一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病・肥満が「うつ病」リスクを上昇させる 日本人1万人を調査

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム ストレス関連疾患/適応障害 食生活

 糖尿病や肥満の人はうつ病の発症リスクが高いという、約1万2,000人の日本人を対象とした調査結果を、国立精神・神経医療研究センターなどが発表した。
うつ病の人には糖尿病や肥満、脂質異常症が多い
 国立精神・神経医療研究センターなどの研究グループは、日本人を対象とした大規模なウェブ調査により、体格指数(BMI)による分類、メタボリックシンドローム関連疾患、食生活・運動といった生活習慣とうつ病との関連について調査した。

 その結果、うつ病になったことがあると答えた人はそうでない人と比較して、2型糖尿病や肥満、脂質異常症が多く、間食や夜食の頻度が高いことが分かった。一方、朝食を食べる頻度や中等度と強度の運動をしている頻度が少ないことが明らかになった。

 体重コントロール、肥満やメタボリックシンドロームと関連する疾患の治療や予防、朝食をしっかり摂り、間食や夜食を控え、運動を心がけることが、うつ病の予防につながる可能性がある。

 これまでうつ病の治療や予防として、服薬やストレスの対処などが重要であることが指摘されているが、今回の研究により、それらに加えて栄養学的アプローチもうつ病の治療や予防において重要な役割を果たす可能性があることが明らかになった。

肥満や糖尿病がうつ病に関連
 うつ病は、気分の落ち込みや興味・関心の低下、不眠といった諸症状を呈し、休職や自殺などのリスクを高める重大な疾患だ。世界の時点有病率は4.4%で、およそ20人に1人がうつ病であるという報告がある。

 うつ病は脳の病気と考えられているが、近年、食事や運動といった生活習慣や肥満やメタボリックシンドローム、2型糖尿病などの生活習慣病がうつ病の発症リスクと関連することが分かってきた。

 そこで研究グループは、うつ病患者と対照者を含む1万1,876人の日本人を対象とした大規模なウェブ調査な実施し、うつ病と体格、肥満、2型糖尿病などの生活習慣の関連について総合的に検討した。

 調査参加者のうち、うつ病に罹患したことがあると答えたのは1,000人で、残りの1万0,876人を比較対照群とした。
うつ病の人では糖尿病が1.48倍に上昇
 心理的ストレスレベルの簡易的な指標としては日本語版K6テスト値を用い、BMI値は身長と体重から計算、18.5未満を体重不足、18.5〜25未満を正常体格、25〜30未満を過体重、30以上を肥満とする欧米の定義を用いた。

 朝食や間食・夜食の頻度は4点評価(まれ、1〜2日/週、3〜4日/週、ほぼ毎日)によって行われ、軽度、中等度、強度運動および飲酒の頻度は、週当たりその活動に費やした日数で評価した。

 その結果、うつ病に罹患したと答えた人たち(うつ病群)とそうでない人たち(対照群)のK6テストのスコアの平均はそれぞれ14.1点と9.8点で、うつ病群は対照群と比較して、ストレス症状が強いことが分かった。

 さらに、うつ病群では対照群と比較して、BMI30以上の肥満の割合が対照者と比べ1.61倍に上昇し(95%信頼区間 1.25〜2.08)、正常体格(BMI 18.5〜25未満)の割合は0.76倍に低下した(同 0.67〜0.87)。また、BMI 18.5未満の体重不足もうつ病群に多かったという。

 メタボリックシンドローム関連疾患のうち、脂質異常症の人の割合は、うつ病群では対照群と比べて1.53倍に増えた(同 1.27〜1.84)。

 また、うつ病群では糖尿病も発症している人が1.48倍に増えた(同 1.06〜2.06)。高血圧とうつ病との間に有意な関連はみられなかった。
うつ病の人は「間食・夜食」「朝食抜き」「運動不足」が多い
 食生活習慣ついては、うつ病患者では、間食・夜食の頻度が有意に高く、朝食の頻度が有意に低くなった。

 うつ病群ででは、朝食をほぼ毎日食べる人の割合は、食べることがまれであると答えた人に比べ0.65倍と少なかった(同 0.54〜0.77)。

 反対に、間食や夜食をほぼ毎日食べる人は、まれにしか食べない人に比べ1.43倍と多かった(同 1.20〜1.70)。

 また、運動については、中等度の運動をしている人の割合は0.82倍(同 0.72〜0.94)、強度の運動をしている人では0.78倍(同 0.68〜0.90)と、有意に少なかった。

 うつ病患者では、ストレスによる食欲低下によって「やせ」となる群とストレス太りを示す群の両極があると考えられる。
生活習慣の改善がうつ病の病状改善につながる
 今回の調査で、うつ病患者のメンタルヘルスで、朝食や適度な運動が重要であり、余分な食事やそれに伴う肥満は有害である可能性が示された。

 「体重コントロール、メタボリックシンドロームや肥満への対処、生活習慣の改善がうつ病の病状改善につながる可能性があります。今後は、うつ病と関連する潜在的なリスク因子について、前向き研究で調査することが期待されます」と、研究者は述べている。

 研究は、国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第三部の功刀浩部長および秀瀬真輔氏、ジーンクエストの齋藤憲司氏らの研究グループによるもので、医学誌「Journal of Psychiatric Research」に発表された。

国立精神・神経医療研究センター
Association of depression with body mass index classification, metabolic disease, and lifestyle: a web-based survey involving 11,876 Japanese people(Journal of Psychiatric Research 2018年3月19日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施

疾患 ▶ 高血圧

2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年04月13日
奥歯の噛み合わせが悪い高齢者は、高血圧リスクが1.7倍に上昇 口の健康が身体機能の維持に関連
2022年02月28日
体重計はもっていても使わない人が45% 体重測定をしない理由は男性は「面倒くさい」 女性は? 意識調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月13日
睡眠不足が「内臓脂肪型肥満」の引き金に 睡眠を回復しても短期では元に戻らない
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「大麦」を食べている日本人の腸内環境は良好 食物繊維の豊富な大麦が善玉菌を増やす?
2022年04月13日
生活スタイル改善は若い頃から開始する必要が 30代の高血糖や脂質異常はアルツハイマー病のリスクを高める
2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年04月13日
【新型コロナ】感染拡大はメンタルヘルスにも影響 心の健康が「悪化した」人は22.3% 厚労省調査
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【1】 「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」 ー講演会は継続公開中!
2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート