一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

グーグルの医療変革 ナノ粒子でがんや動脈硬化を早期発見

キーワード: 動脈硬化 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血

 グーグルが、ナノテクノロジーを応用した、新たな検診テクノロジーを開発中だと発表した。近い将来にカプセルを飲むだけで、がんや動脈硬化を早期発見できるようになる可能性がある。
ナノ粒子にがん細胞を付着させる技術を開発中
 検索エンジン大手の「グーグル」は、インターネット検索だけでなく、血液をナノ粒子で探索して、現代の医学では発見できない初期段階のがん・心臓病・脳卒中などを検知できるデバイスの開発に取り組んでいる。

 グーグルの研究機関である「Google X」が開発を進めている技術は、ナノ粒子をカプセルに入れて飲み、血液中に送り込み体内を循環させ、血液の変化をモニターできるようにするというものだ。

 この方法であれば、膵臓がんのような発見しにくいがんを早期発見できるほか、血管の狭窄を引き起こし脳卒中や心筋梗塞などの原因になるプラークを見つけ出したり、腎臓病の早期発見にも役立つという。

 このナノ粒子の直径は10億分の1メートル(赤血球の1,000分の1)で、細胞や酵素と結合する抗体で覆われており、磁性材料も組み合わせてある。がん細胞などを付着させマーカーになるよう設計されている。

 ナノ粒子が入った薬剤を被験者に飲んでもらい、粒子を血流中に送り込む。これらの粒子は最終的に尿から体外へ排出されるが、それまでに特定の疾患に関連する細胞などを吸着する。

医療を予防中心にパラダイム転換
 このシステムは、がんの治療を受けている患者に対して再発を高感度で調べたり、血管に蓄積したプラークが発する酵素を早期に検知するというものだ。

 磁力によってナノ粒子を手首表面の血管周辺に集めることも可能で、収集した情報をデバイスで読み取ることができるようになる。

 ナノ粒子を誘導する研究も進められており、最終的にはリストバンド型デバイスによって読み込むようなシステムになる予定だという。

 「この手法を使えば、がんや動脈硬化症などを、ごく早期に発見できるようになります。医療を従来の対症療法的なものから予防中心なものにパラダイム転換する可能性のある技術です」と、プロジェクトを主導するアンドリュー コンラッド博士は言う。

 コンラッド博士の研究チームは1月に、糖尿病患者の血糖値を涙から測定する「スマート コンタクトレンズ」を開発中だと発表した。今回の技術に関しても、グーグルは自らは製品化を行わず、サードパーティの医療関連企業と提携して事業化を目指すという。

Google X Lab's Cancer-Detecting Pill Seeks to Harness Nanotechnology(Secureworld Expo 2014年11月5日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2021年12月20日
牛乳を毎日1杯飲むと脳卒中リスクが低下 認知症リスクも低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年09月15日
ピーナッツを食べると脳卒中リスクが低下 不飽和脂肪酸や食物繊維などが豊富 日本人7万人超を調査
2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2021年09月10日
コーヒーを1日に最大3杯飲むと脳卒中や心臓病のリスクが低下 糖尿病の人にもベネフィットが
2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月09日
くるみなど植物由来のオメガ3脂肪酸を豊富に含む食生活で心筋梗塞後の死亡リスクが低下
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

疾患 ▶ 動脈硬化

2021年03月11日
健康寿命を伸ばすための10の方法 こうすれば健康に長生きできる 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月18日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年02月18日
ウォーキングなどの運動は「1日にわずか12分」でも効果がある 運動など生活スタイル改善の指導を容易に
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート