一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「アート」「映画鑑賞」「ネットで買い物」 創造的な趣味が認知症を防ぐ

キーワード: ストレス関連疾患/適応障害 三多(多動・多休・多接) 「多接」多様なつながり

 「絵を描く」「工芸をする」「映画鑑賞」「ネットで買い物をする」といった知的で創造的な活動が脳の健康を保つのに効果的であることが明らかになった。中年期にこれらの趣味をもつことが、歳をとってから認知症を予防するのに役立つ可能性がある。
中年期の高血圧が認知障害のリスクに
 「軽度認知障害」(MCI)は、日常生活への影響は少ないが、物忘れなどの症状があらわれ、認知症に進行しやすい、認知症と正常の中間にある状態だ。

 メイヨー クリニックのローズバッド ロバーツ氏らは、高齢者のMCIのリスクを低減するのに効果的な余暇活動について研究している。

 研究チームは、高齢者を対象とした前向きコホート研究である「メイヨークリニック加齢研究」に登録された85〜89歳で認知機能が正常な男女256人を対象に調査を行った。

 臨床認知症尺度(CDR)、機能活動調査票(FAQ)を用いた認知機能の評価に加え、記憶力や言語能力などの評価を含む神経学的検査を実施した。

 さらに、中年期(50歳時点)と高齢期(85歳時点)での認知機能に影響を及ぼす余暇活動についてアンケートを実施し、糖尿病などの慢性疾患の病歴などに関するデータを収集した。

 4年間の追跡期間中に121人がMCIを発症した。発症した人には、アルツハイマー病の主要な遺伝性の危険因子とされている遺伝子型「ApoE4」がみられ、うつ病、中年期の高血圧などの傾向がみられた。

アートや交流、パソコンなど創造的な活動が脳の健康を保つ
 その一方で、「絵を描く」「彫刻」といったアートを趣味としていた人では、そうでない人に比べてMCIのリスクが73%低下した。

 また、「陶芸」や「手芸」などの工芸の経験者では45%、「観劇」や「映画鑑賞」、「友人との社交」、「旅行」などを含むソーシャル活動を行っている人では、MCIのリスクが55%低下した。

 「インターネット検索」「オンラインゲーム」「ネットショッピング」などのコンピュータ利用に関しては、高齢期のみ調査されたが、やはりMCIのリスクは53%低下していた。

 「軽度認知障害」(MCI)を予防するために、中年期頃から血圧を正常にコントロールすることが重要であることが示されたと同時に、アートや工芸、ソーシャル活動、コンピュータ使用などの創造的な趣味も保護的に作用することが示唆された。

 「脳の神経細胞の数は、加齢とともに減っていく。脳では多くの神経細胞(ニューロン)が接合し、複雑なネットワーク(神経回路)を形成している。知的で創造的な活動が刺激となり、新しい神経の神経回路の成長や形成が促され、ニューロンが形成するネットワークが減るのを防いでいる可能性がある」と、ロバーツ氏は述べている。

Can Arts, Crafts and Computer Use Preserve Your Memory?(米国神経学会 2015年4月8日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

一無・二少・三多 ▶ 「多接」多様なつながり

2021年10月13日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年05月11日
孤独・孤立と生活習慣病―健康には社会的接点が不可欠!
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
母乳育児は母親の「産後うつ」を抑制 授乳時の赤ちゃんに対する働きかけにも効果 目を見て話しかけることが大切

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
2021年09月14日
肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要
2021年09月06日
メンタルヘルスも「予防」する時代―第10回日本ポジティブサイコロジー医学会の紹介
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート