's Study(Birth 2019年10月31日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
2021年03月11日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート