一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

カフェインの過剰摂取は危険 厚労省が注意「健康リスクを知って」

キーワード: 高血圧 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 女性の健康

 カフェインを多く含む清涼飲料や眠気防止薬による中毒が相次いでいるのを受け、厚生労働省は、カフェインの大量摂取による健康被害について注意を呼びかけている。
「エナジードリンク」など急性中毒で101人が救急搬送
 カフェインを多量に含む眠気防止薬や「エナジードリンク」などの清涼飲料水の急性中毒で、2011年度からの5年間に少なくとも101人が救急搬送され、7人が心停止となり、うち3人が死亡したことが、日本中毒学会の調査で分かった。

 心停止に至った7人はいずれもカフェインを6g以上取っており、中には53gを摂取したケースもあるという。深夜勤務の人が服用する例も多かった。

 調査は、全国の救急医療機関38施設を対象に、2011~2015年度に救急搬送されカフェイン中毒と判明した人を集計。患者は2013年度から急増しており、97人は眠気防止薬を服用、コーヒーやエナジードリンクをあわせて飲んだ人もいた。

 カフェインを多く含む食品の摂取が原因とみられる中毒情報については、消費者庁に26件の健康被害情報が寄せられている。
カフェインに健康被害のリスクがあることに注意
 清涼飲料水など食品に含まれるカフェインを過剰に摂取すると、健康上の問題が起こるおそれがある。

 カフェインは、コーヒー、紅茶、緑茶などの日常的に摂取する食品に含まれている。また、コーラなどの清涼飲料水にもカフェインが含まれている。いわゆるエナジードリンクには、これらよりも多くのカフェインを含む製品もある。

 食品を摂取するに当たっては、特定成分の過剰摂取は一般的に健康被害を起こす可能性があり、カフェインについても注意が必要だ。

 「カフェイン成分がカプセル、錠剤、清涼飲料などを通して凝縮されたものを摂取する際には、健康被害のリスクがあることに注意してほしい」と、消費者庁は注意を呼びかけている。
カフェインを過剰に摂取したときの症状
 食品中に使用されている食品添加物については、食品表示基準第3条にもとづいて、容器包装に表示する義務がある。カフェインを使用した場合は、カフェインが容器包装に表示される。いわゆるエナジードリンクなどにカフェインが使用された場合は、容器包装に添加物としてカフェインが表示されている。

 しかし、もともとカフェインが含まれている飲料、コーヒーやお茶については、添加をしていない場合は表示される義務はない。

 カフェインを過剰に摂取した場合には、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などの健康被害をもたらすことがある。

 また、長期的な影響としては、肝機能が低下している人がコーヒーを飲み過ぎると、高血圧のリスクが高くなる可能性がある。また、カルシウム摂取量が少ない人がカフェインを摂取した場合、カルシウムの体内からの排出率を増し、骨粗鬆症の発症の原因となる可能性がある。
エナジードリンクに過剰なカフェインが
 いわゆる「エナジードリンク」などは、缶や瓶1本当たりにすると、コーヒー2杯分に相当するカフェインを含むものもある。

 消費者庁は、製品に記載されている表記をよく読み、子供、妊婦、授乳中の方、カフェインに敏感な人などは飲用を控えることや、他のカフェインを含有する製品と併せて摂取しないこと、1日に何本も飲まないことを勧めている。

 また、カフェインを含有する医薬品を服用する場合は、多量のカフェインを一度に摂取することから、カフェインを含有する飲料との併用は避ける必要がある。

 医薬品の使用方法などを記載した「添付文書」では、コーヒーやお茶などのカフェインを含有する飲料と同時に服用しないよう注意喚起がされている場合が多い。
妊婦はコーヒーを1日3から4杯までに制限
 食品からのカフェインの摂取に関しては、世界保健機関(WHO)などが注意喚起をしている。WHOは、2001年にカフェインの胎児への影響はまだ確定していないとしながらも、お茶、ココア、コーラなどの飲料はほぼ同程度のカフェインを含んでおり、またコーヒーはその約2倍のカフェインを含んでいることから、妊婦に対し、コーヒーを1日3から4杯までにすることを呼びかけている。

 また、英国食品基準庁(FSA)は、2008年に妊婦がカフェインを取り過ぎることにより、出生時が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があるとして、妊娠した女性に対して、1日当たりのカフェイン摂取量を、WHOよりも厳しい200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限するよう求めている。

 なお、カフェインを多く含む清涼飲料水とお酒(アルコール)の同時摂取について、米国疾病予防管理センター(CDC)は、カフェインがアルコールによる機能低下を隠すことにより、アルコールを飲み過ぎてしまい、結果としてアルコールによる健康への悪影響を受けやすくなると指摘している。

 なお、カフェインを一生涯摂取し続けたとしても、健康に悪影響が生じないと推定される1日当たりの摂取許容量(ADI)については、個人差が大きいことなどから、日本を含め世界で設定されていない。

日本中毒学会
食品に含まれるカフェインの過剰摂取について(厚生労働省 2017年7月7日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2021年12月13日
糖尿病の人は筋肉の減少に注意 筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に

テーマ ▶ 女性の健康

2021年10月08日
【健やか21】発達障害ナビポータルの開設について(厚生労働省、文部科学省など)
2021年10月01日
【健やか21】「食品による窒息 子どもを守るためにできること」チラシを公開(日本小児科学会)
2021年09月24日
【健やか21】令和3年度産後ケア事業 事例集の掲載について(厚生労働省)
2021年09月16日
【健やか21】国内最大の新型コロナウイルス感染症レジストリを使って“小児コロナ患者”の実態を解明(国立成育医療研究センター)
2021年09月10日
【健やか21】不妊になるって本当?妊娠中でも大丈夫?女性のための新型コロナワクチン(mRNAワクチン)解説(厚生労働省)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート