一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定

キーワード: ストレス関連疾患/適応障害 「多接」多様なつながり

 気持ちがブルーになっているときは、ソーシャルメディアに投稿する画像もブルーの色調が強くなる。気持ちが暗くなっているときは、投稿画像も暗いグレーが強くなりがちになる――うつ傾向と身体的な言語や行動は一致しやすいことが精神医療の分野で知られているが、ソーシャルメディアではそれが明確にあらわれやすいという研究が発表された。
インスタグラムの写真からうつ病やメンタル不調を早期発見
 「インスタグラム」は、写真などを共有するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の中でもユーザー数の多いサービスだ。そのインスタグラムに投稿された写真の中に、投稿者がうつ傾向があるかどうかを予測する有力な手掛かりがあることが新たな研究で示された。

 インスタグラムに投稿された写真を、コンピュータによる機械学習により解析したところ、うつ状態の検出の正確性は70%と高く、一般診療の医師による診断の42%を大きく上回った。この研究は、データ解析を専門とする科学誌「EPJ Data Science」オンライン版に発表された。

 「インスタグラムの投稿写真の解析は、うつ病やメンタル不調を早期発見する有力なスクリーニング方法となる可能性があります。うつ病を検出するアルゴリズムを開発すれば、うつ病の早期発見につながるかもしれません」と、研究を主導したバーモント大学のクリス ダンフォース教授(数学・自然科学)は言う。

 ダンフォース教授らは、インスタグラムの投稿画像や、過去3年間の精神疾患の既往について研究グループに情報提供することに同意したユーザー166人の投稿画像4万3,950点を解析した。コンピュータのプログラムを用いて、投稿写真の特徴からうつ病を予測するモデルを開発した。

 画像の明るさや色彩、陰影の状態について、これまでの心理学研究で確立された病識をともに解析した結果、166人のうち71人にうつ病の既往があったが、健康なユーザーの写真と比べてうつ病のユーザーの写真は青みが強く、明度や彩度は低い傾向がみられた。

 インスタグラムにはスマートフォンで撮影した画像をユーザーがフィルタで加工できる機能が付いているが、健康なユーザーはバレンシアのような暖色系の明るい色調に変えるフィルタを好む一方で、うつ病のユーザーはグレーやセピアの色調やモノトーンに変えるフィルタを好む傾向がみられた。
自殺の抑止などの効果にも期待
 「うつ病で苦しんだ経験のある人は、ありのままに色彩の少ない暗いレンズを通して世界を見ている傾向があることが示されました。コンピュータは、膨大なデータから微妙なパターンを読みだす作業を得意としています。今回の研究は予備的なものですが、SNSの投稿写真からうつ傾向を早期発見できる可能性があります」と、ハーバード大学のアンドリュー氏(心理学)は言う。

 画像解析からはもうひとつの傾向も読み取れた。うつ病の既往のあるユーザーは健康なユーザーと同様に、人を撮影した写真を多く投稿していたが、それらの写真では人が少なく写っていることが多く、自分を撮った写真でも顔が小さく写っていた。これは社会的な相互関係と自己承認の低下を示している可能性があるが、これを実証するにはさらに多くの研究が必要だという。

 「うつ病の診断は医師によって行われるべきですが、メンタルヘルスの早期チェックや、より適切な精神保健サービスを実現するために、新しい低コストのスクリーニングを提供する必要があります。その点で、今回の研究は期待できます」と、アンドリュー氏は述べている。

 今回の研究では、写真投稿の日付と写真の内容から、いつ頃からうつ傾向が始まったかを検出するプログラムを作成することにも成功した。研究者は「この方法は自殺の抑止などの効果も期待できるのではないか」としている。

When You're Blue, So Are Your Instagram Photos(バーモント大学 2017年8月7日)
Instagram photos reveal predictive markers of depression(EPJ Data Science 2017年8月8日)
[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年05月11日
孤独・孤立と生活習慣病―健康には社会的接点が不可欠!
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
母乳育児は母親の「産後うつ」を抑制 授乳時の赤ちゃんに対する働きかけにも効果 目を見て話しかけることが大切

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年04月13日
【新型コロナ】感染拡大はメンタルヘルスにも影響 心の健康が「悪化した」人は22.3% 厚労省調査
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【1】 「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」 ー講演会は継続公開中!
2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート