一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

食物繊維を多くとると2型糖尿病や肥満のリスクを下げられる

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 食生活

 食事で食物繊維を多く摂取している人は、2型糖尿病のリスクが低く、体重コントロールも良好である傾向があることが、欧州の約3万人を対象とした研究で明らかになった。研究結果は欧州糖尿病学会(EASD)が発行する医学誌「Diabetologia」に発表された。
食物繊維をとると糖尿病リスクが18%低下
 ケンブリッジ大学のニック ウェアハム教授らの研究グループは、欧州の8ヵ国の2万9,000人以上を平均11年間追跡した大規模研究をもとに、1日にどれくらい、どんな種類の食品を食べれば、肥満や糖尿病のリスクを下げられるかを調査した。

 今回の研究は、欧州で実施されているがんと栄養に関する前向きコホート研究「EPIC」の一環として行われている「EPIC-InterAct」研究の調査を解析したもの。1万1,559人の2型糖尿病患者と、1万5,258人の糖尿病ではない人を比較して、毎日どんな食事をしているかを調べた。

 その結果、食事中の食物繊維が1日26g以上ともっとも多いグループでは、1日19g未満ともっとも少ない群にグループに比べ、2型糖尿病の発症が18%低下することが明らかになった。

雑穀をミックスさせたシリアルが人気
 欧州で人気のあるシリアルは、大麦やオーツ麦、ライ麦、玄米、ふすまなどの雑穀に、ナッツ、乾燥果実などを加えたグラノーラだ。食物繊維やビタミン、ミネラルなどを手軽に摂れる栄養機能食品として注目されている。

 食物繊維の供給源としては、野菜よりもシリアルの方がメリットが多いことも明らかになった。2型糖尿病の発症リスクは、野菜を多く摂取したグループで16%低下したのに対し、シリアルを多く摂取したグループでは19%低下した。

 参加者は平均して食物繊維の38%をシリアルからとっていたが、フランスだけは野菜が主な食物繊維の供給源になっていた。

 調査結果を体格指数(BMI)で調整したところ、食物繊維を多く摂っている人ほど肥満が少なく、2型糖尿病の発症リスクも低下することが示された。

 研究では、米国、欧州、オーストラリア、アジア地域で行われた18件の前向き研究の解析も行った。やはり、食物繊維の摂取量が増加するにつれ2型糖尿病のリスクは低下することが明らかとなった。

食物繊維が糖尿病リスクを下げる理由
 「食事で食物繊維をとることが重要であることが確かめられました。食物繊維を十分にとる食事指導が、肥満や2型糖尿病を予防・改善するために必要です」と、ノルウェー科学技術大学のダゴフィノ アウネ氏は言う。

 「食物繊維を摂ることが、体重コントロールや、糖尿病リスクの低下につながることを示した研究は過去にも発表されていますが、今回のような規模の大きい調査ははじめてです」と、アウネ氏は指摘する。

 食物繊維が糖尿病リスクを下げる理由について、全てが解明されているわけではないが、研究者は食物繊維のメリットとして次のことを挙げている――

・ 食物繊維を含む食品から食べはじめると血糖値の上昇を抑えられる
 吸収の早い糖類中心の食事をとっていると、食後血糖値が上昇し、血糖値を下げるインスリンが余分に分泌されやすい。インスリンにはブドウ糖を中性脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える作用もあり、食後高血糖が続くと中性脂肪も高くなってしまう。

・ 食物繊維をとると食事を適正な量に抑えられる
 食物繊維が多い食品を食べると、胃から小腸への移動時間を遅らせたり、小腸での消化・吸収をゆるやかにし、食後の血糖値の急上昇を防ぐことができる。
 また、食物繊維が多いと、満腹感が得られやすいので、食事の全体量を減らすことができ、減量につながる。

・ 食物繊維は満腹感を持続させて空腹感を減らす
 食事によって小腸から分泌される「インクレチン」と呼ばれる消化管ホルモンの分泌が刺激される。このホルモンは、インスリンの分泌を促して血糖値を下げるだけでなく、脳の中枢神経に働きかけて食欲を抑える作用がある。
 食物繊維の多い食事をすると、インクレチンの分泌が刺激されると考えられている。食物繊維は、満腹感をもたらすだけでなく、食欲を抑制する働きがある。また、インクレチンは腸内細菌の作用も受けている。食物繊維をとることで、腸内細菌のバランスが改善し、インクレチンの分泌が増える可能性がある。

関連情報
1日20分のウォーキングで死亡リスクが低下 「運動不足」はリスク
野菜中心の食生活を続けると心臓病や脳卒中のリスクが低下
1日20分のウォーキングが寿命を延ばす 運動不足は危険因子

Study adds to evidence that increasing dietary fiber reduces the risk of developing diabetes(欧州糖尿病学会 2015年5月26日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート