一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

旅行をすれば認知症を予防できる? 高齢者の「主観的幸福感」を向上

キーワード: 「多接」多様なつながり 認知症 抗加齢(アンチエイジング)

 東北大学加齢医学研究所(所長:川島隆太教授)とクラブツーリズムは、旅行が脳にもたらす健康作用を調べる共同研究を7月より開始すると発表した。
旅行に行く人は人生を肯定的に捉えている
 計画されている研究は、脳科学分野の先進的な研究で世界的に知られる研究機関である同研究所が進めている「生涯健康脳」の研究において、シニア世代に強みをもつクラブツーリズムが産学連携を組み、医学的見地から「旅行」と「認知症予防・抑制」の関係について本格的に調査するもの。

 3年間で約90名を対象に調査し、「旅行に行く頻度の高い高齢者は主観的幸福感やストレスコーピング(対処)能力が高く、認知機能が保たれている。また、旅行前・旅行後で脳に変化があり、主観的幸福感は向上、認知機能は低下抑制がみられる」という予測を実証する。

 プレ調査として、研究グループは5月に45人を対象に、旅行に行く頻度と個人の主観的幸福感の関連を調べる調査を実施した。

 過去5年間の旅行回数について、自由記述形式で質問。また、心理学的に信頼性が確認された質問紙である「主観的幸福感尺度」にも回答してもらい、客の主観的幸福感を測定した。

 その結果、旅行に行く頻度の高い人ほど、自身の人生を肯定的に捉えている傾向があることが示された。
「旅行先の文化や歴史を知りたい」という気持ちが自信を強める
 研究グループが旅行回数と主観的幸福感の関係性を調べる統計解析を行ったところ、「過去5年間の旅行回数が多いほど、人生に対する"失望感"が低い」という結果が得られた。

 「人生に対する失望感」は、主観的幸福感尺度を測定するための因子のひとつで、「自分の人生は退屈だとか面白くないと感じていますか」「将来のことが心配ですか」「自分の人生には意味がないと感じていますか」という3つの質問に対する回答をスコア化し測定する。

 また、「旅先で出会う人々と交流したい」という動機を持って旅行をされる人ほど、「人生が面白い」「今の生活は過去よりも幸せ」といった、人生に対するポジティブな気持ちや満足感を高くもっていることが分かった。

 「旅行先の文化や歴史を知りたい」といった、文化の見聞を旅行の動機とする傾向の高い人ほど、「人生で起こる困難な状況に自分で対処できる」という自信を強くもっている傾向があるという。
旅行が認知症の予防・抑制に効果的
 これらの結果は、あくまで旅行回数や観光動機と主観的幸福感の「関連」を示す結果であり、旅行回数や観光動機が主観的幸福感に「影響」することを示すものではないが、頻繁に旅行に行くほど、あるいは明確な動機を持って旅行に行きその動機が満たされるほど、主観的幸福感が高くなる可能性が示唆される結果となった。

 高い主観的幸福感は、長寿命や認知機能の維持に影響すると考えられており、「旅行が認知症の予防・抑制に効果的」ではないかと研究グループは考えている。

 今後の研究で「旅行に行く頻度の高い高齢者は主観的幸福感やストレスコーピング(対処)能力が高く、脳萎縮の抑制、認知機能の維持に影響すること」を脳科学的に示し、「旅行の頻度および経験が、脳のどの領域の構造に関連し、どのような認知機能のレベルの維持に関連するか」を明らかにしていくという。

東北大学加齢医学研究所
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2022年07月04日
子供の頃の運動不足が中年期以降の認知症に影響 運動は認知能力を高める 健康改善は早いほど良い
2022年06月06日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年06月06日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月13日
「認知症対策」は待ったなし スマホで認知症予防プログラムに参加 神戸大学がJA共済連などと協業
2022年03月22日
全国生活習慣病予防月間2022講演会レポート【2】 「認知機能低下を防止する生活習慣」「新型コロナウイルスと喫煙・受動喫煙」 ー講演会は継続公開中!

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年05月11日
孤独・孤立と生活習慣病―健康には社会的接点が不可欠!
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
母乳育児は母親の「産後うつ」を抑制 授乳時の赤ちゃんに対する働きかけにも効果 目を見て話しかけることが大切
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート