一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ウォーキングに更年期障害を緩和する効果 女性のホットフラッシュを改善

キーワード: 高血圧 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 がん 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 「多動」身体を活発に動かす 女性の健康 抗加齢(アンチエイジング)

 ウォーキングなどの運動が更年期の女性のホットフラッシュを改善することが明らかになった。更年期には体と心にさまざまな不調があらわれやすくなるが、運動を続ければ改善効果を得られる。
更年期女性のホットフラッシュ 原因は?

 女性は50歳ごろに閉経を迎え、閉経を挟んだ約10年間が更年期にあたる。更年期には体と心にさまざまな不調があらわれやすくなる。

 そのひとつであるホットフラッシュには、急に顔が赤らんだり、熱くなったり、汗がとまらなくなるといった症状がある。自律神経の調節がうまくいかず、血管の収縮・拡張のコントロールができなくなることが影響している。

 こうした症状の要因は主に女性ホルモンの変動・低下だ。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は40歳を境に低下し、それに伴い月経周期が乱れ、やがて閉経を迎える。

 エストロゲンは月経周期に影響を与えるほか、脳、関節、筋肉、代謝など全身に作用しているので、分泌が急激に低下するとさまざまな症状があらわれる。

ウォーキングが女性のホットフラッシュを改善

 ウォーキングなどの運動を続けることでホットフラッシュを改善できることが、英国のリバプール ジョン ムアーズ大学の研究で明らかになった。

 研究には平均年齢51歳の閉経を迎えた女性21人が参加した。研究チームは参加者を無作為に2つのクループに分け、14人にはジムでの運動プログラムを4ヵ月間続けてもらい、残りは対照群として通常通りの生活を続けてもらった。

 運動を続けたグループは、トレッドミルによるウォーキングに加え、エアロバイクによる自転車漕ぎ、ボート漕ぎ、上半身と下半身を使うクロストレーニングなどに取り組んだ。

 運動の強度は、話しながら続けられ、息が弾み発汗し、血流が増加する程度に調整した。1回30分の運動を週に3回行うことからはじめ、徐々に回数を増やして最終的に週に5回、1回45分に運動量を増やしていった。

 その結果、運動に取り組んだ女性は、血圧と脳内血流が低下し、ホットフラッシュが改善したことが明らかになった。

 ホットフラッシュは、心筋梗塞や脳卒中などの危険性を高めることが知られている。更年期の血圧は乱高下を繰り返しながら上昇し、やがて高止まりになることが多いが、これにホットフラッシュが関連している。

 ホットフラッシュを発症すると、心拍数と血流量が増え動脈硬化が促され、血管内皮細胞がダメージを受けやすくなる。血管内皮細胞は血管の内側にあって、血管を広げる一酸化窒素(NO)をつくりだす。血管内皮がダメージを受けると、NOが減り血管のしなやかさが低下し、血圧が上がりやすくなる。

女性がウォーキングで得られる効果は多い

 「運動を続ければ女性のホットフラッシュを量的にも質的にも緩和できることが分かりました。ホットフラッシュの治療には運動を取り入れるべきです」と、リバプール ジョン ムアーズ大学のヘレン ジョーンズ氏は言う。

 更年期の女性がウォーキングなどの運動を習慣として続けることで得られるメリットはホットフラッシュの改善効果だけではない。

 米国のメイヨークリニックによると、運動を続けることで以下のような治療効果を得られる。

<< 更年期を迎えた女性には運動が必要 >>

 運動習慣のある女性だけでなく、これまで運動をしてこなかった女性に対しても、ウォーキングなどの運動はさまざまな恩恵をもたらす。

 ウォーキングなどの有酸素運動を週に150分行い、週に2回の筋力トレーニングを行うと効果的だ。夕食後に30分のウォーキングをする習慣を身に付けよう。友人や隣人などいっしょに運動に取り組める仲間を作ると、運動は長続きしやすい。

・ 体重増加を防げる
 更年期の女性は、筋肉が減少し内臓脂肪が増加しやすい。運動は筋肉の減少と体重の増加を防ぐ。

・ 心筋梗塞や脳卒中を防げる
 運動によって体重を適正にコントロールすると、高血圧が改善し、動脈硬化の進行を抑えられる。心筋梗塞や脳卒中を予防するために効果的だ。

・ 乳がんリスクが低下
 運動には体脂肪を減らし、がんの原因になるホルモンを減らしたり、免疫機能を改善する効果がある。運動を続けている女性では乳がんの発症が減少するという調査結果が発表されている。

・ 骨粗しょう症を予防できる
 閉経を迎えた女性は、エストロゲンが減少し骨量が減りやすい。運動をすることで骨に刺激が伝わり、量と質が改善し丈夫になる。

・ ストレスを解消できる
 更年期には体と心に不調があらわれやすくなるが、運動によってストレスを解消でき、心の健康を保ちやすくなり、睡眠障害の改善にもつながる。運動は人生のどの段階でも良い効果をもたらす。

Exercise eases hot flushes during menopause(国際生理学会 2015年12月15日)
Fitness tips for menopause: Why fitness counts(メイヨークリニック 2013年6月12日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年03月10日
「筋トレ」の実施時間が長いほど糖尿病リスクは低下 家庭や職場で簡単にできる筋トレ
2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査

疾患 ▶ 高血圧

2022年06月06日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年06月06日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月16日
「運動」と「お酢」を組合わせると体重・高血圧・血糖が改善 保健師監修の「毎日運動プラン」を実施
2022年04月13日
奥歯の噛み合わせが悪い高齢者は、高血圧リスクが1.7倍に上昇 口の健康が身体機能の維持に関連
2022年02月28日
体重計はもっていても使わない人が45% 体重測定をしない理由は男性は「面倒くさい」 女性は? 意識調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 2
脳梗塞予防の決め手は血管力のアップと牛乳パワー
2022年07月13日
熱中症? いや、脳梗塞かもしれない! Part 1
症状の見分け方と対策
2022年02月28日
食物繊維を多く食べるほど認知症リスクが低下 食物繊維と腸内細菌の良い関係
2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2022年07月12日
女性の「心臓発作」の症状は男性とどう違う? 女性でも胸痛・発汗・息切れが多い 「性差医療」が必要
2022年03月10日
「筋トレ」の実施時間が長いほど糖尿病リスクは低下 家庭や職場で簡単にできる筋トレ
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2022年06月06日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻
2022年04月13日
高齢者の介護予防では身体機能の維持・向上がポイントに 男性では骨格筋量、女性では脂肪量が余命に影響
2022年04月13日
朝食を食べないとメタボやロコモのリスクが上昇 朝食欠食により体重が増え、筋肉は減る 体内時計に異常が
2021年12月13日
糖尿病の人は筋肉の減少に注意 筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 糖尿病の人は骨折に注意 40歳過ぎたら骨を強くする対策を

疾患 ▶ 動脈硬化

2022年07月12日
女性の「心臓発作」の症状は男性とどう違う? 女性でも胸痛・発汗・息切れが多い 「性差医療」が必要
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

テーマ ▶ 女性の健康

2022年06月06日
【新型コロナ】コロナ禍で結婚数と出生数が減少 将来に対する不安や経済的な悩みが原因?
2022年05月16日
妊娠中の運動が産まれる子の肥満や糖尿病のリスクを低減 妊娠期の運動で次世代の健康も守れる
2022年04月13日
【新型コロナ】コロナ禍で若い女性の自殺が増加 失業率の上昇と連動 適切な政策で自殺を抑制する必要が
2022年02月28日
毎年3月1~8日は「女性の健康週間」。「みんなで知ろう。婦人科のこと~婦人科って何するところ?」公開中!
2021年10月08日
【健やか21】発達障害ナビポータルの開設について(厚生労働省、文部科学省など)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート