一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

認知症患者の「生活の質」をチェック 9項目の質問に答えるだけ

キーワード: 二少(少食・少酒) ストレス関連疾患/適応障害 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 岡山大学の研究グループが、認知症患者の「生活の質」を簡便に評価するスケールを開発した。認知症患者の「笑顔」や「喜び」といった陽性感情に、より焦点を当てた簡便で客観的な評価スケールが開発されたのは、世界でもはじめてだという。

 スケールを開発したのは、同大大学院医歯薬学総合研究科精神神経病態学教室の寺田整司准教授ら。国際老年精神医学会の学会誌「International Psychogeriatrics」に発表された。
「生活の質」を高めるために、客観的な評価法が求められている
 認知症の根本的な治療薬は、開発されていない。そのため、薬を飲めば治るといった簡単な医療は成り立たない。患者の「生活の質」を高めるために、本人の主観的な評価が重要となる。

 介護する側が患者の気持ちを理解することが、より良い介護につながる。しかし、進行した認知症の患者では自己評価が困難な場合が少なくなく、通常のコミュニケーションは難しくなる。

 そこで研究チームは、認知症患者の「生活の質」を評価するための31項目にもおよぶ詳細な客観的スケールを2002年に開発。それから10年余りをかけて、より簡便で、患者の「笑顔」や「喜び」といった、陽性の感情に焦点を当てた9項目の客観的評価スケールを開発した。

 これまで開発されてきたスケールは、主に知的機能や生活能力を評価するもので、患者の気持ちを評価しようとするものはなかった。また、評価項目数が非常に多く、日常の介護の現場で使用することは難しいという欠点があった。

 新たに開発したスケールでは、「笑顔」や「喜び」といった陽性の感情と、「怒り」や「叫び」といった陰性の感情に焦点を当てている。

 「楽しそうである」「自分から人に話しかける」「怒りっぽい」などの9項目に、4段階で答えるだけで得点が出る。

 「開発したスケールを用いることで、認知症が進んだ患者でも、生活の質を客観的に評価できるようになる。評価項目が少ないため、多忙な介護の現場でも比較的容易に使用できます」と、スケール開発の中心となった寺田准教授は述べている。

認知症患者の「生活の質」を簡便に評価するスケール(一部抜粋)

A 陽性項目
・楽しそうである
・食事を楽しんでいる
・身内や知り合いに会うと嬉しそう
・周りの人が活動するのを見て楽しんでいる
・自分から人に話しかける
・仕事やレクリエーション活動について話す

B 陰性項目
・怒りっぽい
・物を乱暴に扱う
・大声で叫んだりする

岡山大学医学部精神科神経科

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー
2021年04月16日
中学生でも肥満だと代謝異常リスクが3倍に上昇 女子中学生では軽度の過体重でも高血圧のリスクが
2021年04月16日
世界肥満デー 世界の20億人が肥満か過体重 2025年までに世界の成人の5人に1人が肥満に

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年04月16日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
2021年04月16日
高齢者の「フレイル」は家電の利用状況を調べれば分かる 電気使用を見える化する「スマートメーター」で高齢者の健康をチェック
2021年04月16日
オフィスを活動的にすると「座り過ぎ」が減る 肥満やメタボの検査値も改善 オフィス環境づくりは大切
2021年04月16日
腎臓病を予防・改善するための「8つの法則」 世界の成人の10人に1人が腎臓病 世界腎臓デー

疾患 ▶ ストレス関連疾患/適応障害

2022年01月27日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月11日
【新型コロナ】ストレス解消の効果的な方法は? 糖尿病リスクはストレスがたまると上昇
2021年09月14日
肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要
2021年09月06日
メンタルヘルスも「予防」する時代―第10回日本ポジティブサイコロジー医学会の紹介
2021年04月16日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? 日中に活発なウォーキングを1時間行うと効果的 睡眠時の脳波を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート