一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

愛のホルモン「オキシトシン」が食欲を抑制 肥満治療に効果的

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 「少食」食事は腹7~8分目 食生活

 愛のホルモンと言われる「オキシトシン」に食欲を抑制する作用があることが、自治医科大学の研究で明らかになった。
愛のホルモン「オキシトシン」がストレスを抑える
 オキシトシンは視床下部から分泌されるホルモンで、生殖と成長に深く関わるホルモンとして注目され、脳の中での機能をさぐる研究が活発になっている。

 オキシトシンは、母性の目覚めや、愛情・友情・信頼などの感情に関与しているとされ、「愛のホルモン」とも言われている。

 オキシトシンは、抱き合う、手をつなぐ、親しく会話をするなどの行為により分泌される。ウィスコンシン大学の実験で、強いストレスにされさた後で母親に抱きしめられた女性では、オキシトシンの血中濃度が高まることが分かった。

 不安なときに出るストレスホルモン「コルチゾール」を抑え、信頼感を育んでいるという意識を強める効果があるという。

 自閉症など社会的な相互作用の不全を特徴とする疾患の治療でも、オキシトシンは注目されている。

 スタンフォード大学の研究によると、自閉症の子供で血中オキシトシンの濃度が高まると、社会的機能が改善し、他人とのコミュニケーションや社会的信頼、状況の解釈における理解能力が高まることが確認された。

 また、スウェーデンで誕生した「タクティール マッサージ」は、手で背部や手部、足部を柔らかく包み込むようにゆっくり触れるケア。オキシトシンの分泌を促して神経を静める効果があるという。

 認知症や、慢性の痛みをともなうがんの緩和ケア、糖尿病などの慢性疾患を抱える医療機関などで、看護に役立てられている。

「オキシトシン」のダイエット効果を検証
 「オキシトシン」には意外な作用もある。自治医科大学は、オキシトシンに食欲を抑制する作用があることを実験で突き止めた。オキシトシンが使うことが、摂食を抑制し、肥満や過食に対する効果的な治療となる可能性があるという。

 研究チームは、オキシトシンをマウスの腹腔内に投与する実験を行った。「迷走神経」は、延髄から出て内臓に延びている神経で、感覚や運動、分泌をコントロールしている。

 延髄の中を「孤束核」という細い細胞柱が通っている。オキシトシンは迷走神経が働きかける孤束核を活性化し、結果として摂食が抑制する。オキシトシンが迷走神経を活性化して脳へ情報を伝達し、食欲をおさえる経路があるという。

 また、「レプチン」は脂肪細胞が分泌するホルモンで、脳の視床下部に作用して満腹感を感じさせ摂食を抑えたり、エネルギー消費を高める作用がある。

 研究チームは、レプチンに対する感受性が異常でレプチンが効かなくなったdb/dbマウスを用いて実験を行った。オキシトシンは迷走神経を活性化し、過食を抑制し、肥満が改善されることが確認された。

 研究は、自治医科大学統合生理学部門の岩﨑有作助教、矢田俊彦教授らによるもの。科学誌「American Journal of Physiology - Regulatory, Integrative and Comparative Physiology」に発表された。

自治医科大学
'Love hormone' may play wider role in social interaction than previously thought, scientists say(スタンフォード大学 2013年9月11日)
UW-Madison Research Finds Mom's Comfort Lowers Stress Levels(ウィスコンシン大学 2010年5月12日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年12月15日
「早食い」は肥満や体重増加につながる ゆっくり味わって食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月10日
肥満は糖尿病の人にとって大敵 体重をコントロールして糖尿病を改善 成功するためのコツは?
2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年10月19日
【新型コロナ】糖尿病と肥満の人はなぜ重症化しやすい? 感染と重症化を防ぐためにこれが必要
2021年10月01日
肥満の人は日常生活動作(ADL)が低下しやすい 健康寿命も短縮 若い頃から健康な生活で対策を

生活習慣 ▶ 食生活

2022年01月28日
夕食はいつ食べると良い? 夜に食べるタイミングが糖尿病リスクに影響 メラトニンと遺伝子が影響
2022年01月19日
肉やソーセージを食べ過ぎると糖尿病リスクは上昇 植物性食品に置き換えるとリスクは減少
2022年01月19日
食後血糖の急激な変動(血糖値スパイク)を抑える健康食事法 「スローカロリー食ライフ」キャンペーン実施中!
―豪華賞品とスローカロリー商品詰合わせをプレゼント。2022年2月16日まで!
2022年01月12日
【世界健康フォーラム2021・静岡 公開中!】
健康寿命はみんなで延ばせる 食生活で日本を元気に!
2021年12月21日
やせていても「少食で運動不足」だと糖尿病リスクが高い 若い女性も気をつけたい糖尿病 順天堂大

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2021年11月10日
新型コロナウイルス感染拡大の陰で起きている体調変化や生活習慣に関する最新調査
2021年04月16日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年04月16日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート