一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える

キーワード: セルフケア 食生活

 よく噛んで食べることで、全身の代謝や骨の健康に作用するホルモンの分泌が増えることを、東京都健康長寿医療センター研究所が明らかにした。
 高齢者では口腔機能が低下すると、認知機能の低下や全身のフレイルをまねきやすい。オーラルヘルスと健康寿命との関係の解明が求められている。
口腔機能低下は認知機能低下やフレイルに関わる
 オーラルヘルスと健康寿命との関係が注目されている。高齢者では口腔機能が低下すると、経管栄養の有無にかかわらず、認知機能の低下や全身のフレイルをまねきやすい。しかし、そのメカニズムには不明の点が多い。

 研究グループはこれまで、全身の代謝を調節するホルモンを分泌する甲状腺に注目し、研究を続けてきていた。そして、甲状腺からのホルモン分泌が、上喉頭神経(副交感神経)の活動により増加することをつきとめた。

 上喉頭神経には、口から入った食べ物の通り道である咽頭からの感覚情報を脳に伝える感覚神経が含まれており、この神経の活動は、嚥下反射を誘発する。

 研究グループは、咀嚼による咽頭への刺激が、甲状腺からのホルモン分泌を促進するのではないかと考えた。そこで、甲状腺を支配する交感神経や副交感神経を刺激する実験を行った。

関連情報
口から食べることが高齢者の健康維持に関わる
 甲状腺から、「サイロキシン」と「カルシトニン」というホルモンが分泌されている。サイロキシンは、全身の細胞に作用して細胞の代謝率を上昇させ、カルシトニンは骨の細胞に作用して骨を強くする。

 研究グループは、麻酔したラットの咽頭に、食べ物を飲み込むときのような機械的刺激を与え、甲状腺からのホルモン分泌にどのような変化が起こるのかを調べた。

 その結果、咽頭を刺激すると、サイロキシンとカルシトニンの分泌が、刺激前の約2倍に増加することが判明。

 この分泌反応は、上喉頭神経を切断することで完全に消失した。上喉頭神経中の感覚神経の活動と甲状腺に分布する副交感神経の活動は、咽頭刺激中に増加した。

 これらから、咽頭への刺激が上喉頭神経の感覚神経を活性化し、甲状腺支配の副交感神経が刺激され、サイロキシンとカルシトニンの分泌を促進することが明らかになった。

 研究グループは、「新たに明らかになった生理的反応から、口から食べることが高齢者の心身の健康維持に役立つ仕組みが解明された。高齢者の健康においてオーラルヘルスが重要となるメカニズムを明らかにしたい」と、述べている。

 研究は、東京都健康長寿医療センター研究所の堀田晴美研究部長らの研究グループによるもの。研究成果は、日本生理学会の主催する国際ジャーナル「The Journal of Physiological Sciences」オンライン版に掲載された。

東京都健康長寿医療センター研究所
Thyroxin and calcitonin secretion into thyroid venous blood is regulated by pharyngeal mechanical stimulation in anesthetized rats(Journal of Physiological Sciences 2019年7月3日)
[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ セルフケア

2021年05月06日
【健やか21】児童生徒の新型コロナウイルスへの感染状況や学校の感染症対策など感染症の専門家へのインタビュー動画の公開について(文部科学省)
2021年02月26日
【健やか21】学会からの提言「新型コロナ感染症拡大予防のために- 園や学校現場等における 歯みがき・うがい・食べ方について -」の掲載について(日本小児歯科学会)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート