一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂

キーワード: 糖尿病 CKD(慢性腎臓病) 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化

 米国でコントロール管理についてのガイドラインが改訂された。糖尿病患者のコレステロール管理をより重要視している。
 糖尿病を血糖・血圧・脂質の全体でコントロールしようという動向は、日本を含む世界的なものだ。
動脈硬化になると心臓への負担が増す
 脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質の量が異常になった状態のことで、動脈硬化と密接なつながりがある。

 動脈硬化を起こした血管では、血管壁の内側にプラークと呼ばれるふくらみができる。ここにはコレステロールがたまっていて、プラークが大きくなると、血液の通り道が狭くなってしまう。

 プラークが破れると、そこに血液のかたまりができ、血管が詰まってしまう場合がある。これが冠動脈で起きれば心筋梗塞になり、脳の動脈なら脳梗塞になる。

 血管内にコレステロールが蓄積した状態は、いわば詰まった水まき用のホースのようなものだ。ホースの内壁にべとべとした汚れが蓄積すると、それまでと同じ量の水を流すために、より圧力をかける必要がある。これは心臓がもっと働かなくてはならないことを意味する。
糖尿病の人はコレステロールの管理も重要
 脂質異常症かどうかは、血液検査の結果で診断される。チェック項目は、悪玉のLDLコレステロール、善玉のHDLコレステロール、中性脂肪のそれぞれの値だ。

 糖尿病は心血管疾患のリスクを高めるが、脂質異常症を合併するとリスクはさらに高まる。脂質異常症を治療することで、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを減らすことができることが多くの研究で確かめられている。

 糖尿病のある人の脂質のコントロール目標は、悪玉のLDLコレステロールの値は120mg/dL未満、善玉のHDLコレステロールの値は40mg/dL以上、中性脂肪値は空腹時採血で150mg/dL未満となっている。

関連情報
食事や運動で脂質をコントロール それでも不十分なら薬物療法
 脂質異常症の治療の基本は生活スタイルの改善だ。食事療法・運動療法によって、糖代謝と脂質代謝を改善できる。食事と運動には、血糖・血圧を下げる効果もあるので、必ず行うべきことだ。

 逆に、動物性脂肪の摂り過ぎや、運動不足、肥満などが重なると、さらにLDLコレステロール値が上がってしまう。また、喫煙も動脈硬化を進行させる。

 食事や運動で脂質のコントロール目標を達成できない場合は薬物療法が行われる。もっともよく使われているのは、コレステロールの合成を抑えるスタチン系薬だ。スタチンには、肝臓でのコレステロールの合成や血管壁にたまったコレステロールを減らす作用がある。

 糖尿病で心筋梗塞や狭心症のリスクが高いと、早めに薬物療法が行われることがある。そうした場合、LDLコレステロールの管理目標はより厳しくなる。
コレステロール値を下げる治療も「個別治療」に
 米国で、コレステロール管理の新しいガイドラインが発表された。改訂のポイントは、▼コレステロール値の管理が難しい高リスク患者に対しては、スタチン系薬に加えてエゼチミブなどのコレステロール低下薬の併用も考慮すること、▼CTによる動脈硬化の評価など精緻な心疾患リスク評価を行うことなど。

 また、家族歴、慢性腎臓病、メタボリックシンドロームなどを、動脈硬化のリスクを増強する因子として定め、食事や運動、血圧、コレステロールなどが互いに関連し合うことを指摘。糖尿病の管理に「全体的アプローチ」が必要としている。

 糖尿病を、血糖・血圧・脂質の全体でコントロールして治療しようという動向は世界的なものだ。「糖尿病とともに生きる人は、血糖値のみに目が向きがちですが、血糖だけでなくコレステロールの管理も重要であることに注意を向けて欲しい。血圧コントロールや、肥満・メタボを改善することも重要です」と、米国心臓学会(AHA)は述べている。

 医師には、コレステロール値の上昇がもたらすリスク因子について患者とよく話し合い、その患者のリスクに応じた「個別治療」を行うことを求めている。喫煙習慣、高血圧、HbA1cなどに加え、家族歴、メタボリックシンドローム、慢性腎臓病、慢性的な炎症性疾患、早期閉経、妊娠高血圧症候群などについても確認し、患者1人ひとりに合わせた個別治療につなげることを推奨している。

Have diabetes? Make sure to manage cholesterol, too(米国心臓学会 2018年11月19日)
2018 AHA/ACC/AACVPR/AAPA/ABC/ACPM/ADA/AGS/APhA/ASPC/NLA/PCNA Guideline on the Management of Blood Cholesterol: Executive Summary(米国心臓学会 2018年11月10日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2022年07月12日
女性の「心臓発作」の症状は男性とどう違う? 女性でも胸痛・発汗・息切れが多い 「性差医療」が必要
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート