一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

睡眠不足が3日続くと糖尿病や肥満に悪影響が 脳にも異変

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム ストレス関連疾患/適応障害 「多休」休養をしっかりとる 疲労(休養不足)

 睡眠不足が3日続くと、糖尿病や肥満に悪影響を及ぼすおそれがある。睡眠障害は脳のメカニズムにも異変を起こす――。睡眠の質を高めることが、血糖コントロールを改善するために必要であることが明らかになった。
睡眠不足が続くと遊離脂肪酸が上昇
 シカゴ大学の研究チームは、18〜30歳の健康な男性19人を対象に、4日続けて約8時間の睡眠をとるパターンと、4日続けて4時間強の睡眠をとるパターンで過ごしてもらった。

 期間中、被験者の睡眠をモニターし、食事内容もコントロールした。採血も定期的に行った。

 そして判明したのが、睡眠不足が4日続いた被験者では、深夜と早朝に「遊離脂肪酸」が15〜30%上昇し、早朝まで5時間高濃度の状態が続くということだ。

 遊離脂肪酸は、脂肪細胞内にたくわえられた中性脂肪が分解され、血液中に放出されたもの。体を動かすエネルギー源になるが、血中の濃度が高まると、2型糖尿病や肥満、心血管疾患などを悪化させる要因になる。

睡眠不足が3日続くだけでインスリン抵抗性は悪化
 血中の遊離脂肪酸の濃度は、通常は夜間に上昇したのち降下する。遊離脂肪酸濃度が高いままだと、インスリンの作用が悪くなるインスリン抵抗性につながる。実際、睡眠が不足すると遊離脂肪酸が増え、インスリンの働きが23%低下していた。

 睡眠制限が夜間の成長ホルモンの分泌を促し、また血中ノルアドレナリン値を高め、それらが遊離脂肪酸の上昇につながっているという。

 つまり、睡眠不足が続くと、2型糖尿病や肥満を招きやすい状態に陥っているということだ。今回の実験では短い睡眠を4日間続けてとってもらったが、3日目でその影響ははっきりあらわれたという。

 「睡眠不足により、重要なホルモンであるインスリンの作用が得られにくくなることが分かりました。インスリン抵抗性は、糖尿病を発症して間もない患者でよくみられます」と、米シダーズ サイナイ メディカルセンター(ロサンゼルス)のジョジアン ブロサード氏は説明する。

睡眠不足が「脂肪をもっと多くとりたい」という欲求を強める
 たった一晩の睡眠不足が脳に影響し、「脂肪をもっと多くとりたい」という欲求が強まる――。こんな研究結果を、米ペンシルベニア大学医学部の研究チームが発表した。睡眠不足は、代謝性ホルモンに影響をもたらすのに加え、脳機能の変化をもたらすという。

 「今回の研究で、睡眠不足により脳に変化があらわれ、接触行動にも影響することが分かりました。米国にはシフト勤務に従事する労働者が約1,500万人います。そうした人の健康管理に役立つ成果です」と、主任研究者のヘンギ ラオ氏は言う。

 研究チームは、21〜50歳の肥満ではない成人46人を対象に睡眠実験を行った。うち34人に睡眠不足の状態を5日間続けてもらい、脳内機能の変化をMRI(磁気共鳴画像)で測定した。

 参加者は期間中、好きなだけ食事をとることが許された。食事はメニューから選んでもらい、食事内容をすべて記録した。

 その結果、睡眠障害群は、徹夜した晩に約平均1,000kcalを余分に摂取したことが分かった。徹夜した後の日中の摂取カロリーは、正常に睡眠を取ったあとの日中の摂取カロリーとほぼ同じになった。

 しかし、睡眠障害群では徹夜後、正常に睡眠した後に比べ脂肪摂取量が大幅に多く、炭水化物の摂取量が少ないことが明らかになった。

睡眠障害は脳のメカニズムにも悪影響をもたらす
 睡眠不足の参加者では、脳内の「顕著性ネットワーク」と呼ばれる脳内の連結性が増加することも明らかになった。

 これは脳機能に関わるカギとなる脳内ネットワークのひとつで、このネットワークの連結性と脂質からのカロリー摂取量には正の相関が見られ、炭水化物からのカロリー摂取量には負の相関がみられた。

 「睡眠不足は脳のメカニズムにも悪影響をもたらします。睡眠を十分にとることが、健康的な食生活を促し、適正体重を維持するために必要であることが、脳内ネットワークの連結性の観点から明らかになりました」と、ラオ氏は述べている。

New study helps explain links between sleep loss and diabetes(シカゴ大学 2015年2月19日)
Penn Medicine Researchers Show Brain Activity Can Predict Increased Fat Intake Following Sleep Deprivation(ペンシルベニア大学 2015年2月11日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年10月07日
良い睡眠は糖尿病のコントロールを良くするために必要 睡眠を改善するための5つの方法
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
歩く人にやさしい町づくりで認知症リスクを半分に減らす 歩きたくなる町をデザイン クルマ中心からヒト中心の空間に
2021年03月29日
【新型コロナ】東日本大震災から10年 コロナ禍により被災地で心の状態が悪くなった人が増加 「ソーシャル・キャピタル」の減少が原因?
2021年03月29日
【新型コロナ】「未来の自分」に手紙を書くことでネガティブ感情を軽減 明るい未来を想像することがセルフケアに
2021年03月11日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
2021年09月14日
肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要
2021年09月06日
メンタルヘルスも「予防」する時代―第10回日本ポジティブサイコロジー医学会の紹介
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート