一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「春バテ」の時季が到来 寒暖差や新生活ストレスで自律神経に乱れ

キーワード: ストレス関連疾患/適応障害 女性の健康 身体活動・運動不足 食生活

 春に精神的、身体的になんらかの不調が起こる「春バテ」を、9割の人が感じていることが明らかになった。「ウーマンウェルネス研究会」は「春バテ」の対処法を公開している。
9割が「春バテ」を経験
寒暖差や環境の変化が原因
 女性のライフステージごとに異なる心身不調や、健康知識に関する情報を発信している「ウーマンウェルネス研究会」は、春の不調「春バテ」に関する意識調査を首都圏在住629人(20~50代男女)に実施した。

 調査の結果、約9割(男性87.2%、女性93.3%)の方が、春(3~5月)に精神的、身体的になんらかの不調を感じたことがあるという結果になった。

 症状としては、「昼間眠い」(57%)、「身体がだるい」(57%)、「肩がこる」(54%)といった身体的な不調が多く、「イライラする」(54%)、「憂鬱感」(50%)、「気分の落ち込み」(49%)といった精神的な不調も多い。

 現代人の「冷え」について警鐘を鳴らし、「冷え」についての著書も多い、東京有明医療大学の川嶋朗教授は日本内科学会認定総合内科専門医。春の不調について「激しい寒暖差や春特有の環境の変化(ストレス)などが原因となって、自律神経が乱れ、"だるい""イライラ""やる気がでない"などの症状が現れることがあります」と解説している。

 また、「昼間眠い」「目覚めが悪い」「夜眠れない」などの睡眠の不調も「春バテ」の特有の症状だという。
春には自律神経が乱れ「春バテ」になりやすい
 「昨日は、暖かかったのに、今日は極寒といった前日との寒暖差がもっとも身体にこたえるのです。バテないためにも日頃の予防と対策が必要です」と川嶋氏は、注意を呼びかけている。

 実際に昨年の寒暖差について調べてみると、同じ週内で約15度も最高気温に差があることが分かった。また、日中の寒暖差も、春は大きい傾向にある。

 また春は、寒暖差が特に激しい季節で、身体は寒暖差に対応するため、交感神経が優位になり、「疲れ」や「だるさ」を感じやすくなる。また、冬から春になり、薄着になる機会が増えることで身体が冷えやすく、血行も悪くなりやすい。

 移動性高気圧が次々にやってきて低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる時期でもあり、自律神経の切り替えがうまくいかなくなる。

 さらに春は、自身や家族の生活が大きく変化する季節(入学・卒業・進学・転勤・異動・新生活スタート・育休後の復職など)。知らず知らずのうちに緊張感やストレスが生じ、自律神経が乱れ、「春バテ」になりやすくなる。

 ここに花粉症などの体質的要因が加わると、新生活によるストレスと花粉症によるストレスが重なり、精神的なダメージも受けやすくなる。
「自律神経を整える春バテ解消法」を紹介
 同研究会は、川嶋教授監修の「自律神経を整える春バテ解消法」を紹介。自律神経は血管、汗腺、消化器や循環器など、身体中の全ての器官をコントロールしており、この働きが乱れると、だるさや痛みなど、さまざまな身体の不調が起きてしまうという。

● 交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズにする

 春バテの予防と対策は、自律神経を整え、交感神経と副交感神経の切り替えを適正かつスムーズに行うことだ。また、ストレスをためずにリラックスを心がけ、寒暖差を感じにくい生活をして、もしも冷えてしまったら身体を温めるようにすることが大切だ。

● 目もと温める アイマスクや蒸しタオルを使用

 目もとを心地よく温めると、短時間で副交感神経が優位になり、リラックスできます。目もとが気持ち良いと感じる約40度が最適。温めには蒸気を伴うアイマスクや蒸しタオルを使おう。蒸気は乾いた熱に比べて、深く広く温めることができる。

● 目もとを温めると副交感神経が優位に

 リラックスした状態かどうかは、光を見た時に瞳孔が反射的に縮む程度で分かる。瞳孔は自律神経によって制御されており、一般的に副交感神経が優位になると、光を見た時に瞳孔の直径がより小さく(縮瞳率が大きく)なる。

 花王の調査では、約40℃の蒸気で10分間目もとを温めると、縮瞳率が増加。副交感神経が優位になり、リラックス状態になったことが示された。

● 週5日以上炭酸入浴でリラックス

 体温、血圧、心拍数を穏やかに変化させる入浴を一定期間継続する。炭酸ガス入りの入浴剤を入れた38~40度のお湯に10~20分浸かる炭酸入浴を週5日以上目安に続けると、ぬるめのお湯での炭酸入浴は自律神経を整え、身体をリラックスモードにしてくれるという。

● 衣類での温度調整は必要不可欠

 毎日の温度変化に身体を適応させるため、衣類での温度調整は必要不可欠だ。とくに、春は薄着になりがちなので、冷え対策としてストールやカーディガン、肌に直接貼るタイプの温熱シートなどを常に携帯しよう。

● 副交感神経を優位にし心身をリラックス

 スムーズで深い眠りを誘うには、副交感神経を優位にし、心身をリラックスさせる必要がある。就寝前に短時間で温かい温度を感じやすい目もとや首もとを心地良く温めることで、副交感神経が優位になり、リラックスできる。

 また、血行も良くなるので、しばらくすると手足の先から放熱して体温が下がってくる。この落差が眠気を誘い、ぐっすりと眠ることができる。

 また、眠る前にアロマオイルでマッサージをしたり、ハーブティーなどを飲んだり、音楽を聴いたりするなど、リラックスを心がけよう。

 「ウーマンウェルネス研究会」(代表:対馬ルリ子・産婦人科医、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長)は、現代女性のライフステージごとに異なる様々な心身の不調を解消し、女性が健康で豊かな生活を送り充実した人生を実現することを願って、医師や専門家、企業が集い、2014年に発足。花王、カーブスジャパン、パナソニックが協賛している。

ウェルラボ(ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao)
[Terahata]

関連トピック

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
「ヨガ」「太極拳」にストレス解消とリラックスの効果 初心者も気軽に自宅でできる
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年06月06日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究

生活習慣 ▶ 食生活

2022年07月08日
高尿酸血症と動脈硬化 ~高尿酸血症が動脈硬化を引き起こす機序が解明されてきた~
2022年06月13日
食品のカロリー表示が肥満やメタボのリスクを減少 誰もがチーズバーガー3個分を食べ過ぎている?
2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年04月13日
【新型コロナ】感染拡大はメンタルヘルスにも影響 心の健康が「悪化した」人は22.3% 厚労省調査
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【1】 「こころの密を育てる~スマートフォンによるAIセルフカウンセリング~」 ー講演会は継続公開中!
2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇

テーマ ▶ 女性の健康

2022年06月06日
【新型コロナ】コロナ禍で結婚数と出生数が減少 将来に対する不安や経済的な悩みが原因?
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる
2022年04月13日
【新型コロナ】コロナ禍で若い女性の自殺が増加 失業率の上昇と連動 適切な政策で自殺を抑制する必要が
2022年02月28日
毎年3月1~8日は「女性の健康週間」。「みんなで知ろう。婦人科のこと~婦人科って何するところ?」公開中!
2021年10月08日
【健やか21】発達障害ナビポータルの開設について(厚生労働省、文部科学省など)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート