一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ウォーキングが腸内フローラを改善 腸内細菌叢が変化し脳を健康に

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 動脈硬化 がん 三多(多動・多休・多接) 「多接」多様なつながり 抗加齢(アンチエイジング) 食生活

 人生の早い段階でウォーキングなどの運動をすると、腸内フローラがより健康的になり、脳を健全に保てるという研究が発表された。運動をすると腸内細菌叢を改善できるという。
ウォーキングが腸内フローラを健康にする

 生活習慣病の治療が思わしくない、ダイエットの成果がなかなか出ない・・・そんな時は腸内にいる「腸内フローラ」が影響している可能性がある。腸内フローラとは、腸内に住む細菌の生態系のことを指す。

 腸内細菌と言えば、「善玉菌」「悪玉菌」を思い浮かぶかもしれないが、腸の中には100兆を超える、数百種類もの細菌が住んでいて、その細菌の出す物質が健康にさまざまな影響を及ぼしていることが分かってきた。腸内フローラは糖尿病やがんなどの病気や、肥満や加齢などの体質だけでなく、脳にまで影響していると考えられている。

 米コロラド大学の研究チームによると、人生の早い段階でウォーキングなどの運動することで、この腸内フローラがより健康的になり、その後の人生で脳をより健全に保ち、代謝的活性を促進する可能性があるという。

 運動をすると血中のブドウ糖や脂肪酸が利用され、血糖値の上昇が抑えられる。エネルギー摂取量と消費量のバランスが改善され、減量効果を得られる。メンタルヘルスにも良い影響を及ばす。

 それに加えて、腸内細菌叢も改善し、免疫システムやさまざまな神経機能の発達にも良い効果をもたらすという。運動と腸内細菌についての研究ははじまったばかりだ。

 「運動を習慣として続けることで、2型糖尿病や高血圧などの生活習慣病に良い効果をもたらされるだけでなく、腸内フローラも改善します。人生を通じて健康により保てやすくなります」と、コロラド大学のモニカ フレッシナー教授(統合生理学)は言う。

運動をはじめる時期は早ければ早いほど良い

 腸内細菌はヒトが産まれたときから腸内にあり、500万もの遺伝子を遺伝的プロファイルに付加しており、生理学的に大きな影響を与えている。「この腸内フローラは、食事や運動、睡眠などの生活習慣によって変えていくことができますが、若い頃に基礎ができている可能性があります」と、フレッシナー教授は指摘する。

 研究チームはマウスを使った実験を行い、運動を毎日行ったマウスの腸内では良好な腸内細菌叢が形成されており、運動をしなかったマウスに比べ、体に良い影響を与える善玉菌である「プロバイオティック」の状態が良いことを確認した。

 健康な腸内細菌叢は脳の機能を健康に保つためにも有益であり、抗うつ作用をもたらすという。ヒトの脳は腸内細菌の出す物質の影響を受けていることは、過去の研究でも確かめられている。

 運動が腸内フローラを改善する効果は年齢が上昇しても維持されるかについてはよく分かっていない。しかし「運動をはじめる時期は早ければ早いほど良く、腸内環境が改善し脳にも良い影響があらわれることが分かっています」と、フレッシナー教授は言う。

運動をすると腸内菌が豊かで健康的になる

 運動をすると腸内フローラが活性化することは、アイルランド大学の研究でも明らかになっている。

 研究チームは運動が腸内フローラにもたらす影響を評価するため、40人のプロラグビー選手から採取した糞便と血液サンプルを、一般男性(対照群)のもとと比較した。対照群となった46人の男性はスポーツ選手ではないが、ラグビー選手の身体サイズと年齢が似ていた。

 参加者は食事に関するアンケートに答え、実験の4週間前に187種類の食品を食べた頻度・量、通常の身体活動レベルを報告した。

 その結果、運動量の多いラグビー選手は対照群の男性よりも、腸内細菌叢が多く、筋肉・組織の損傷を示す酵素であるクレアチンキナーゼのレベルが高いにも関わらず、炎症マーカーが低レベルだった。

 腸内菌の種類も多かった。例えば、ラグビー選手の腸内菌は標準BMIの男性よりも40分類群、BMIが高い男性よりも48分類群多かった。例えば、腸内細菌であるアッケルマンシア属には肥満や2型糖尿病を改善する作用があるとされているが、ラグビー選手ではこの腸内細菌が多かった。

 健康を保つには、腸内細菌と呼ばれる常在菌を無視するわけにはいきません。腸内で善玉菌を増やし、活動を活発にするために食事が重要ですが、運動も大切な要素です。運動は腸内細菌の状態を改善し、免疫力や代謝を高めます」と、研究者は述べている。

Early-life exercise alters gut microbes, promotes healthy brain and metabolism(コロラド大学ボルダー校 2015年12月29日)
Early life exercise may promote lasting brain and metabolic health through gut bacterial metabolites(Immunology and Cell Biology 2016年1月12日)
The Irish Rugby Team has Exceptional Guts(Teagasc 2014年6月10日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年03月11日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年07月28日
糖尿病はアルツハイマー病の危険因子 脳を活性化して予防 新しいことにもチャレンジ
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年05月11日
孤独・孤立と生活習慣病―健康には社会的接点が不可欠!
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
母乳育児は母親の「産後うつ」を抑制 授乳時の赤ちゃんに対する働きかけにも効果 目を見て話しかけることが大切
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート