一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

塩分控えめの「かるしおレシピ」 「S-1g」第2回大会の優勝者を発表

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血

 国立循環器病研究センター(国循)が推進している「ご当地かるしおレシピプロジェクト」の「S-1g」(エス・ワン・グランプリ)の第2回大会が、3月に大阪で開催された。
心臓病や高血圧の予防に役立つ特産品を活用した減塩食
 国循は、塩を軽く使ってうまみを引き出し、1食当たり塩分を2g未満、カロリーを500kcal台にコントロールした「かるしお」を推奨している。

 「S-1g」では、(1)おいしい、(2)塩分控えめ・栄養バランスが優れる、(3)地域ぐるみで食生活改善に取り組んでいる、という条件に該当するレシピを全国から公募。減塩調味料を使用して減塩するのではなく、だしに漬け込んだり、レモンやハーブ、スパイスなどを効果的に使用するなど、工夫を凝らしたレシピを募集した。

 昨年8〜11月に公募を行ったところ、北海道から沖縄まで全国各地から137点の応募があり、1月に国循にて実施した一次審査で、20点のレシピ(定食部門9点、惣菜部門6点、単品部門5点)が選定された。

 「S-1g」(エス・ワン・グランプリ)は、以下の3つの部門がある――
(1)定食部門(一汁三菜を基本としたセットメニュ―)
 1食あたり500Kcal台、タンパク質25〜30g、脂肪エネルギー比25%以下、塩分2g未満、野菜(海藻・きのこを含む)使用量150g以上
(2)惣菜部門
 小鉢1つ(1人前)当たり塩分0.5g以下
(3)単品部門
 平均的市販品より30%以上塩分カット

 第2回大会のグランプリには、三重県松阪市の松阪市民病院のチームの、三重県のタイやアオサを使った彩り鮮やかな「春色ハレの日定食」が輝いた。

 減塩により高血圧を改善することで、心筋梗塞や脳卒中などの循環器病の発症を抑えられる。2012年の人口動態統計によると、循環器病での死亡者数は32万127人(心疾患 19万8,622人、脳血管疾患 12万1,505人)。国循によると、食塩を1食1g減らすと、循環器病での死亡者数を6〜9%(2〜3万人)減らせるという。

「S-1g第2回大会」受賞作品

グランプリ
春色ハレの日定食

三重県 松阪市民病院
三重の海、山の幸を使った洋風定食。減塩であっても特製の塩レモン、ハーブ、スパイスを使い香りや旨みがしっかりと感じられる。野菜をたくさん使用し、満足感の得られるボリュームも出した。食感が単調にならないように工夫してあり、彩り、味、変化を楽しめる。

金賞
お塩減らしていいあんべえ うっとーのまごたちはやさしい定食

大分県 別府大学食物栄養科学部食物栄養学科
大分県の名産品である、カボス・しいたけ・ひじきを使い、旨味や酸味、香りを効かせ、薄味でもまろやかな味の定食に仕上げた。ご飯にしらたきを入れたり、マフィンにおからを使うことでカロリーを抑えた。

健康の恵賞
佐賀づくし海苔めしヘルシーバージョン

佐賀県 鳥栖・三養基地区 食の環境整備に関する検討会
米、有明産海苔、玉ねぎ、ありた鶏、れんこんチップスなど、佐賀県産の食材を多く使用。しょうがを入れたり、海苔の風味にだしを加えることで、塩分を控えた。れんこんチップスを加えることで食感も楽しむことができる。

郷土の誉賞
汐風!さんまロール

岩手県 洋野町食生活改善推進員協議会
地元で採れた新鮮な魚と、岩手を代表する小岩井のチーズを使用。だし汁に漬けカレー粉を使い魚の生臭みをとり、塩分を全く使用しないでも満足できる味に仕上げた。魚嫌いな子どもにも喜ばれるメニュー。

匠の技賞
水都仏跳檣(スイトファッテューション)

大阪府 花田洋平(ANAクラウンプラザホテル大阪・調理師
地産地消はもちろん、大阪らしく「だし」にこだわり、水に山海の旨みを移し、調味料を一切使用せず仕上げた。薬膳料理としての効能も取り入れ、おこげを加える事で中華雑炊としても楽しめる。使用材料に制限はなく、全国各地の地方色を活かした材料を組み込んだオンリーワンのレシピも試せる。

審査員特別賞
まるでたこ焼き!? 和風オムライス

大阪府 大阪府立園芸高等学校 食品製造部
人参、グリーンピース、コーンの3種類のオムライス。たこ焼きの形にした大阪らしい1品。1口サイズで食べられるので子どもも食べやすい。

国立循環器病研究センター

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年07月12日
コロナ禍での高血圧症患者さんの過ごし方
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート