一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が

キーワード: 一無・二少・三多 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす

 中年以上の成人が身体活動レベルを上げて、「新たに運動習慣を身につける」「より活発に体を動かすようにする」ことで、死亡リスクを大きく減少できることが、英国のケンブリッジ大学などによる1万5,000人を対象とした大規模調査で明らかになった。
 過去の運動習慣に関係なく、より活発になることで、寿命を延ばせるという。「運動を開始するのに遅過ぎることはありません」と、研究者はアドバイスしている。
中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
 ウォーキングなどの運動は、間違いなくすべての人にとって良いことだ。運動を習慣化することで、肥満、2型糖尿病、心血管疾患、脳卒中、がんなどのリスクを減少でき、健康寿命を延ばせることが多くの研究で示されている。

 しかし、それまで運動をする習慣のなかった人は、とくに年齢を重ねた人は、「運動の恩恵を受けるのは、もう遅すぎるのではないか」と思うかもしれない。

 しかし心配はご無用だ。新しい研究で、中高年になってから運動を始めても、早死のリスクを減らし、寿命を延ばす十分な効果な効果を得られることが明らかになった。

関連情報
13分のウォーキングを毎日行うと死亡リスクが低下
 運動や身体活動と死亡リスクとの関連性についてはすでに多くの研究が報告されているが、運動レベルを経時的に調べ、その効果がどのように変動するかを調べた研究は少ない。

 そこで英国のケンブリッジ大学などは、40〜79歳の男女1万4,599人が参加した前向き研究である「欧州がん・栄養ノーフォーク(EPIC-Norfolk)」研究の成果から、時間の経過による運動レベルの変化が、心血管疾患などによる死亡リスクにどう影響するかを調査した。

 研究チームは参加者を、2016年まで12.5年(中央値)にわたり追跡した。年齢、身長、体重、血圧、血糖、コレストロールなどの検査を定期的に行い、食事、アルコール摂取量、喫煙などの生活スタイルについて尋ね、心拍数をモニタリングすることで身体活動についても計測した。

 その結果、「身体活動エネルギー消費量(PAEE)」を増やすと、死亡リスクを減少できることが明らかになった。具体的には、身体活動量を1年間に体重1kgあたり239kcal(1キロジュール)増加すると、あらゆる原因による早死リスクを24%減少できることが分かった。

 体重60kgの人が活発なウォーキングを13分、毎日行うと、この身体活動量を満たすことができる。これにより、心血管リスクを29%、がんのリスクを11%、それぞれ減少できるという。
1日10分のウォーキングで良いので、とにかく始めることが大切
 WHO(世界保健機関)の運動ガイドラインでは、成人に1週間に150分以上のウォーキングなどの中強度の運動、あるいは75分な活発な運動を行うことを推奨している。

 まったく運動する習慣のない人が、5年間をかけて少しずつ運動量を増やしていって、運動ガイドラインの求める水準に達するようになると、この239kcal/kg/日というエネルギー消費量の水準をほぼ満たすことになるという。

 「過去の活動レベルに関係なく、時間の経過とともに活動レベルを上げた人は、まったく運動をしない人に比べ、5年間で死亡リスクを大きく減少できることが分かりました」と、ケンブリッジ大学のアレキサンダー モク氏は言う。

 「運動をする習慣のない運動不足の人でも、1日10分のウォーキングで良いので、とにかく運動を始めることが大切です。すでに運動習慣のある人には、より活発に体を動かすことが勧められます」と、モク氏は強調する。

 「運動を推奨することは、とくに心血管疾患や2型糖尿病、がんなどのリスクを抱える現役の中高年の成人にとって重要なことです。中年期から高齢期にかけて身体活動レベルの減少を防ぐことが、公衆衛生上の取組みとして必要です」と指摘している。

Keeping active or becoming more active in middle and older age linked to longer life(ブリティッシュ メディカル ジャーナル 2019年6月26日)
Physical activity trajectories and mortality: population based cohort study(ブリティッシュ メディカル ジャーナル 2019年6月26日)
Keeping active or becoming more active in middle and older age linked to longer life(ケンブリッジ大学 2019年6月27日)
[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

 ▶ 一無・二少・三多

2022年02月01日
こころの密を育てる―ネガティブになりがちな今だから「多くの人・こと・ものとつながる」
毎年2月は『全国生活習慣病予防月間』―Web講演会公開中!
2022年01月23日
1月23日は『一無、二少、三多の日』!
「一無、二少、三多」ピクトグラム公募結果と全国生活習慣病予防月間2022のご案内
2021年11月17日
全国生活習慣病予防月間2022実施概要決定! 
テーマは多接:多くの人・こと・ものとつながる!
2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月04日
最優秀賞 25万円! 健康スローガン「一無、二少、三多」のピクトグラム公募
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート