一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

孤独な高齢者の医療費は上昇 高齢者の孤立を防ぐ効果的な介入が必要

キーワード: ストレス関連疾患/適応障害 三多(多動・多休・多接)

 社会的に孤立しており孤独を感じている高齢者は、社会とのつながりをもつ人に比べ、通院し治療を受ける頻度が高いことが、米ジョージア大学の研究グループの調査で明らかなった。「高齢者に対するメンタルケアを効果的に行うことで、医療費を削減できる可能性がある」と研究者は述べている。
孤独な高齢者は受療や入院の頻度が高い
 米国のジョージア大学公衆衛生学部の研究グループは、60歳以上の退職して独居を続けている米国人3,530人を対象に、ミシガン大学医学部が2008年と2012年に全国調査した研究のデータを解析した。

 研究グループは参加者にアンケート調査を行い、「社会的な交流が乏しい」「置き去りにされていると感じる」「他者から孤立している」と回答し、孤独を示すスコアが高い高齢者を特定した。

 さらに、2回の調査で「慢性的に孤独である」と判定された高齢者を対象に、どれだけ医療サービスを利用し、受療や入院の頻度にどれだけ影響するかを調査した。

 その結果、孤独を感じている医療者は、医療機関を訪問する頻度が目立って高いことが判明した。孤独な高齢者の割合は、初回調査の53%から2回目の調査では57%に増加していた。

 また、孤独を感じている高齢者は、抑うつ症状や、日常の作業の困難がみられることが多く、自分の健康状態を「良い」と評価する確率が低いことも判明した。

 「孤立した高齢者は孤独を感じるようになり、体の不調が増える傾向があります。その結果、医療機関を受診したり入院する頻度が高くなり、医療費の上昇につながっています」と、ジョージア大学公衆衛生学部のジャイアニ ジャイウォルハナ助教授は言う。

 「顔なじみの医師を訪問するのとは異なり、入院治療はどんな医療従事者に顔を合わすのか分かりません。このことは、多くの高齢者に負担感を与えることが分かりました」と、ジャイウォルハナ氏は説明する。

隠された「孤独」の医療コスト 効果的な介入が必要
 高齢者の多くは、かかりつけ医と長期にわたる関係を築いている。そうした高齢者が慢性的な孤独感をいやすために、医師を訪問するためにアポイントメントを増やしている可能性があるという。

 「友人や親類に囲まれて満足度の高い生活をおくる高齢者は多いことが分かりました。しかし、"孤独"は主観的な問題であり、多くの社会的な交流を保ちながら"孤独"を感じている高齢者も少なくないことに注意する必要があります」と、ジョージア大学老年学研究所のシャスティン ゲルスト エマーソン氏は言う。

 孤立した高齢者に対し、目標を設定し介入することで、受療頻度を下げ、医療費を飛躍的に減少できる可能性がある。

 「孤独な高齢者は今後ますます増え、医療も増加していきますが、現状では公衆衛生に携わる保健師や医療従事者の多くは、高齢者の孤独について注意をほとんど注意を払っていません」と、エマーソン氏は注意を促している。

 慢性的な孤独を感じている高齢者と、電話やインターネットで連絡をとり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防や自己管理について情報提供することは、高齢者の孤立を防ぐ手段となる可能性があるという。

 「孤独は生活習慣病と異なり、容易に予防することができ、医療コストもほとんどかかりません。地域で高齢者への連絡を継続して行い、孤立化を防ぐことが、結果として医療費の削減につながる可能性があります」と、指摘している。

The hidden costs of loneliness(ジョージア大学 2015年3月31日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
2021年09月14日
肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要
2021年09月06日
メンタルヘルスも「予防」する時代―第10回日本ポジティブサイコロジー医学会の紹介
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート