一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

緑茶の健康効果に世界が注目 脂肪の燃焼を促しがん予防の効果も

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH がん 「少食」食事は腹7~8分目 食生活

 緑茶に含まれる成分に、体脂肪を減らしたり、がんを予防する効果があることが、最近の研究で明らかになった。
緑茶を飲んで運動をすると体脂肪が減少しやすくなる
 日本人には馴染みの深い緑茶には、さまざまな健康上のメリットがある。緑茶の人気は海外でも高まっている。

 緑茶に含まれる栄養素のうち、数多くの生理作用が報告されているのが、渋味成分であるカテキン類。緑茶葉には乾燥重量で10〜20%のカテキン類が含まれているが、そのおよそ半数を占めるのが「エピガロカテキンガレート」(EGCG)だ。EGCGはウーロン茶や紅茶にはほとんど含まれていないので、緑茶を特徴付けている成分といえる。

 緑茶を飲んで運動をすると体脂肪が減少しやすくなることが、英国のアングリア ラスキン大学の研究で明らかになった。

 研究には、平均年齢が21.4歳で平均体脂肪率が16.8%の男性14人が参加。7人は緑茶6〜7杯に相当する成分の入ったカプセルを1日に1つ、残りの7人には偽薬を4週間服用した。

 緑茶カプセルには緑茶成分であるEGCGが400mg(1日分)含まれていた。カフェイン以外の成分の効果を調べるため、カフェインを取り除いたカプセルが使用された。

 参加者にエアロバイクで運動を続けてもらった結果、緑茶カプセルを服用したグループは、偽薬グループに比べ体脂肪が1.63%多く減っていた。

 さらに緑茶カプセルを服用したグループは、脂質の酸化量が25%増えていた。体に取り込まれた脂肪酸は酸化され、筋肉を動かすエネルギー源になる「アデノシン三リン酸」(ATP)の合成に利用される。脂質の酸化量の増加は、より多くの脂肪が燃焼したことを示している。

 「運動を習慣として続けている人が緑茶を毎日飲むと、脂肪が燃焼しやすくなり、体脂肪が減少することが明らかになりました。運動習慣のある人が緑茶を毎日飲むと、運動の効果が高まる可能性があります」と、研究著者のジャスティン ロバーツ氏は言う。

緑茶を飲む習慣はがん予防につながる
 また、緑茶を飲む習慣はがん予防につながるという研究も発表された。緑茶に含まれるEGCGが、健康な細胞を保護しながら、がん細胞を死滅させるサイクルを引き起こすことが、ペンシルベニア州立大学による研究で明らかになった。

 研究チームは、実験室で正常な細胞と口腔がん細胞を成長させ、緑茶のチューインガムを噛んだ後に唾液中に含まれる程度の濃度のEGCGを加えた。酸化ストレスなどを測定する蛍光染料を用いた画像処理により、EGCGがどのような抗酸化反応を引き起こすかを調べた。

 細胞の中には「ミトコンドリア」という小器官があり、燃料である糖や脂肪を燃焼させ、体が活動するためのエネルギーを作り出している。ミトコンドリアでのエネルギー代謝の過程で放出される「活性酸素種」はがん細胞を破壊することが知られている。

 緑茶に含まれるEGCGが活性酸素種を増やし、がん細胞を破壊されやすくする。さらにEGCGには、がん細胞の酸化に対する防御機能(抗酸化反応)を低下させる作用もある可能性がある。

 研究を主導したジョシュア・ランバート准教授によると、こうした反応の違いには抗酸化反応に重要な役割を果たすタンパク質「サーチュイン3」が関与しているという。

 EGCGはがん細胞内にあるサーチュイン3の活性に影響して、抗酸化反応をがん細胞ではオフにし、正常細胞ではオンにしている。そのため、健康な細胞は保護され、がん細胞だけを減らす効果を得られるという。

 「今回の研究は口腔がんについて調べたものですが、緑茶の成分はそれ以外のさまざまな種類のがんの予防に役立つ可能性があります」と、ランバート准教授は述べている。

 日本の国立がん研究センターの大規模調査でも、緑茶をよく飲む人ではがんや脳卒中、心筋梗塞の発症が少ない傾向があることが示された。緑茶にはこれ以外にも「インフルエンザの予防」や「脳の老化防止」にも役立つという研究も発表されている。

 毎日の食生活に緑茶を取り入れると多くのメリットを得られることが、さまざまな研究で確かめられている。

Green tea could aid weight loss - new study(アングリア ラスキン大学 2015年2月6日)
Green tea ingredient may target protein to kill oral cancer cells(ペンシルベニア州立大学 2015年1月28日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年04月16日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年03月11日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年03月11日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年03月11日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート