一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ウォーキングに参加し社会貢献 みんなで歩いて陸前高田に桜を

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 三多(多動・多休・多接)

 サンスターは、糖尿病患者の健康増進と社会貢献「ソーシャルグッド」を結びつけた活動「Good Walking Project〜みんなで歩いて陸前高田に桜の苗木を贈ろう〜」を実施。参加者の歩数に応じて「NPO法人 桜ライン311」に桜の苗木を贈ることになった。
ウォーキングの一歩一歩が桜の苗木につながる
 プロジェクトは、サンスターが運営している「糖尿病とうまくつきあう」サイトの会員を対象に、ウォーキングへの参加を呼びかけ、100日間歩数計やスマートフォンなどで歩数を記録してもらったもの。参加者が歩いた歩数の合計数に応じて、同社が東日本大震災の被災地の植樹プロジェクトに寄付を行う。

 糖尿病とともに生きる患者が良好な血糖コントロールを維持するために、適度な運動が必要であり、ウォーキングは代表的な運動法となる。プロジェクトは、2014年10月〜2015年2月に100日間実施され、62人の糖尿病患者が参加した。歩数の累計は1,229万8,749歩に上った。歩いた距離の合計は8,609kmに上り、東京タワー約2万5,850個の高さに相当する。

 その結果、「NPO法人 桜ライン311」を通じて3本の桜の苗木を贈ることになった。「NPO法人 桜ライン311」は、岩手県陸前高田市内の約170kmにわたる津波の到達ラインに10mおきに桜を植樹し、ラインにそった桜並木を作ることで、後世の人々に津波のこわさと備えの大切さを伝承する活動をしている。

 陸前高田市は、2011年の東日本大震災で本庁舎をはじめとする公共施設、医療機関を含む市街地の多くが全壊、流失するという甚大な被害を受けた地域。桜並木はそれぞれの地元のまちづくり計画の一部として活用してもらえるよう提言も行うという。

 「皆さんの一歩一歩が植樹で使用する苗木につながっていく。このプロジェクトによって、健康増進と植樹活動が結びつきました。一歩一歩の小さな積み重ねが、陸前高田での未来の命を守る桜並木になります。ご参加頂いた皆さまに御礼を申し上げます」と、桜ライン311代表の岡本翔馬氏は述べている。

ソーシャルグッドで健康維持のモチベーション向上
 「ソーシャルグッド」とは、社会貢献につながる活動を支援・促進するソーシャルサービス。健康増進とソーシャルグッドを結びつけた活動は、健康維持のモチベーションにも役立つ取り組みとして、多くの人から好評を得ている。

 「糖尿病とうまくつきあう」の会員がプロジェクト参加者に贈ったエール数は1,665に上り、「桜の木を1本でも多く贈りたいので少しでも多く歩きたい」「おかげさまで1日の運動量が増えました」「歩く楽しみができました」などのコメントが寄せられた。

 「糖尿病とうまくつきあう」は、糖尿病と生きる方々のパートナーとしての支援を行うために、サンスターが2012年に開設したサイト。糖尿病患者向け料理レシピや、糖尿病や歯周病に関連する最新ニュースの提供、生活習慣の改善を促す参加型の活動、患者同士がネット上で、健康や病気に関する意見や情報をシェアし、お互いを励ましあう場であるコミュニティの運用などを行っている。

 サンスターは「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」の社是の下、オーラルケア、ヘアケア、スキンケア、健康食品などの事業を展開しながら、国内外の研究機関と共同研究・商品開発を進めている。糖尿病克服への貢献はサンスター創業者の遺志でもあり、2008年にはアメリカ・ハーバード大学医学部付属ジョスリン糖尿病センターとの研究協業を開始、国内外で多数の共同シンポジウムを開催するなど、情報を発信している。

Good Walking Project〜みんなで歩いて陸前高田に桜の苗木を贈ろう〜
サンスター 糖尿病とのつきあい方を支援するサイト「糖尿病とうまくつきあう」

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2022年01月26日
【新型コロナ】テレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 糖尿病の人は立ち上がって運動を
2022年01月20日
インターバルトレーニングが糖尿病の人の糖代謝を改善 速歩とゆっくり歩きを交互に 脂肪肝も解消
2022年01月20日
糖尿病は認知症リスクを高める 予備群の段階でリスクは上昇 認知症を防ぐ生活スタイルとは?
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月13日
糖尿病の人は血糖値が高いと歯を失いやすい 歯の喪失をこうして防ぐ 予備群の段階からご注意

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート