一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

歯周病予防のために3つのチェックポイント 歯科医師が解説

キーワード: 歯周病

 歯周病予防のための「歯ぐきのハレ」のチェックとセルフケアのポイントを、「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」が公開した。
歯ぐきのハレを見落とさないことが重要
 厚生労働省「歯科疾患実態調査」によると、35歳以上の約8割が歯周病を発症している実態がある。一方、「ウーマンウェルネス研究会」が行った意識調査では、「自分は歯周病だと思うか」の問いに約半数が「そう思わない」と回答しており、多くの人が歯周病に気づいていないようだ。歯周病であることを自覚していない"かくれ歯周病"は30代以上に多いと推測される。

 「歯周病は、進行しないと痛みや違和感を感じにくく、日常生活に影響しないため、自覚しにくいという特徴があります。奥歯などの見えにくく、歯ブラシが届きにくい部位から歯周病が起こるのも、気づきにくい理由です」と、高柳歯科医院の高柳篤史氏は説明する。

 歯周病を予防する上で、初期症状である「歯ぐきのハレ」(歯肉炎)に気づくことはとても大切であるという。歯と歯ぐきの間に細菌が入り込むと、歯肉炎が起こりやすい。意識調査では「歯ぐきのハレ」を気にしている人は16.6%ににとどまったが、実は普段からチェックすることが必要だ。

 「軽度な歯肉炎であれば、セルフケアで健康な歯肉に戻すことができるので、ふだんから、鏡で口の中を観察したり、歯科医院で定期検診を受けるなど、歯ぐきのハレを見落とさないすることが重要です」と、高柳氏は指摘する。

「歯ぐきのハレ」を自覚するための3つのチェックポイント

(1)歯間乳頭
 歯と歯の間の歯肉(歯茎)のことで、はじめに炎症が起こりやすい部分だ。健康な歯ぐきは歯間乳頭が引き締まり、三角形をしていますが、はれていると先端が丸くなる。特に奥歯はブラシが届きにくく、はれやすい。

(2)歯ぐきの色
 健康な歯ぐきは、うすいピンク色をしているが、はれているときは炎症して、赤みが強くなる。

(3)ブラッシング時の出血の有無
 歯ぐきがはれているときは、ちょっとした刺激で出血しやすくなる。歯ぐきが健康であれば、念入りにブラッシングをしても出血することはない。痛みがなくても、出血したときは歯周病が疑われる。

歯周病を予防するためのセルフケア 2つのポイント

(1)歯垢を除去する
 まずは、歯周病の原因物質である歯垢をしっかりと取り除くことが大切。歯と歯ぐきの間を意識し、1本ずつ丁寧に磨こう。出血がある部分も避けずに歯垢を取り除くことが大切だ。鏡で口の中を確認しながら、ブラッシングするのも効果的だ。

(2)歯ぐきの血流を回復する
 歯ぐきにハレがあると、歯垢由来の毒素によって歯ぐきに炎症性物質などの老廃物がたまり、血流に障害が起きやすい状態になっている。歯ぐきに蓄積した老廃物を効果的に排泄し、歯ぐきをマッサージすることで、歯ぐきの健康を保つ効果が期待できる。

ウーマンウェルネス研究会

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 歯周病

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2020年12月14日
「歯周病」が肥満・メタボ・サルコペニアを悪化させる 腸内フローラを変化させ骨格筋の代謝異常を引き起こす
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年07月04日
歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切
2018年11月01日
歯周病を治療すると糖尿病のコントロールが改善 合併症リスクも低下
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート