一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

世界の認知症人口は4600万人 2050年に3倍の1億3000万人に増加

キーワード: 二少(少食・少酒) ストレス関連疾患/適応障害 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 世界の認知症患者の数が、2015年の4,680万人から2050年には約3倍の1億3,150万人に増加するとの予測が発表された。
年間に990万人が認知症を発症 3.2秒に1人が発症
 国際アルツハイマー病協会(ADI)は、9月21日の「世界アルツハイマー・デー」に先立ち、「世界アルツハイマー病 レポート 2015」を発表した。このレポートは、英国のキングス カレッジ ロンドン国際高齢者・認知症ケア研究所のマーティン プリンス教授らがまとめたものだ。

 現在、世界で年間に990万人が認知症を発症しており、3.2秒に1人が発症している計算になる。世界の認知症人口は、2015年は4,680万人と推定されているが、2030年までに7,470万人に増加し、2050年までに1億3,150万人に増加すると予測されている。

 新たに認知症と診断される患者数は、日本を含むアジア地域が490万人で全体の49%を占め、もっとも多い。次いで、欧州の250万人(25%)、北米の170万人(18%)、アフリカ地域が80万人(8%)と続く。2012年の予測に比べ、アジア地域では大幅に増えている。

 世界の認知症の医療コストは、2015年は98兆円(8,180億ドル)と推定されているが、2018年までに120兆円(1兆ドル)を超え、2030年までに240兆円(2兆ドル)を超えると推定されている。

 ADIによると認知症の医療コストは、アップル社(7,420億ドル)、グーグル社(3,680億ドル)、エクソン(3,570億ドル)などの世界的な企業の収益よりも多く、企業にたとえてみると、世界で第18番目に多い規模になるという。

 認知症の中でもっとも多いアルツハイマー病は、運動・睡眠・メンタルケアなどの生活習慣の改善である程度が予防できることが分かってきた。アルツハイマー病の治療薬も増えており、新たな治療薬の開発も進められている。

 先進国ではそうした医療の進歩の恩恵を受けやすいが、先進国でアルツハイマー病が減っているという報告はない。アルツハイマー病の治療法や効果的な予防法はいまだに発見されていない。

 特に中・低所得の国で認知症による損失や負担は深刻で、認知症患者をサポートする社会保障制度は整備されておらず、94%は家族が患者をケアしているとみられており、ケアする人が周囲にいない場合も多い。

 主要7ヵ国(G7)を中心に、認知症やその予備群となった人をどう支えるか、効果的な対策を探る国際会議が開催され、世界保健機構(WHO)や世界認知症評議会(WDC)も本格的な対策に乗り出している。

 世界の認知症関連の学会が参加している国際アルツハイマー病協会(ADI)は、2016年に認知症に関する研究に360億円(3億ドル)以上の研究費を投入している。

 大規模な追跡調査によって、アルツハイマー病を発症するまでに、25年もの年月がかかることが分かってきた。発症の初期段階、あるいは症状が出始める前から薬を投与して予防するための新薬の開発に期待がかかっている。

World Alzheimer Report 2015: The Global Impact of Dementia(国際アルツハイマー病協会 2015年8月25日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
2021年09月14日
肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要
2021年09月06日
メンタルヘルスも「予防」する時代―第10回日本ポジティブサイコロジー医学会の紹介
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート